あなたの家は★いくつ?住宅は星の数で評価される時代に!

ちょうど1年前の4月から、建築物の一次エネルギー消費量を算定して、基準に基づいて省エネ性能を評価する制度がスタートしています。その名は「BELS(ベルス)」。

こんにちは。アドバイザーの山根です。

BELS。皆さんご存知でしたか?この評価は星の数5段階によって表示され、あなたの家は★3つ、★5つ・・・と評価されるんです。何を基準に評価されるのか。一定の計算法によって建築物の“一次エネルギー消費量”を算出し、基準に基づいてその建築物の省エネ性能を評価します。一次エネルギーとは「石油、石炭、天然ガス、水力、原子力などから得られるエネルギー」のことを言いますが、このエネルギーをどれくらい消費している建築物なのか・・・所謂、住宅の“燃費”をわかりやすい基準で評価するものです。

簡単に言えば、石油ストーブやファンヒーターなどの暖房機器を使用しなくても暖まる家を建てれば、評価は良くなるということ。地球環境にも優しい省エネ住宅を建てることが世界的に、特に日本に求められている方向性です。

第三者によって客観的かつ公平に省エネ性能が評価されますので、将来的にあなたの家の資産価値が正当に評価されることにも繋がります。

BELS(ベルス)・・・頭の片隅にでも記憶しておいてください!