住宅ローンと「つなぎ融資」

DSC_0549 (360x640)

こんにちは!こんばんは!アドバイザーの岩原です(^^)

 

つい昨日のことです。

家づくり学校福山校のご近所に店を構えておられるお花屋さんにお邪魔したところ、私にも運命的な出逢いが・・・(○△○*)!

 

多肉植物の黄麗(オウレイ)です

別名「月の王子」

 

ビジュアルに惹かれて購入し、持ち帰ってネットで調べてみるとまさかの名前に岩原ビックリ。

 

もうこの子を「王子」と名付けるしかないな!と(笑)

 

ちなみに写真は王子が学校へ来て2日目のもの。

可愛いなぁ(´ω`*)

 

この黄麗という多肉植物、夏の暑さの方が強く、寒さは苦手だそう。私と一緒!と勝手に親近感をもつ今日この頃。ただ、夏場にある程度日光を当ててあげると、この時期から紅葉するんだそうです。

見れるかな~(・▽・)?

強すぎる日光は葉焼けするらしいので加減を見つつのんびり育てていきたいと思います。これからちょこちょこブログにも登場するかと思いますので、皆様どうぞ宜しくお願いします!

 

さて、今日の家づくり学校は「元銀行マンが語る 住宅ローンの実態と賢い借入術」と題して家づくりを考える上でとても重要な予算の考え方や住宅ローンを借りるまでの流れと選び方、ライフプランと併用して考えておくことでローン返済が始まっても無理なく家計バランスが取れる借り方などについて、実際に住宅ローン融資に携わった経験をもつファイナンシャルプランナーの高原さんに1時間半程度でセミナーを開催してもらいました!

20161112_110631_440 (640x360)

つなぎ融資についてもわかりやすく解説!

ご参加くださった皆さん、本当に真剣にメモを取られながら聞いておられました。

 

住宅ローンは本来、正式にはお家が完成したときに実行され一括で支払われます(できた住宅に抵当権を設定できて初めて融資が実行可能となる仕組み)。

ただ近年では建築費用を完成時に一括して支払ってもらうのではなく、完成するまでに何度か分割して支払ってもらうことを希望する住宅会社さんも多くあるので、その分割払いをどうするか課題になります。

自己資金で中途発生する支払いに対応できるのであれば問題ありませんが、それだけではカバーできないとき、住宅ローンとは別に「つなぎ」で借入をする・・・。これが「つなぎ融資」です。

 

~レッツ☆イメトレ!~

例えば、建築費用(工事請負金額)2,000万円のお家をとあるA住宅会社さんが建てるとしましょう。

そのA社さんが着工時に500万円、上棟時に700万円、完成・お引渡し時に800万円という形で総費用2,000万円を申し受けるような会社であれば、指定された上記のようなタイミングでお金を支払う必要が出てきます。

 

この時、もしも自己資金を1,200万円持っていれば、着工時や上棟時に発生する支払いは一先ず自己資金の中で立て替えておき、住宅ローン実行時に清算することができるのでつなぎ融資は必要ありません。

しかし自己資金で立て替えておくのは難しい場合が多いので、つなぎ融資を使って支払いをしておき、完成・引渡し時に実行される住宅ローンで残金(ここでの800万円)の支払いと合わせてつなぎ融資も清算する、という流れになるわけです。

 

ですので実は、つなぎ融資を借りるとその借入分に対して住宅ローンとは別の金利が発生するようになります。

つなぎ融資を借入している期間(最初の支払い発生時から住宅ローンが実行されるまで)はつなぎ融資分の金利の支払いが必要なのです。

 

~ まとめ ~

金融機関によっては、つなぎ融資を使わずとも住宅ローンを分割して融資をしてくれるところもあるそうですので住宅ローンを具体的に検討される時にはその辺もしっかり調べてみて下さい。

また住宅会社さんによって費用を支払うタイミングや回数は様々ですので検討している会社はどのような支払い条件になるのかもきちんと確認しておきましょう。

住宅会社さんの中には住宅ローン選びなどその辺りもしっかりアドバイスしてくれるところもありますので、住宅会社さんが決まって、目下ローンを検討中、という方はパートナーの会社さんに相談してみることも大切です。

 

ついつい金利の低さばかりを見て選びがちの住宅ローンですが他にも見ないといけないポイントは沢山ありますので、住宅会社選びと同様、しっかり総合的に判断してご自身に合ったローン選びをして下さいね!

 

2016年11月12日(土)

福山・備後の家づくりも変わる!2020年の新省エネ基準義務化!?

はじめまして!

家づくり学校 福山校の新アドバイザー 山根です!“新”といっても新人ではなく、結構古株ですが・・・。

そんな私が、これから家づくりをされる皆様に「知ってて良かった」「知ってたから後悔・失敗しなかった」と思ってもらえる情報を、このブログで発信していけたらと思っています。

 

さてさて、アメリカではトランプ氏の大統領就任が決まりましたね。4年の任期の間、日本にとっても様々な影響がありそうです。

 

4年と言えば・・・4年後の2020年。東京オリンピック開催の年、住宅業界ではあることが義務化されるのをご存知ですか?

すべての新築住宅に対し、“省エネ基準の適合”が義務化されます。地球環境やエネルギー問題への関心が高まり、省エネルギー住宅に注目が集まるなか、次世代に住み継いでいける断熱・気密性能、耐震性、耐久性に優れた資産価値の高い家づくりも大きな流れとなっています。

 

省エネルギー性能の評価基準改正

国単位で省エネルギーへの意識が高まる中、2013 年10月には省エネルギー性能の評価基準が改正され、2015 年4 月より完全施行、2020 年までにはすべての新築住宅を対象にこの新基準への適合が義務化されることになっています。

 

昨今のエネルギー事情にあわせ、今後さらに進んだ省エネ性能が求められます。

省エネルギー性能

 

2020年に新省エネ基準が義務化

今までの省エネ基準(平成11年度基準)と改正された新基準(平成25年度基準)の大きな違いは、屋根や壁、窓などの断熱性能だけでなく、建物で使う電気やガスなどのエネルギーを作り出すのに必要なエネルギーを熱量で表した「一次エネルギー消費量」で評価する方法が導入された点。要するに、建てる家の燃費がわかるようになるということです。

 

国はこの新基準を2020 年までにすべての新築住宅に対して義務化することとしています。新基準が義務化された後、この基準を満たしていない住宅は省エネ基準不適合な住宅と見られ、中古市場などで価値が下がる可能性もあります。

将来的な資産として住宅を考えるのであれば、新基準で建てた省エネ住宅であることが必須となりますね。

 

省エネ住宅ってどんな住まい?

省エネ住宅とは、文字通り、少ない消費エネルギーで生活できる住宅ということ。断熱・気密性能の高い家は、室間温度差が小さくなり冷暖房の使用量を減らすことができる代表的な省エネ住宅といえます。

 

室温差が少ないということは、消費エネルギーを最小限に抑えられるだけでなく、健康面でもメリットがあるんです。例えば室温差が原因で起きるヒートショック。浴室で心筋梗塞や脳梗塞といった疾患が原因で亡くなる事故は年間17、000 人以上(推定)と言われていますが、これは暖房の効いた暖かい部屋から寒い浴室などに移動することで急激に体が冷えたことが原因。

 

室温差が体に与える影響はとても大きいということです。省エネ住宅は光熱費の削減だけでなく、健康にもよいと言えます。

次世代省エネ住宅

 

という訳で、そんな省エネ時代が間もなくやってきます。いや、既に来ています!

4年後の法改正に伴い、変化していく日本の家づくり。これを体感できる機会があるんです。

 

家づくり学校セミナー&見学ツアー

11月19日(土)

『4年後の法改正はすぐ! 変わる日本の家づくりを体感』 

 

10:00~12:00 セミナー

13:00~15:30 体験バスツアー

 

これぞ『知らなきゃ損』をする情報です。

是非この機会に、本当の省エネ住宅を体感してみてください!

 

最後に、

トランプではない

これは、トランプ・・・ではなく、ハロウィン時期の山根です。

 

今後とも、宜しくお願いします!

2016年11月10日(木)

「家を建てたら家計負担が増える・・・」ばかりが今の住宅でなない!

こんにちは!アドバイザーの岩原です(^^)

今日は家づくり学校 福山校に寄せられるご相談の中でも多い「住宅取得時の費用」や「家計の不安」について少し触れてみようと思います。

 

初めての家づくりで多くの方がご不安を感じておられるのが

「一体どれくらい費用がかかるのだろう?」

「予算はどう考えたら良いかわからない」

「ローンを組むのはその後の家計が心配で不安・・・」

といった「お金」に関することです。

 

大切なのは、先ず自分たちの家計に合った「無理のない予算」をきちんと知って検討すること。

また、その予算中で実現できる家づくりの内容がどういったもので、その内容で自分たちが満足できるのかどうかもしっかり見極め判断することが大事です。

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

どんな方でも、希望とする家づくりが全て叶う家にしようと思うと予算はいくらあっても足りません。要望の優先順位を付けながら予算の中で目一杯実現できる家づくりがどのレベルなのかを見て聞いて知り、しっかり検討することが家づくりを成功させる1つのポイントになるのではないでしょうか。

但し、しっかり検討した上で、どうしても叶えたい要望があって、そこを実現しようと思うと予算がオーバーしてしまう・・・なんてこともよくあります。

初めての家づくりをされた方に予算や費用について聞いたとき「当初の予算よりも最終的にはオーバーするもの」と聞かれる方も多いのでは?

それは、簡単に言えば「理想と現実にギャップがあった」からこそ理想の予算を現実の費用に合わせていった結果になります。

 

建てた後から始まる住宅ローンの返済と家計収支のバランス踏まえて最終的に無理なく実現できるのであれば、当初の予算から多少オーバーしたとしても、その「当初の予算からちょっとオーバーしてでも建てたい」という選択肢は、けっして間違いではないと思います。

 

ただ、実際建てられた方などにお話をお聞きしていくと以前は「素材(無垢材や塗り壁材)や設備(トイレやお風呂、キッチン等)にどうしても入れたいものがあったから、最終的に予算オーバーしてしまった」という内容が多かったのですが、ここ近年はどちらかというと「住宅性能にこだわりたくて、ちょっとオーバーしてでも叶えたかった」という方が増えてこられました。

 

確かに、家への不満トップ3寒い暑い結露」となっており、住み心地の良い家への関心度が高まっているのは事実ですので、それだけ「住み始めてからの快適さ」を重視する方が増えているという証なんでしょうね(・ω・)

img027 - コピー

 

(断熱材をしっかりと隙間なく施工することが住み心地のよい家の基本です)

 

しかし面白いことに、「性能を重視して予算を見直し」された方々にローン返済が始まったときの家計負担について聞いてみると、「光熱費が抑えられるから借入費用が当初の予定より増えて月額返済額は確かに予定より増えているけれど、家計全体で見たら特に負担はないよ」といったような感想を頂くのです。実際、毎月の電気代の請求書等を拝見しても安かったり。

 

国策では「省エネ」とか「ゼロエネ」を家づくりでも進めているのは確かですが、「押さえるべきポイント」を押さえた「高性能住宅」はランニングコスト軽減から家計負担を軽くすることに繋がる家になることが大きなポイントになるようです。

詳しい内容はこの10月22日(土)に開催する「省エネ!ゼロエネで家計収支も安心! 知っておきたい高性能住宅の違い(午後から完成現場+構造現場見学、気密測定実験付)で、その道のプロに解説してもらいますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい(・▽・)

 

これからは高性能住宅が当たり前の時代に。

普段の個別相談では、無視のない予算から、実際家づくりに必要な費用等についても一緒に考えさせて頂いたりご説明していたりしますが、ご予算のかけ方は皆さんそれぞれです。

 

最初の住宅取得費用を抑えてローン返済も含めた家計支出を考えるも良し!初期費用がかかってもランニングコストの低減も含めた家計支出を考えるも良し!

自分に合った家づくりをしっかり納得して選んで実現して下さいね!

 

 

 

2016年10月19日(水)

今日の学校! 嬉しいご報告と美味しい差し入れ頂きました♪【福山】

こんにちは!

家づくり学校の岩原です(・ω・)

 

3連休中日の家づくり学校福山校も賑わっておりましたー!

 

FPさんと家計収支のバランスチェックで個別相談されたり、

「マイホームを取得したいけど何から始めたら良い?」と

ご相談下さった方に学校アドバイザーより様々な

お話をさせて頂いたり・・・

 

お子様と一緒にご来館下さったので

お子様にはジュースをお出しするんですけれど

小学校でならったらしい「紙パックのたたみ方」を

披露してもらったりしました(^^)

 

20161009_124242_888 (640x360)

何だか戦車みたいな形ですね! カッコイイ(・▽・)

 

 

また今年6月に初めて学校をご利用下さったお客様が

お忙しい中にも関わらず家づくり学校へお立ち寄り下さいました☆

 

最後にお会いしましたのが、

体感見学セミナーへご参加下さった8月でしたので

岩原、大歓喜!!(≧≦)!!

 

無事に住宅会社さんも決められて

順調に進んでいるとのこと!

土地決済と最終のお打ち合わせで頑張っておられるようで

そのご報告にご家族皆様でお越し下さったそうです

 

色々悩まれながらもしっかりと検討していかれ、

今回の方は学校から情報提供させて頂きました

地元工務店さんへご依頼されることに。

 

工務店キーマンの社長の提案力や対応に

「とても満足」のお声を頂き、

順調に、楽しくお家づくりを進めておられるようで

私も安心いたしました(*^^*)

 

私の大好きな杉乃屋さんのきな粉団子まで差し入れて下さり

お心遣いが本当に嬉しい限りです(*T T*)

(好物をお話したことはなかったので、嬉しビックリでした!

  私の食い意地がテレパシーで通じてしまったんでしょうか(笑)

DSC_0505 (360x640)

杉乃屋さんのお団子を頂きました! 福山ではちょっと有名なお団子屋さんで おはぎやきな粉の串団子が特に人気です☆

 

頂いたお気持ちはスタッフ皆で

大変美味しく頂きました☆

ありがとうございました!

 

 

改めて、学校へ足を運んでくださり

本当にありがとうございました!

これからも陰ながら満足のできる楽しいお家づくりを

実現頂けるよう応援しております!

頑張って下さい!!

 

 

 

今日のひとり言

やっぱりお客様が満足され、家づくりを楽しんでおられると

こちらまで嬉しくなってしまいますね!

私ももっと色々勉強します(`▽´*)

 

 

2016年10月09日(日)

今日の学校! 生後2ヶ月からOK♪赤ちゃんとの遊び方講座【ママ活!福山】

こんにちは!

家づくり学校の岩原です。

 

本日も家づくり学校 福山校ではママ活!を開催♪

(殆ど毎日様々なレッスンを開催してますので

ご興味のある方はコチラ♪)

 

今日のママ活!レッスンは

足型アート付わらべうたベビーマッサージ」(。>ω<)ノ

 

赤ちゃんの体にも優しいオイルを使ってのマッサージがメインですが

赤ちゃんとどう遊んであげたら分からない・・・

というママの為に簡単な遊び方も教えてくれていました♪

 

足の裏から触ってあげて 最後は体をコチョコチョ~

足の裏から触ってあげて
最後は体をコチョコチョ~♪

 

中ででも勉強になったのは

透過性の高いやわらかい布で

「いない・いない・ばぁ~」としてあげること!

 

ママが隠れても姿が見えるので

赤ちゃんも安心して遊びを楽しめるんだそうです(‘ω’*)

 

ふわふわの柔らかい素材だから何だか赤ちゃんも気持ちよさそう(*´∀`*)

ふわふわの柔らかい素材だから 何だか赤ちゃんも気持ちよさそう(*´∀`*)

 

他にも赤ちゃんと楽しく一緒に過ごせる遊び方を

教えておられました☆

 

初めてのお子さんだと

接し方がわからない・・・と

ご不安なご両親もいらっしゃるそうですので

こういったレッスンを通じて

ご家族の時間がより一層楽しいものになれば良いですね!

 

以上!

今日の家づくり学校 福山校でした☆

 

 

2016年10月04日(火)

家づくりアドバイザー

家づくり学校 福山

家づくり学校:福山 - 山根 孝二

山根 孝二
ヤマネ コウジ

理想の住まい実現に向けてお手伝いいたします。

お一人おひとりにふさわしい家づくりを楽しんでもらうために、必要な知識や考え方、予算の立て方などをアドバイスさせていただきます。家づくりの想いもたっぷり聞かせてください。理想の住まい実現に向けてお手伝いいたします。

家づくり学校:福山 - 宮原 禎尚

宮原 禎尚
ミヤハラ ヨシヒサ

満足のいく家づくりのサポートをさせていただきます。

「夢のマイホーム」は欲しいと考えている方はたくさんいると思います。 でも「家づくりって何から始めたら良いの?」そんな疑問や悩みを持っている方も多いと思います。 今まで住宅会社でのアドバイザーと住宅情報誌づくりの経験を活かして皆様には楽しく満足のいく家づくりのサポートをさせていただきます。

家づくり学校:福山 - 岩原 真菜美

岩原 真菜美
イワハラ マナミ

本当に満足出来る住まいづくりをしていきましょう!

「より良い人生」を送るためには、「より良い住まい」というのは必要不可欠です。大きなお買い物だからこそ悩みや不安も多いはず。だからこそ先ずは家づくり学校へお越し下さい。悩みや不安を楽しさやワクワク感に変えながら、本当に満足出来る住まいづくりをしていきましょう!

家づくり学校:福山 - 橋本 奈保子

橋本 奈保子
ハシモト ナオコ

大切な住まいを納得して作りませんか?

『住まいは人を作る場所』日々の生活に住宅は欠かせません。そんな大切な住まいを納得して作りませんか? 住宅会社でのアドバイザー経験を活かしつつ、お客様のお悩みを一つ一つ解決していきます! お気軽にご相談ください!!

家づくり学校:福山 - 川上 万里子

川上 万里子
カワカミ マリコ

家づくりがとっても楽しくなる方法をお伝えします♪

私はお家を売りません。でも、お得な情報を知ってます♪ 家づくりの迷いや疑問はありませんか? これから始めたいな・・と思ったら、是非ご相談下さい! 家づくりがとっても楽しくなる方法をお伝えし、進むべき方向を一緒に考えさせていただきます。

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地や戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン