構造からデザインする 住創館さん

あなたは地震がきたら、どこに逃げますか?おうちの中で守られたくないですか?

そう、話してくれたのは、埼玉県、秩父と川越、所沢に拠点を構えている、住創館さんです。昨日は、川越のホームスミスショーの中にあるモデルハウスへお邪魔しました。これだけの窓を作ること(開口部が窓だらけです)が可能なのは、SE工法を採用しているから。そして、安全性を担保するために木造二階建では義務化されていない構造計算をあえて行ってくれるとのこと。

もし、地震が来た場合、「どこへ逃げますか?」と社長に聞かれて・・・。私は、家の外だと想像しましたが、「本来家の中が安全であってほしいですよね。」「倒壊しない家であれば、家の中にい続けることができますよね。」と。大きな地震がきてもおかしくないこの時代、本来、超耐震は必須なのです。

この窓ができるのも耐震性ありきです。また全棟気密測定をされて、おうちの性能値を見える化してくれています。昨日の蒸し暑い中、エアコンは2階の1台、1階の和室の小さなエアコンで十分でした。高性能なおうちは、省エネにも繋がります。

住宅会社さんの想い、大切にされていること、細かい特徴、家づくり学校でお話させていただいています。まずは、「後悔しないための基本セミナー」で勉強をしましょう!

家づくり学校 川越校の詳細はこちらをご覧ください。

セミナーも開催します!開催内容、日程など詳しくはこちらをご覧ください。