東予 訪問記

さて、情緒豊かな南予に続きまして、先日は工業の盛んな東予の住宅会社さんを訪問してきました。まずは今何かと話題の今治市へ・・・・

海事都市、今治は造船とタオルの町。港に行きますと、ご覧の巨大なタンカーが建造中で、間近で見るとその大きさに圧倒されます。いずれ世界の海を周るのだろうなぁと空想に浸りました。すそ野が広い造船業界は今、住宅を建てる社員さん達が多いと聞きます。なるほど見るからに活況を呈していました。


実はお城も海のすぐ近くにあり、当時は舟で城に行き来できたとの事で、今治城ならではの特徴です。ですからお堀も海の魚エイなんかがが泳いでいます・・・松山のお堀とは雰囲気が全く違っててちょっとビックリです。

次に向ったのが「水の都」西条市です。ここは「うちぬき」という地下水の自噴井が有名で、市内の至るところで湧き水があります。その数 実に2000箇所!75%の住民が地下水を生活水として使っているそうで、水不足に悩む松山にしては夢のような話です。ふんだんに出る水のおかげで、工業地帯の企業誘致にも成功し、こちらも住宅の新築棟数が右肩上がりで伸びているそうです。今治・西条・新居浜・いずれも工業で栄えた町です。

今治でも運よく築90年を越える住宅の大規模改修の現場があり、訪問して来ました。基礎工事・耐震補強工事・温熱改修工事・屋根の葺き替えと、ほぼ全面改修です。戦前に小屋裏で養蚕をしていたとの事で、平屋でも二階建てほどの大きさがあります。南面は全面ガラス障子でしたが、耐震補強のため壁量を増やすべく工事がなされていました。陸軍の少将だった曾おじいさんが建てた思い入れのある家で、建替えはせず大規模改修となったそうです。曾おじいさんも喜んでいることでしょう。

8月も各住宅会社さんを数多く訪問して、ご来校頂く皆さまのお役に立つべく耳よりなお話を持ってお待ちしています。今日もどこかで走ってます家づくり学校号!あなたの町にも行きますよ~。