お盆は家づくりのチャンス!?

猛暑続きの毎日ですね。暑中お見舞い申し上げます。しかし急に天候が変わって雨が降ったりと、何か不安定なお天気模様ですね。先日は西条市(旧東予市壬生川)で花火大会が台風一過直後に行われました。

ちょうど運よく、通りがかりに見ることができました。最近の花火は種類が豊富で、ミッキーマウスや文字を表したり、時間差で花が開いて立体的に見えるものとか、もう百花繚乱。驚きの連続です!皆さんもお近くの花火大会をぜひ楽しんでくださいね。

さて、お盆でご実家に帰り、家づくりの話をしようかなと考えている方もおられると思います。親御さんに相談したら(賛成!反対?)思わぬ援助金が出て家づくりが大きく進展するということもよくあります。その流れで家づくり学校に相談に来てくださることも多いですね。ちなみに、親御さんに家づくりについて相談する場合には、タイミングや相談の仕方を見極めることが大切です。

■親御さんに家づくりを相談する際のポイント

漠然と話すのではなく、できるだけ具体的に話すこと。建てる時期、すでに見積もりが出ているなら金額も具体的に伝えましょう。その上で不足額は?住宅ローンはどうするつもりなのかなど、計画的に、真剣に考えていることを伝えれば、親御さまもちゃんと受け止めてくれる場合が多いと思います。お盆とお正月で実家に帰省し、家族が集まる機会を、うまく家づくりを進めるチャンスにしましょう。

家づくりはご家族にとってもご両親にとっても一大イベントです。できれば周りの方々にも賛成してもらい、進めたいものですね。建てた先輩方の意見も聞き、また「家づくり学校」で後悔しないためのポイントを踏まえた上で大きな一歩を踏み出しましょう!お盆の期間中もご相談受付中です。ご予約お待ちしています。