家づくりの基本知識~気になるお金~

家づくりで多くの方が最も不安を感じているのが「お金」のこと。まずは無理のない予算の考え方を知ることから始めましょう。住宅ローンの違いや準備すべきお金についてもしっかり押さえておきましょう。

今日は、よく聞かれる3つの質問にお答えします。

第1位 自分の年収でいくら借りられる?ちゃんと返済できるか不安

⇒ライフプランを立てて「借りられる金額」ではなく「返せる金額」を考えましょう!

金融機関が住宅ローンを貸し出す際に基準とするのは、あなたの今の年収。しかし、同じ年収でも人それぞれ使い方は違います。単に年収から借りられる金額を判断するのではなく、家族構成や将来の計画、現在の家計収支など、これからの家族の生活を見据えて“ライフプラン”を立て、その上で自分たちが無理なく返済できる借入額を考えましょう。家は家族が幸せに暮らすために建てるもの。住宅ローンの返済に追われて生活が楽しめないようでは本末転倒です。金融機関が貸してくれるからと言って、それがあなたの「返せる金額」ではないことを忘れないでくださいね。

第2位 ローンの違い、選び方がわからない

⇒ローンは大きく3タイプ。どれを選ぶべきかは家庭ごとに違います。

住宅ローンは大きく分けて「変動金利型」「固定金利期間選択型」「全期間固定金利型」の3タイプです。固定金利は借入時の金利が一定期間(全期間固定の場合は全期間)適用され、毎月同じ返済額なので、ある程度計画的に返済できます。一方、変動金利は固定金利に比べて金利は低いものの、景気の動向などにより金利が変わるため、金利の上昇で返済額が増えても大丈夫な家計収支になっているかどうかが選択のポイント。金利タイプと借入期間は収入や借入額、借りる方の年齢、子供の人数、将来設計などライフプランに合わせて選ぶことが必要です。

第3位 頭金ってどのくらい用意すればいいの?

⇒頭金は2割が目安

低金利の今、頭金なしでローンを組む人も多いですが、これは非常にリスクが高いです。低金利だろうと頭金はきちんと準備すべきです。頭金なしでは借入額が増えるし、頭金なしの場合はある場合より高めの金利が適用されることもあります。何より低金利がいつまで続くか誰にもわかりません。手元に十分な自己資金がない状態で「ローンを組めばいい」と安易に頭金は2割が目安 考えるのはNGです。

もっと詳しくは、家づくり学校でもお伝えしてます。他にもファイナンシャルプランナーによるセミナーでも詳しくお伝えしてます。

お気軽にご相談下さい(*^^*/)

家づくり学校松山校各セミナーはコチラから⇒参加無料セミナー