坂本のブログ

ZEHの要素となっている断熱性能や高効率設備、再生可能エネルギー導入だけでは本当の意味での省エネ住宅は実現できない。これらとあわせて、太陽光や風、水、地熱といった自然エネルギーを上手に活用することで冷暖房エネルギーを削減し、室内環境を快適にする「パッシブデザイン」が欠かせません。地域の特性や立地条件をふまえた上で、断熱、日射遮蔽、通風、昼光利用、日射熱利用暖房の5つの要素をバランスよく建物に組み込む設計技術、パッシブデザインのポイントをお伝えします。

通風

家全体に風を行き渡らせ、室内に溜まった熱を排出させるために欠かせない「通風」。その地域に吹く風の向きをふまえて建物内での風の動きを予測し窓の大きさを計画する。

昼光利用

昼間に太陽光だけで明るい室内を実現することで、照明エネルギーを削減する。リビングなど昼間に長く過ごす場所には2面以上の窓を設ける、自然採光のため建物の中心に庭を設けるなど工夫があります。

日射遮蔽

「夏涼しく」を実現する為には日射を窓から室内に入れないことが重要。日射熱をカットできれば、冷房に使うエネルギーを減らすことができる。愛媛県では日照時間が長く、日射量も多いエリア。いかに夏の日射遮れるかが快適性を左右するポイントとなる。

日射熱利用暖房

冬に窓から日射熱を取り込み、その熱を蓄えて、主に夜間、暖房として利用する。日射熱を取り入れる「集熱」、逃さない為の「断熱」、蓄える「蓄熱」の3つが実現すれば、室温の変動が小さくなり、快適性が向上、暖房エネルギーの削減につながる。

断熱

パッシブデザインのベースとなるのが「高気密・高断熱」。外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱性能を高め、建物の保湿性能を上げる。特に冬の暖房によるエネルギー消費量は多いので、暖かい家にすることは省エネにつながります。

高効率設備や太陽光発電などのアクティブ技術とともに、光や風といったパッシブを活用する事は、省エネ住宅の実現においてもはや不可欠です。今後、パッシブデザインによる家づくりが当たり前になってくると思います。

信頼できる会社の選び方

家づくりにおいては省エネ基準が義務化される2020年まであと3年です。これから愛媛で建てるべきはどんな家か?そして信頼できる会社の選び方まで家づくり学校で勉強できます。

お気軽にお越しくださいませ。

 

ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHとし、さらに2030年には新築の過半数をZEHにすることを目標として掲げています。今日はそのZEHのメリットについてお話です。

こんにちは、アドバイザーの坂本です。最近、家づくり学校に来られるお客様が「本を買って来ました~」、「書店で見ました!」とお声をたくさん頂きます。ありがとうございます(^^/)

エネルギーを自給自足する住まいZEHを建てる4つのメリット

ZEHのメリットとして最初に挙げられるのが「光熱費の削減」です。快適性の向上、健康面の効果も挙げられる。また災害時にはエネルギーを自給自足できる点で減災にもつながります。また、国としても国土交通省、経済環境省が補助金事業を実施し、ZEH普及を後押ししています。現状では建物自体の性能向上や省エネ設備の導入などにより建築費用は一般住宅と比較すれば高くなる傾向だが、将来的な資産価値もふまえてしっかり検討しましょう。

健康な暮らし環境への貢献

高断熱化により、一年を通して快適な室温。温度差によるヒートショックなども防げます。省エネルギーなどで環境にも優しい。

災害時の自立、防災・減災

再生可能エネルギー導入は、災害時のエネルギー自立を実現。災害時の生活への影響を抑制することができます。

ランニングコスト削減で長期的に見ておトク

建築費用はかかるが、光熱費の削減、税制優遇、健康や防災面での利点など、トータルで見ればお得です。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

補助金が利用できる

高性能化するためにかかる費用を申請して許可されれば補助金を受けられる。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

他にも情報満載!!「愛媛での家づくり本」

ZEHの他にも省エネ・パッシブ・耐震などなどこれからの家づくり知っておいて損はないことがたくさん詰まった1冊です♪ぜひ読んでみてください!

 

家づくりに大事な大工さん。住宅会社を選んでいく上で大工さんがいいというのも大切な条件です。しっかり自分たちで見てみましょう。

今治見学会 007

こんにちは。アドバイザー坂本です。上の写真、立派な家具に見えませんか?実は、これ、お子様用のミニチュアです!お子様用なのに、すごく細かく造られていて、驚きました!工務店の職人さんの手作りだそうです。う~ん、普通に棚として使えそう・・・。写真ではお伝えできませんが、しっかり丈夫なんです!大きな家から、小さな玩具まで作ってしまう職人さんの腕って凄いですね!

現場を見に行こう(^^/)

家づくり学校では そんな職人さんから直接お話を聞く機会を作らせていただいています。構造見学場所も随時私たちで見て情報を知っています。家づくりのこと、技術のこと、色々質問してみてください。木の素材のこと断熱材の事、気になることはたくさん聞きましょう♪

きっと、あなたの家づくりが楽しくなりますよ♪

家づくり基本セミナー&体感見学ツアー開催

マイホーム予算は、まず自分たちが家づくりのために使えるお金「自己資金」と、無理なく返済できる住宅ローンの借入額をもとに考えるのが一般的です。そして、多くの方が気になっているのは「自分たちの年収でいくら借りられるか?」です。金融機関が住宅ローンの融資額を決める際に最も参考にするのは借りる方の年収だが、適用される金利や返済期間によっても借入可能額は変わってきます。自分たちの借入額を考えるために、まずは「返済負担率」と「金利」、「返済期間」という3つのキーワードを押さえておきましょう。

年収と返済負担率

返済負担率とは、年収から住宅ローンの返済に充てる割合のこと。金融機関では、一般に返済負担率を年収に応じて25~30%以内としている。例えば住宅金融支援機構のフラット35では年収400万円未満で30%以下、400万以上で35%以下が基準です。ただし、無理なく返せる借入額は返済負担率20~25%以内と考えましょう。年収と返済負担率をもとに計算することで借入額の目安を出すことができます。

金利

金利が低ければ借入可能額は増加、高くなると減少する。金利タイプは大きくわけて、全期間固定金利型(借りている期間中、金利が一定)、固定期間選択型(選んだ期間の金利が一定)、変動金利型(金利を半年後とに見直し)の3つあり、どのタイプで借りるかによっても返済額が変わります。また金利が0.5%違うだけでも総支払利息額は大きく変わります。

返済期間

返済期間は自由に決められるが、長く設定した方が同じ金額借りても毎月の返済額は抑えられ、短くすれば返済額が上がります。ゆとりのある返済計画になるよう返済期間を考えましょう。

セミナーでも詳しく勉強できます!!

個別でもご相談お待ちしております(^-^/)

先日お子様からプレゼントを頂きました♪ありがとうございました♪

お子様連れでも気兼ねなくお越しくださいませ。

会社によって間取りの設計提案力は違います。自分たちの要望がどんなふうにプランに反映されているかチェックしましょう。

こんにちは、アドバイザー坂本です。先日の日曜日、月に一度の体感ツアーの日でした!午前中はアレルギー・シックハウス症候群を家で予防する。素材について知るセミナーを開催。午後からは実際に無添加のお家を見学に行きました。

次回は耐震についてのセミナー&見学会です。お楽しみに!

さて、間取りプラン4つのチェックポイントをご紹介!

スムーズな生活導線になっているか?

実際に生活することをイメージして、図面上に家族の一日の動きを書き込んでみましょう。特にキッチンや洗面、浴室、トイレ、洗濯機、物干し場など水廻りの位置関係は家事効率に関わるので要チェック。

部屋の広さは十分か?家具や家電は置きたい場所に置けるか?

必要な広さは家族により異なるが、限られた面積の中で部屋ごとのバランスを考えましょう。また、窓やドアの位置によっては、置きたい場所に家具や家電が置けないときもあります。図面に家具などの位置を書き込んでイメージしてみましょう。家具を置いた上で広さが十分かどうかもチェックしましょう。

日当たりや風邪通し、プライバシーはどうか?

十分な採光・通風が確保できているかや、道路や隣家との面し方、外や隣家からの視線が気にならないかや防犯面なども確保しましょう。

収納は十分か?

必要な場所に十分な収納を確保できているか確認しましょう。収納したいものにあわせた作りになっているかもチェックしましょう。

それぞれポイントを押さえて素敵なお家づくりをしましょう。家づくりの基礎知識は家づくり学校で!!

もうすぐゴールデンウィークですね(^-^/)大型連休で9日間ぐらいお休み採られる方も多いのでは??家づくり学校はゴールデンウィーク中も休まず開校いたします!

こんにちは、アドバイザー坂本です。先日初めて高知のひろめ市場へ行ってきました☆春たたきすっごく美味しかったです。皆さんのオススメのご飯屋さん教えてください。

松山校 5月セミナースケジュール

【家づくりセミナー基礎編】・これからお家づくりを考えられる方&何から始めたらいいか?いっぱい見すぎて分からなくなってる方必見!!

【リフォーム・建て替えセミナー】

【マネーセミナー】

地震に負けない家づくり、家族の家を守る耐震性能とは?

いつ発生してもおかしくないと言われる南海トラフ大地震。愛媛でいつまでも安心して暮らすためには、耐震性の確保が不可欠です。地震から大切な家族や暮らしを守れる住まいを建てるための必須条件を伝授します。

ご予約お待ちしております。

愛媛県で家づくりを始めるならぜひこの1冊手に取って見てください(^0^//)これからの家づくり、工務店の見極め方がわかる本です!!

こんにちは、アドバイザー坂本です。4月18日に発売となりました。「愛媛での家づくり本」新創刊!今日は内容を少しご紹介します~~~♪

先輩たちが建てた実邸レポート!

こだわりを叶えた先輩たちの実例集を特集してます。家づくり学校で学び、建てた愛媛県での先輩たちのマイホームを紹介してます。先輩たちの生の声と施工写真を自分たちの家づくりに役立ててください。

家づくりの最新情報

建てるなら知っておくべき2017年の家づくりとは?省エネ基準の義務化、ZEH、パッシブデザイン、安心・安全な家づくりなど、これから建てるなら知っておくべき家づくりの最新動向を分かりやすく紹介してます。

地元愛媛のこだわり工務店選び

会社ごとの特徴を知って自分たちにぴったりの1社を探しましょう。会社ごとの施工実例と得意な工法や性能などを分かりやすく紹介。しっかり比較検討して、お気に入りの1社を見つけてください。

家づくりノートも付いてくる^-^

家づくりを始めるときは、ぜひ要望をまとめて整理してみましょう!

理想の家づくり実現をお手伝い

家づくりの無料相談や優良工務店紹介を通して理想の家づくりを応援する「家づくり学校」。紙面だけでは分からないことは、こちらをご利用下さい♪

家づくり計画で悩み、不安はきっとたくさんあるはずです。。。家づくり学校に来て勉強してみませんか?「家づくり学校ってこんな所!」を紹介します。

こんにちは☆アドバイザー坂本です。先日久しぶりに焼肉を食べに行きました(^皿^)。焼肉土橋さんは初めてで 店内もとっても雰囲気よくとっても美味しかったです♪ 皆さんも行ってみては~

さて 家づくり学校! 子どもを連れてでも大丈夫ですか?

お子様連れでも安心してご利用いただけるよう、キッズコーナー、授乳室、おむつ交換台を完備しています。キッズコーナーはご相談カウンターのすぐそばに設置していますので、お子様の様子を見ながらご相談いただけますよ。安心してご家族揃ってお越しくださいね。

提案してくれる会社はどんな会社?

ハウスメーカー、地元工務店、建築家、リフォーム会社など、愛媛県内40 社以上の登録企業の中から、あなたに最適と思われる会社をご提案いたします。登録企業はすべて厳しい登録基準をクリアした信頼のおける会社です。あなたの思いに応える会社がきっと見つかります。

家づくりを始める前に知っておいて欲しい基本知識をお伝えします!

お気軽にお越し下さいませ♪♪お待ちしております。

性能向上リフォームをすると、良い事たくさん!築20年以上の中古住宅も、耐震基準を満たせば、住宅ローン控除が使える。安心・快適に暮らせる。住宅の資産価値を上げることができます。

こんにちは、アドバイザー坂本です。先日家づくり学校に来られたお客様のお家をリフォーム中を見せていただけるタイミングがあり、お邪魔させて頂きました♪♪元々断熱材もしっかり入ってなくスースーするお家だったとか・・・やはり快適に暮らすためにも丁寧ですき間のない施工が大事になりますね。実際に現場を見せていただくと本当にきれいに施工されており、しっかりと断熱材が入ってました。仕上がりが楽しみです(^0^)/

『省エネ』夏涼しく、冬暖かい住まいへ

「省エネリフォーム」とは、冷暖房効率をよくするため、国が推奨する省エネ基準を目安として住宅を改修することです。経済的で快適な、我慢しない省エネを実現しましょう。

断熱・気密性能を強化しよう

断熱材を交換、追加する断熱改修や窓を複層ガラス等に交換する事などにより、建物の断熱・気密性を向上させると、外気温に左右されず室温が一定に保たれるので冷暖房エネルギーを減らせて省エネに。快適性はもちろん、温度差によるからだへの負担やヒートショックのリスクも軽減できる。

夏の熱の出入りは開口部から71%外部から入ってくる熱、冬の熱の出入りは開口部より48%外部へ出ていく熱があります。だから内窓を追加して窓を二重にしたり、省エネタイプの窓サッシに取替え、床・壁・天井・屋根を断熱するなどして断熱・気密性能を強化できます。

どんな工法があるの?

断熱工法には壁の内部等に断熱材を充填する「充填断熱工法」と躯体の外側に断熱材を張り付ける「外張り断熱工法」があります。建物の構造や現状、予算や目標とする性能値にあう断熱工法を確認しましょう。

(⇑充填断熱工法)

(⇑外張り断熱工法)

優先度の高いリフォームに合わせて組み込んでもOK

全面的には難しい場合でも、水廻り改善や間取り変更といった直接的な問題を解決する工事に組み込む方法もあり。例えば遮音性を高める二重サッシ化で、断熱性もUPします。

もっと詳しく知りたい方は・・・4月18日発売の「愛媛での家づくり」本に掲載してます。ぜひ読んでみてください。

愛媛でこれから家づくりを考えられる方必読!2017年4月18日(火)に「愛媛での家づくり~工務店の見極め方がわかる本~」を発売いたします(*^q^*)♪♪

こんにちは☆アドバイザー坂本です。4月に入りましたね~4月なのに松山はまだ寒い・・・・お花見時期なのに残念です。でも家づくり学校松山校は元気いっぱい!店内など模様替えをしてお客様をお待ちしております♪♪

施工実例集30社56邸掲載

家を建てたい、中古住宅を購入したい、リフォームしたい・・・マイホームの計画は人それぞれです。この本には、これから家づくりを始められる方にぜひ知っておいていただきたい情報が盛りだくさんです。要望に合わせて使って、自分たちの家づくりを成功させてください。

本の内容をちょっとご紹介します。

こだわりを叶えた先輩たちの実例集

家づくり学校で学び、建てた愛媛の先輩たちのマイホームをご紹介。先輩たちの生の声と施工写真を自分たちの家づくりに役立ててください。

建てるなら知っておくべき2017年の家づくりとは?

省エネ基準の義務化、ZEH、パッシブデザイン、安心・安全な家づくりなど、これから建てるなら知っておきたい家づくりの最新動向を分かりやすく紹介しています。

住宅会社を探したい

会社ごとの施工実例と得意な工法や性能などを分かりやすく紹介。しっかり比較検討して、お気に入りの1社を見つけてください。

リフォームを考えたい

リフォーム&リノベーションを叶えてくれる厳選企業を紹介してます。実例写真もたっぷり。リフォームの進め方や費用についても解説しています。

家づくりを相談したい

家づくりの無料相談や優良住宅会社紹介を通して理想の家づくりを応援する「家づくり学校」。誌面だけでは分からないことは、私たち家づくり学校をお気軽にご利用下さい。

特典付録付き♪500円♪

書き込むだけで自分たちの家づくりが見えてくる「家づくりノート」!!!使える予算・要望をまとめる為の必須アイテム!本誌と特典付録付きで500円(^0^/)お得です☆

(↑イメージ図)

4月18日より愛媛県内の書店にて発売いたします。よろしくお願いいたします♪

家づくりアドバイザー

家づくり学校 松山

家づくり学校:松山 - 盛川 真哉

盛川 真哉
モリカワ シンヤ

不安を一つずつ楽しみに変えていきませんか?

人生最大の買い物である家づくりに不安はつきもの。そんな不安を一つずつ楽しみに変えていきませんか?これまで培った家づくりとお金の知識を親しみやすくお伝えしています。 多少の脱線はご勘弁していただき(笑)私の成功談や失敗談を皆さまの家づくりにお役立てください。

家づくり学校:松山 - 奥崎 由加

奥崎 由加
オクザキ ユカ

家づくりは思い出づくり

せっかく一生に一度のお家づくりです!!家づくりは思い出づくり。今の生活スタイルや要望から少しずつお家のカタチが出来上がってくるものだと思うんです。お客様にわかりやすく、楽しく、後悔しない家づくりのアドバイスをご提供できるように、日々勉強に励んでおります。ぜひ、家づくり学校で力いっぱい学んでいただき、納得・満足な家づくりを始めてください。

家づくり学校:松山 - 坂本 みどり

坂本 みどり
サカモト ミドリ

しっかりエスコートさせて頂きます!

家づくりは人生の一大イベントですね。大きなお金が動く住宅購入はゼッタイに後悔できません。でも、何から始めればいいのか、分からない事ばかりです。そんな時には、家づくり学校をお役立てください。知らないことや、新しい気付きをたくさん持って頂けると思います。私はお客様とお話しするのが大好き。明るく、楽しく皆様の家づくりをしっかりエスコートさせて頂きます!

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地屋戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリ