ライフスタイルに合った家づくり!

急速に夏めいてきて、今日は何を着て会社に行こうか迷いもするアドバイザーの盛川です。 この季節 周りで夏風邪?が流行っているようです、皆さんも気をつけましょう~  さて前回ブログの釣りで 河童が狙っていた魚がこれです!

雷魚(カムルチー)と言う今では大変少なくなっている魚です。元来外来種ですが 戦時中・戦後は 当時貴重なタンパクとして食されていたそうです。今では食べる人は まずいませんが、少数派の釣り人の間では水中からの強力なアタックに根強い人気があり 大きいものになりますと、中には1m近くの固体もいます。河童は釣った後 弱らせずにそっと沼に帰してやったという事です。

さてこの釣り、ご相談に来られるご主人の趣味の中で圧倒的に多い1つですが、実は弊社では「レジャーフィッシング」という釣りマガジンを発刊している会社でもあります。 この雑誌 おかげさまで釣り人に人気とのことで、ご存知も方も多いのでは・・・・

釣りが趣味のご主人、大量の釣り道具をしまう場所をどこかに・・・という事で奥様とのバトルが始まったこともありました(笑).またご家族全員がスポーツ一家で、お子さんのサッカー・お父さんの野球道具にゴルフバッグ・スケボー・中にはカヌーと・・・収納するグッズも様々です。海の好きなご家族には  ご覧の黒い家のような夏に似合うスタイリッシュな住宅もありますよ。

奥様の方はと言いますと、まだ子育て中のママが大半ですが それでも趣味をお持ちで、ヨガ・お菓子作り・パン作り・ハンドクラフト・手芸・中にはスマホのゲームにはまっているママもいました~ がやはり お家ができたら料理づくりを存分に楽しみたい!という奥様が一番多いようです。

 

できれば庭に涼しげな植栽を植えて、ペットを飼って・・・・・とご要望はつきません。皆さんのやりたい事、たくさん教えてください。きっと叶えてくれる住宅会社さんがあるはずです! それぞれのご家庭、ライフスタイルは違います、お家で叶える夢を1歩ずつ進めて行きましょう! そのお手伝い「家づくり学校」がさせていただきます。 お家づくり 「何から始めたらいいのか?」という方こそ来て頂きたいのです。 面白い?スタッフが皆さまのお越しをお待ちしてます~

2017年05月25日(木)

家づくりパッシブ設計は必須要素

ZEHの要素となっている断熱性能や高効率設備、再生可能エネルギー導入だけでは本当の意味での省エネ住宅は実現できない。これらとあわせて、太陽光や風、水、地熱といった自然エネルギーを上手に活用することで冷暖房エネルギーを削減し、室内環境を快適にする「パッシブデザイン」が欠かせません。地域の特性や立地条件をふまえた上で、断熱、日射遮蔽、通風、昼光利用、日射熱利用暖房の5つの要素をバランスよく建物に組み込む設計技術、パッシブデザインのポイントをお伝えします。

通風

家全体に風を行き渡らせ、室内に溜まった熱を排出させるために欠かせない「通風」。その地域に吹く風の向きをふまえて建物内での風の動きを予測し窓の大きさを計画する。

昼光利用

昼間に太陽光だけで明るい室内を実現することで、照明エネルギーを削減する。リビングなど昼間に長く過ごす場所には2面以上の窓を設ける、自然採光のため建物の中心に庭を設けるなど工夫があります。

日射遮蔽

「夏涼しく」を実現する為には日射を窓から室内に入れないことが重要。日射熱をカットできれば、冷房に使うエネルギーを減らすことができる。愛媛県では日照時間が長く、日射量も多いエリア。いかに夏の日射遮れるかが快適性を左右するポイントとなる。

日射熱利用暖房

冬に窓から日射熱を取り込み、その熱を蓄えて、主に夜間、暖房として利用する。日射熱を取り入れる「集熱」、逃さない為の「断熱」、蓄える「蓄熱」の3つが実現すれば、室温の変動が小さくなり、快適性が向上、暖房エネルギーの削減につながる。

断熱

パッシブデザインのベースとなるのが「高気密・高断熱」。外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱性能を高め、建物の保湿性能を上げる。特に冬の暖房によるエネルギー消費量は多いので、暖かい家にすることは省エネにつながります。

高効率設備や太陽光発電などのアクティブ技術とともに、光や風といったパッシブを活用する事は、省エネ住宅の実現においてもはや不可欠です。今後、パッシブデザインによる家づくりが当たり前になってくると思います。

信頼できる会社の選び方

家づくりにおいては省エネ基準が義務化される2020年まであと3年です。これから愛媛で建てるべきはどんな家か?そして信頼できる会社の選び方まで家づくり学校で勉強できます。

お気軽にお越しくださいませ。

 

2017年05月22日(月)

地震に負けない家づくりセミナー 開催!

いよいよ初夏の陽気となり、昨日の休日 久しぶりに釣り糸を垂れました アドバイザーの盛川です。

何を釣ったかは次回のお楽しみです・・・・(==:) 河童が餌としてつけているのが ご覧のおもちゃの様なルアーです。水中に沈まないタイプですから、魚は水中から水面めがけて丸呑みに来ます!

意に反して時々ヒットするのがナマズです。グイーンと重たい引きがあったら ちょっと嫌な予感、ナマズは表面がヌルヌルして臭いもあり、出来れば手で直接触れたくありません。

しかし何とも愛嬌のある顔をしてますこのナマズですが、地震との関係が言われ始めてもう百五十年、東京都水産試験場で1976年から実に16年間もの間に「ナマズと地震に関する研究」が行われたと言いますから、ちょっとビックリします。結果、地震が発生する電磁波とナマズの活発な行動が認められた、とか・・・。ナマズに限らず地震前の動物たちの行動は今やその調査の対象となっているそうです。

動物を飼っている方もそうでない方も気になっている「南海トラフ巨大地震」!少なくともこれから家づくりを始められる方々は その対策を考えておきたいところです。その必須条件を学べるセミナーツアーを開催します。ぜひこれからのお家づくりにお役立てください。 まだお席があります。お子様連れも大丈夫ですよ~ ご予約お待ちしています!

2017年05月19日(金)

これからの家づくり!ZEHの普及が加速

ZEHは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHとし、さらに2030年には新築の過半数をZEHにすることを目標として掲げています。今日はそのZEHのメリットについてお話です。

こんにちは、アドバイザーの坂本です。最近、家づくり学校に来られるお客様が「本を買って来ました~」、「書店で見ました!」とお声をたくさん頂きます。ありがとうございます(^^/)

エネルギーを自給自足する住まいZEHを建てる4つのメリット

ZEHのメリットとして最初に挙げられるのが「光熱費の削減」です。快適性の向上、健康面の効果も挙げられる。また災害時にはエネルギーを自給自足できる点で減災にもつながります。また、国としても国土交通省、経済環境省が補助金事業を実施し、ZEH普及を後押ししています。現状では建物自体の性能向上や省エネ設備の導入などにより建築費用は一般住宅と比較すれば高くなる傾向だが、将来的な資産価値もふまえてしっかり検討しましょう。

健康な暮らし環境への貢献

高断熱化により、一年を通して快適な室温。温度差によるヒートショックなども防げます。省エネルギーなどで環境にも優しい。

災害時の自立、防災・減災

再生可能エネルギー導入は、災害時のエネルギー自立を実現。災害時の生活への影響を抑制することができます。

ランニングコスト削減で長期的に見ておトク

建築費用はかかるが、光熱費の削減、税制優遇、健康や防災面での利点など、トータルで見ればお得です。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

補助金が利用できる

高性能化するためにかかる費用を申請して許可されれば補助金を受けられる。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

他にも情報満載!!「愛媛での家づくり本」

ZEHの他にも省エネ・パッシブ・耐震などなどこれからの家づくり知っておいて損はないことがたくさん詰まった1冊です♪ぜひ読んでみてください!

 

2017年05月12日(金)

築95年の萬翠荘で 今年もバラ展開催~

昨日の休みを利用して 今年も萬翠荘で開催のバラ展に行ってきました~ アドバイザーの盛川です。

この萬翠荘、一番町の地方裁判所の裏手にありながら割りとその存在を知らない人も居るようで、少々ビックリします。1922年(大正11年) 旧松山城藩主の別邸として完成した松山で最も古い鉄筋コンクリート造の洋館です。 よくぞ戦火をくぐりぬけてきたものです。

今では色々な催しものに使われており、私も折りに触れてその建物を観賞しています。「ベルサイユのバラ」ではありませんが、やはり西洋風の建物にはバラが合いますネ~

花に格別の思い入れは持ってない私ですが、花達を見て気分を悪くする人はいません。それが妖艶に咲くバラならなお更ですが、トゲには気をつけましょう・・・

さてGWも終わりましたが この期間中に多くの方々に来て頂きありがとうございました。地元の工務店さんも構造や完成の見学会が多く、たくさんの来場があったようです。「百聞は一見にしかず!」 見学をして見る目を持ちましょう!

どこをどう見ていいのか分からなかった人も、的確に質問することができるようになります!何事も知った上で選択したいものです。そのお手伝い、「家づくり学校」がさせていただきます。家づくり「何から始めたらいいのか分からない」と言う そういう方々に来ていただきたいのです。

「家は三軒建てなければ・・・」なんてことは昔のこと!後悔のない家づくりの方法、ちゃんとありますよ。 皆さまのお越しをお待ちしています~

2017年05月11日(木)

家づくりアドバイザー

家づくり学校 松山

家づくり学校:松山 - 盛川 真哉

盛川 真哉
モリカワ シンヤ

不安を一つずつ楽しみに変えていきませんか?

人生最大の買い物である家づくりに不安はつきもの。そんな不安を一つずつ楽しみに変えていきませんか?これまで培った家づくりとお金の知識を親しみやすくお伝えしています。 多少の脱線はご勘弁していただき(笑)私の成功談や失敗談を皆さまの家づくりにお役立てください。

家づくり学校:松山 - 奥崎 由加

奥崎 由加
オクザキ ユカ

家づくりは思い出づくり

せっかく一生に一度のお家づくりです!!家づくりは思い出づくり。今の生活スタイルや要望から少しずつお家のカタチが出来上がってくるものだと思うんです。お客様にわかりやすく、楽しく、後悔しない家づくりのアドバイスをご提供できるように、日々勉強に励んでおります。ぜひ、家づくり学校で力いっぱい学んでいただき、納得・満足な家づくりを始めてください。

家づくり学校:松山 - 坂本 みどり

坂本 みどり
サカモト ミドリ

しっかりエスコートさせて頂きます!

家づくりは人生の一大イベントですね。大きなお金が動く住宅購入はゼッタイに後悔できません。でも、何から始めればいいのか、分からない事ばかりです。そんな時には、家づくり学校をお役立てください。知らないことや、新しい気付きをたくさん持って頂けると思います。私はお客様とお話しするのが大好き。明るく、楽しく皆様の家づくりをしっかりエスコートさせて頂きます!

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地屋戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリ