冬、寒くない家を建てたい!その家づくりの方法とは?

寒い時期、家に帰るとすぐ暖房器具のスイッチを入れて暖をとる。「冬は家の中が寒くて当たり前」そう思っている方は多いのではないでしょうか?しかし、最先端の住宅では、真夏や真冬でもエアコン一台で快適に暮らせるんです。その理由を解説します。

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾です。実家の犬たちもこの時期はファンヒーターの前で暖をとっています。

チワワのももとチワプーのはな

 

快適が、逃げていく家

快適ってなんでしょう?

寒い冬、家に帰ればしっとり暖かい。暑い夏、家に帰ればカラっと涼しい。そんな快適のために、日本の家では冷暖房が一年中、活躍しています。ですが実は、せっかく暖めた冬の室内の熱はすぐに外に漏れていき、せっかく冷やした夏の室内には外の熱気が攻めてくる。そんな構造になっている家が多いのが事実です。それはまるで、お風呂に温かいお湯をせっせと溜めながら、栓を開けっ放しにするようなもの。つまり、日本の家はとっても「燃費が悪い」といえます。

 

事故より怖い、冬の家

日本よりずっと寒い欧米では、長い歴史の中で寒さに負けない住まいの対策が着実にとられてきました。ですが日本はどうでしょうか?「寒ければ着込もう!」「そもそも寒くなんてない!」とガマンを美とする文化のもと、住まいの寒さ対策はないがしろにされてきてしまったのです。「冬は寒い。だからガマン。」日本では年間1万7000人もの人がヒートショック、つまり冬場のお風呂場やトイレで亡くなっています。交通事故で亡くなる人より、ずっとずっと多いのです。

ヒートショックで亡くなる方は交通事故の約4倍にも

快適な家にするには

床も壁も天井も高気密・高断熱。魔法瓶みたいな家は、冬は暖気を、夏は冷気を逃がしません。

例えば。

高性能な複層窓

南向きの大きな窓は、冬は太陽光を取り込む優秀な暖房がわり。
北側の高い窓は、夏の熱気を逃がす道。
計算されつくした庇(ひさし)。
冬の低い太陽は庇をくぐり抜けて、家を暖めます。

熱交換換気システム

空気はいつも綺麗なのに、熱だけリサイクル。
これで吸気口から冷気が入ってくることもありません。

 

エアコン一台で快適に暮らせる家。

「本当にそんな家があるの!?」と言う方もおられるでしょう。これはやはり、体感してみないと分からないかもしれませんね。そういった住宅に興味のある方はぜひ、家づくり学校にお越しください。無理のない住宅計画を考え、建物見学しながらしっかりと知識を身につけていきましょう。

お気軽にご相談くださいませ。