希望の土地に出会うためのポイントとは?

家を建てるなら「まず土地を探さないと!」と考えている方は多いと思います。焦る気持ちはわかりますが、そこに落とし穴があるのをご存知ですか?土地探しの順番、ほとんどの方が間違っているんです!自分たちにぴったりの土地に出会うためのポイントをご紹介します。

こんにちは、家づくり学校アドバイザーの木内です。昨日、授乳室&オムツ交換台の工事が終わりました。お子様がいらっしゃるお母様方お待たせしました。素敵な空間になりましたよ♪♪

土地を購入して新築を考えている人の中には「とにかく土地を見つけないと家づくりが始まらない」と思っている方もいると思いますが、実は違うんです。よい土地に出会うためのポイントをご紹介します。

 

なかなか土地が見つからない!どうすればいい?

やみくもに土地を探す前に、まずは条件・優先順位を明確にしよう

希望エリアと予算だけでやみくもに探しがちですが、これでは希望の土地に出会うのは難しいと思います。見すぎると予算と条件が上がるばかりで決められないものです。情報の段階で「これ!」と思う候補を絞り込んでから見に行きましょう。そのためには希望する条件や優先順位が明確になっていることが大切です。漠然としていれば、いくら見てもピンと来ないし、買う決断は出来ないと思います。ただし、100%満足の土地はなかなかありません。70%満たしていれば買い!くらいの気持ちで見に行きましょう。

 

 

住宅会社と土地、どっちを先に探すべき?

住宅会社選びと土地探しは、必ず同時進行で進めよう!

土地を購入して新築する方の多くが「まず土地探し!」と言われますが、住宅会社の検討と土地探しは必ず同時進行で行いましょう。その理由のひとつが住宅ローンのこと。住宅ローンは住宅を建てることに対しての融資なので土地だけ組むことはできないんです。また、住宅ローンで土地、建物を購入する場合には住宅会社との契約書が必要となります。つまり、土地を購入する時点で住宅会社を決めておかないと急いで会社を決めないと!と焦ることになるのです。また、住宅会社を先に決めて、住宅会社に土地探しを依頼した方が効率的に情報収集できるメリットもあります。新しい土地情報や一般に公開されてない情報が不動産会社や売主から直接、住宅会社に来るケースも多く、自分たちだけで探すよりもたくさんの情報を検討できます。また、会社が決まっていれば、土地購入前にその土地をチェックし、建設面でアドバイスしてもらうこともできます。何より土地を先に探してしまうと、土地に予算を掛けすぎて建築予算が確保できず、総予算がオーバーしたり、住宅会社の選択の幅が狭まってしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

購入するかどうかの見極め方がわからない

土地の見極めは建築のプロに依頼しましょう!

価格や条件が希望通りでも、その土地に建てたい家が建つとは限りません。建築基準法による規制をはじめ、道路、風向き・日当たり、隣地との境界線や高低差、ライフラインなども要チェックです。災害リスクや地盤強度も確認しておかないと、その対策に想定外の費用がかかり、予算オーバーに・・・なんてことになりかねません。候補地が見つかったら、検討している住宅会社に建築のプロの目線で土地を見てもらいましょう。素人判断で購入せず、プロの見極めを聞くことが不可欠です。

 

土地を見学するときのポイントとは?

1.道路から土地を眺めるのではなく、敷地の中に立って生活目線で見ましょう。

2.外から見るのと中から見るのでは広さの感じ方も見え方も違ってきます。周辺を歩き、エリアの雰囲気や利便性を生活目線で確認する。

3.日中だけではなく、朝や夜の様子(治安、騒音)も確認しましょう。

 

土地との出会いは縁です。明日見つかる方もいらっしゃいますし、1ヵ月後や2年掛かりましたという方もいらっしゃいます。出会いは人それぞれで、いつ出会うかはわかりません。希望の土地に出会ったとき、しっかり決断できるように、今からしっかり準備することが大切です。

家づくり学校では、個別相談をはじめセミナーを開催しています!詳しい日程、内容はこちらからご覧ください。