後悔しない家づくり「大切なこと」を知ることです!

家を建てた人の約6割が何かしらの後悔をしているということをご存知ですか?半数の方が何かしら家づくりで後悔をされているんです。
こんにちは、家づくり学校アドバイザーの木内です。今日は、どんなことに皆さんが後悔しているのか3つの理由をレポートしたいと思います。

 

後悔した理由1.住み心地「冬とても寒く、夏暑い」「冷暖房費用がかかる」

こだわり一杯で造ったマイホーム、いざ住んでみると冬が寒く、夏が暑い家だったという後悔をよく聞きます。 温度差のある家はヒートショックなど住宅内の事故の原因にもなっています。こういった住環境では過度な冷暖房を必要とし、冷暖房費用がかさむ原因にもなります。できれば冬暖かく、夏涼しい温度差のない家で快適に暮らしたいものですね。そうすることにより、冷暖房エネルギーを抑え省エネな暮らしに。見た目のデザインばかりではなく、住み心地を重視することも大切です。

 

 

後悔した理由2.お金のこと「ローンに追われて生活が苦しい」

沢山の夢がつまった念願のマイホーム♪しかし、建てて数年でローンが払えなくなって手放してしまう。このようなケース、実は少なくないんです。家は生活を楽しむために建てるもの、ゆとりある生活を送るためにも、無理な借入は絶対禁物ですよね。住宅購入予算は日々の生活費を始め、お子様の教育費や老後の資金も見据え、ゆとりある家計収支となるように設定することが大切です。

 

 

 

後悔した理由3.生活動線「家事負担が増えた」「住みづらい」

「重たい洗濯かごを持って階段の上り下りがキツい。」「ここの〇〇が邪魔だなぁ。」 「家事に時間がかかるようになってしまった!」「掃除が大変」実際に建てた家に住んでみると、「建てる前にもう少し考えておけばよかった・・・」というところが出てきます。ご家族の方々それぞれの生活スタイル、お子様の成長、ご夫婦の人生設計、さまざまな角度から生活動線を考えることが大切です。
後悔をしない家づくりに大切なことは、家づくりの基本的な知識を身につけ、無理のない予算と要望の考え方や会社別の特徴と目安費用、賢く選ぶ為の見極め方を知ることからです。
家づくりは人生で一番大きな買い物。やみくもに行動するのではなく、少しだけ前知識を持って始めてみませんか?後悔しない理想の家づくりへの出発点として、どうぞ「家づくり学校」をご利用ください。

家づくり学校では、個別相談やセミナーを開催しています。

セミナーの詳しい内容・日程はこちらからご覧ください。