住宅内の暑い・寒いの原因は窓にあり!快適な室内にするためには?

ご存知ですか?住宅の快適・省エネに「窓」が大きく関係していることを。実は冬の流出する熱の52%が窓から出て行き、逆に夏は74%もの熱が窓から入ってきます。夏暑くなく、冬寒くない家を建てるためには「窓」の事もしっかりと考えていくことが大切です。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾です。私の実家の隣町にある美容院に散髪に行っているのですが、ここがまた丘の上に建っている開放的な美容院で、すごく眺めがよくて気にいっています☆

(絶景かな~笑)

しかし、美容師さんに話を聞くとやはり夏は暑いみたいです。

(家づくり学校 高松校も全面ガラス貼りでスタイリッシュ!)

やはりこちらも夏は暑く、冬は寒い…。全面ガラス貼りというのは、確かに格好良いですが、住み心地の大きく影響をもたらしてしまうんですね。

 

デザインと性能は対極にあり!

冒頭ではお話したとおり、冬の流出する熱の52%が窓から出て行き、逆に夏は74%もの熱が窓から入ってきます。開口部に大きく窓をつくってしまうと、確かにデザイン性はあがります。しかし単純にそのように窓を設置しただけでは、夏は暑く、冬は寒い家になってしまいます。デザインと性能は対極にあり、バランスをとることが大事です。

 

夏の熱は遮り、冬の熱は取り込む

省エネ住宅にもう一つ欠かせないのがパッシブ設計。夏は入射角を測り、軒や庇で熱の進入を防ぐ。冬は逆に熱を取り込む。太陽光や自然風を上手に家の設計に施すのが、近年注目されております。

 

家づくりはデザインや間取りといった目にみえる部分しか興味を持たれていない方が多いように感じます。しかし、デザインや間取りといったものは数年で慣れてくるもの。これから24時間365日何十年と暮らしていく、「家の中身」についてしっかりと考えられてみませんか?

皆様のご来校をお待ちしております。