家づくりは見えないところが大切!

夏は涼しくて、冬暖かい快適な家に住みたいと思いますよね。なかには冬暖かい家は、夏暑いのでは?と思われる方がいらっしゃいますが実は違うんです。冬暖かい家は夏も涼しいんです。高気密・高断熱にすることによって快適な空間が出来るのです。どうして快適な空間が出来るのかご紹介します。

こんばんは。家づくり学校アドバイザーの木内です。先日、津嶋神社に行って来ました。こどもの神社で1年に1回橋が架かり、神社に行くことが出来るんです。海でパシャパシャと大はしゃぎしていました。

家づくりは「見えないところが大切」。それは、例えば壁の中。高気密・高断熱という言葉を最近聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、壁の中には「断熱材」が隙間なく施工されています。隙間のない空間は息苦しいのでは?と誤解されている方もいらっしゃいますが、高気密・高断熱にすることによって夏は涼しく、冬は暖かく快適な空間になります。

 

太陽の熱をカットできれば涼しい家に

高気密、高断熱をベースに、庇や軒などで日射遮蔽がきちんと出来てる家になっているかどうかも重要なポイントです。日射遮蔽が出来ていないと熱がこもってしまい、暑い住宅になるからです。窓から熱は出入りしますが、外付けのブラインドやすだれをつける事で日射をカットできます。昔の人は暑さ対策を知っていたんですね。快適な空間を作るためには、見た目だけでなく、中身にこそこだわりたいですね。

 

気密性が低いと、換気が効率的に出来ない!?

今の新築住宅には24時間換気が義務付けられています。排気用のファンを回せば、各部屋の自然給気口から新鮮な空気が入ってきますが、気密性が悪い家だと完全には換気できず、よどんだ空気が室内に残ります。換気に大切なのは空気の「入口」と「出口」。途中に穴の空いたストローではジュースは飲めませんよね。それと同じです。そして、換気がきちんとできないということは、家にいる家族の健康にも影響が出るかもしれません。

 

この他にも、家づくりには知っておかなければならないことがたくさんあります。快適な空間、健康なお家を建てるためには何が大切なのか?家づくり学校で一緒に学んでみませんか?お盆も休まずに営業しております。お気軽にお越しください。

セミナーも開催しております!詳しい日程・内容はこちらからご覧ください。