村尾のブログ

後悔・失敗しない家づくりをするためには今できる家づくりではなくて、これから何十年先をも見据えた家づくりをしていかなければなりません。これから主流になるであろうZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)についてレポートいたします。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。昨日、野原産業株式会社、日本ボレイト株式会社、日本住環境株式会社の方にお越しいただき、我々家づくり学校スタッフと家づくり学校ご協力会社向けに「ZEHの建て方+α」と題したセミナーを開催していただきました。

(セミナー風景)

ご協力会社の方も真剣な眼差しでセミナーを受けられておりました。お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました!

 

セミナー内容を少しだけご紹介☆

ZEHとは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下になる住宅の事です。

 

たったこれだけ!ZEH基準の4項目

①外皮性能基準

熱損失(熱の逃げる量)を規定値以下に

②一次エネルギー消費量

ZEHの採択基準は一次エネの削減率。基準一次エネルギー消費量の20%以上削減を目指します。

③太陽光発電で実質ゼロに

④HEMSの設置

換気も大事

住宅性能向上に必要なのは断熱+換気・気密・通気。特に見落としがちなのが、「換気」です。換気の原則は『常に、出入り口を明確にして、必要な換気をすること』。よくメンテナンスを忘れてしまうのは、排気口の清掃。ここがホコリ等で詰まって上手く換気ができていない場合が多いそうです。

メンテンナスは省エネの第一歩!

(日本住環境の排気型集中換気システム「ルフロ400」

 

劣化とは

「劣化現象」とは、木造住宅の腐朽及び蟻害による木材の劣化のことをいいます。木材は濡れたら腐るとの事です。木が腐る要素は、

木材腐朽菌の胞子+栄養源(木材)+水分+温度+酸素

これが全て揃ったときに木材は腐るそうです。ここで、ご自身で注意できる所が水分。温度や酸素などはご自身では調整できないですよね!もしくは木材腐朽菌をなくす、この二つしか防ぐ方法はありません。

①木材は濡らさない

②木材腐朽菌をなくす

 

シロアリによる蟻害

シロアリは世界中で24京頭もいるそうです。それに比べてシロアリの天敵であるクロアリは1京頭。シロアリはそこら中にいるという事ですね。そしてシロアリの被害にあったことがある人は4人に1人、つまり25%もの人がシロアリの被害経験があるそうです。さらにシロアリの侵入は床下だけではなく、換気口や持ち込んだ家具から侵入される場合もありますので、注意が必要です。

 

お客様の健康で快適な家づくりを叶えるために、ご協力会社だけではなく私たち家づくり学校スタッフもこれからの家づくりについて学んでおります。メディアの私達でしか伝えらない情報があります!失敗・後悔しない家づくりをするためにも、まずは家づくり学校でしっかりと学ばれてみてはいかがでしょうか?

より詳しい情報をお伝えさせていただきます。

光や風といった自然の力(パッシブ)を活用し、快適をつくりだすことは、高気密・高断熱とともに省エネ住宅には不可欠になります。健康にも財布にもやさしい家づくり方法についてお伝えします。

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。今日は「父の日」。日頃の感謝をこめて、私たち兄弟から紬風厚底滑り止雪駄をプレゼントしました。

愛犬のターボ(トイプードル)もこれで一緒に散歩ができると大喜び!これからも健康で元気に長生きしてください!

 

快適が、逃げていく家

快適ってなんでしょう?

寒い冬、家に帰ればしっとり暖かい。暑い夏、家に帰ればカラっと涼しい。そんな快適のために、日本の家では冷暖房が一年中、活躍しています。ですが実は、せっかく暖めた冬の室内の熱はすぐに外に漏れていき、せっかく冷やした夏の室内には外の熱気が攻めてくる。そんな構造になっている家が多いのが事実です。それはまるで、お風呂に温かいお湯をせっせと溜めながら、栓を開けっ放しにするようなもの。つまり、日本の家はとっても「燃費が悪い」といえます。

 

事故より怖い、冬の家

日本よりずっと寒い欧米では、長い歴史の中で寒さに負けない住まいの対策が着実にとられてきました。ですが日本はどうでしょうか?「寒ければ着込もう!」「そもそも寒くなんてない!」とガマンを美とする文化のもと、住まいの寒さ対策はないがしろにされてきてしまったのです。「冬は寒い。だからガマン。」日本では年間1万7000人もの人がヒートショック、つまり冬場のお風呂場やトイレで亡くなっています。交通事故で亡くなる人より、ずっとずっと多いのです。

ヒートショックで亡くなる方は交通事故の約4倍にも

快適な家にするには

床も壁も天井も高気密・高断熱。魔法瓶みたいな家は、冬は暖気を、夏は冷気を逃がしません。

例えば。

高性能な複層窓

南向きの大きな窓は、冬は太陽光を取り込む優秀な暖房がわり。
北側の高い窓は、夏の熱気を逃がす道。
計算されつくした庇(ひさし)。
冬の低い太陽は庇をくぐり抜けて、家を暖めます。

熱交換換気システム

空気はいつも綺麗なのに、熱だけリサイクル。
これで吸気口から冷気が入ってくることもありません。

 

エアコン一台で快適に暮らせる家。

「本当にそんな家があるの!?」と言う方もおられるでしょう。これはやはり、体感してみないと分からないかもしれませんね。そういった住宅に興味のある方はぜひ、家づくり学校にお越しください。無理のない住宅計画を考え、建物見学しながらしっかりと知識を身につけていきましょう。
そんなパッシブ設計を施した高性能住宅を見学できるツアーが7/23(日)に開催予定です。

毎週毎月に開催されておりますセミナー&見学ツアーはコチラからご確認ください。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。

8月18日に発行予定の「香川での家づくり vol8」。第8弾となる住宅情報誌は前号より新たな住宅会社2社の情報を掲載します。また、家づくり学校を利用して建てられたお客様の実邸も大公開☆先輩達のアイデアが詰まった家を見て、良い所はぜひ真似してみましょう♪

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。現在、8/18発行予定の家づくり学校本を鋭意作成中です。先日、家づくり学校卒業生のアイデアがたくさん詰まった住宅を取材させていただきました。

(高松以外にも松山、備後エリアでも発行しております)

 

ご訪問させていただきましたご家族の家づくりに対する絶対条件はご主人の「インナーガレージ」と奥様の「コの字型キッチン」。これだけは外せないと住宅会社にご相談したそうです。出てきたプランはその二つのご要望をクリアしつつ、その他にも想像できないアイデアが詰まったプランでほぼ一発採用に。ご要望をまとめれないという方は住宅会社に訪問してみるのも一つの手です。建物を見学すると、今まで見えてこなかった部分が見えてきたりします。

取材訪問日は天気も良く、ウッドデッキではお子様が仲良く遊ばれておりました。

 

納得のいく家づくりをするには、ご要望をまとめるのももちろんですが、無理のない住宅計画を立てて、住宅会社の違いを知った上でご訪問することが大切です。では、どう計画していけば良いのか…。その答えは家づくり学校にあります。まずは、家づくりの必要な知識を身につけることが肝心!お金の事や住宅会社の事、またこれからの家づくりについてしっかりと勉強してみませんか?

 

家づくり学校は毎日個別相談会を実施しておりますので、お気軽にご相談にお越しくださいませ。目からウロコの情報をお伝えさせていただきます。

空前の低金利時代!しかしそこには思いがけない落とし穴が…。住宅ローンで破綻する人がここ10年で1.5倍に増えてきています。それは返済能力以上の住宅ローンを組んでしまっている人が増えてきているのが原因かも!?念願のマイホームを建てたものの、数年後には手放す事に…。そうならない為にもしっかりと知識を見につけてまいりましょう。

 

こんばんは。
家づくりアドバイザーの村尾です。お昼ご飯を食べによく訪れる「魚ばあさんの食堂 おくどさん」。新鮮なお魚をその場で焼いてくれるのが特徴なお店ですが、肉好きの私は魚料理を頼んだことはありません(笑)

先日、いただいたカツカレー☆注文した後にカツを揚げてくれるので、あつあつカツカレーが食べれます。カツもとてもジューシー♪少し辛いのが私にとってはネック…。

 

さて、家づくり学校では家づくりのご相談はもちろん、住宅ローンや予算立てなどお金の部分もご相談する事が可能です。

(本日、ご相談に来られたお客様)

 

数千種類あるといわれている住宅ローン。その中からご家族に合う住宅ローンをご自身で見極めていくのは至難の業です。インターネットで検索してもよく分からない。元金均等?元利金等?何が違うの…。そういうときはお金のプロであるファイナンシャルプランナーにご相談してみてはいかがでしょうか。

(ライフプランで予算診断)

まず、生涯にわたって本当に無理がないのかどうかを予算診断する為にライフプランを行います。ライフプランをする事で、毎年の収入・支出がグラフ化されますので、将来設計を描くことができます。さらに家計簿の見直しや将来のリスクも考えていく事ができますので、一度は予算診断してみましょう。

 

家づくりをされた6割の方が何かしらの後悔をしている家づくり。その中でも無理のある借入をしてしまったご家族もたくさんあると聞きます。最悪、住宅ローン破綻してしまうご家族も…。そうならない為にも、家づくり学校でぜひ学んでいただきたいと思います。

失敗・後悔しない家づくりの為にしっかりと準備してまいりましょう!

家づくり終えた約6割もの方が何かしらの後悔をしている家づくりの現状。その後悔の中身はデザインや間取りといった部分ではありません。家づくりは目に見えない部分のほうが大切です。今回はその中身についてお伝えいたします。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾です。今月からのSoftbankユーザー限定スーパーフライデーの特典はセブンイレブンの「アイス」or「コーヒー」が選べれるというもの。先週はアイスにしました☆

(マンゴーアイス)

暑い時期にアイスは最高ですね!今日は何にしようかな~♪

 

さて、今回は家づくりの後悔の中身ついて。
家づくりを終えた方に住まいの不安や不満を調査したところ、トップ3になったのは…

一位:暑い!

二位:寒い…

三位:結露。。

 

家を建てたものの住んでみると、夏は寒く、冬は寒いと感じ、後悔している人が多いのが現状です。

四位以下はコチラ

 

家づくりは何にこだわったのかを調査してみると、家の住み心地、家の性能を重視したのは6位…。家づくりにかかる費用やデザインを重要視したご家族が多いのが見受けられます。

日本の家は夏は暑くて、冬は寒いもの…そんなイメージが昔からあります。夏暑く、冬寒い、それが当たり前になっているから当たり前のように我慢して1年を過ごしている。そんな家づくりをしてきたのが原因で、現在どうなっているのかというと、ヒートショックで亡くなる人の増加や化石燃料輸入による赤字、二酸化炭素の排出増加等々…特に化石燃料は地球上の半分は使い果たしたと推測されており、今後は価格が上がってくると言われております。

 

3年後の2020年からは改正省エネ基準が義務化されます。断熱基準をもっていなかった日本もようやく断熱基準が義務化されます。※今までは基準はあったものの、努力目標でした。家づくりは「今できる」方法ではなく、今後を見据えた家づくりをしていく事が大切だと思います。そのためにはご自身の知識や見極めていく目を培っていくことが必須!

まずは家づくり学校でご相談されてみませんか?家づくりに必要な事をお伝えさせていただきます。

 

家づくりは何から始めれば良いのか分からないもの。展示場や住宅会社に行ったものの、何がどう違うのかが分からない。家づくりは百家族あれば、百通りの家づくりがあります。理想の家づくりをかなえるためには、まずはご自身の知識を見つけて、判断していく必要があります。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。ゆめタウン高松店に行ったとき、ふと目に入ったパブロミニの「生チーズソフトクリーム」。

チーズ好き、ソフトクリーム好きの私にとっては食べずにはいられないこの商品☆もちろん、すぐに食べてみましたよ(笑)チーズの味もしっかり出ており、かつそこまで濃厚ではなく、とても美味しかったです♪

 

さて、今週末6/10(土)に家づくりの極意が分かる

「住宅会社の見極め方 違いと価格ズバリわかります!」

セミナーを開催いたします。
※詳細はタイトルをクリック

家づくりのご相談に来られるお客様のほとんどが「家づくりは何からはじめれば良いのか分からない」「展示場にも行ってみたけど、何がどう違うのかが分からない」といったお悩みをもたれております。それはお客様自身が適正な予算も見えておらず、どういった家づくりがしたいのかの基準が無いから、目移りばかりして訳が分からなくなって悩んでしまっているのです。中にはよく分からないまま、曖昧な状況で家づくりを進めている方も…。そんな状態では後悔・失敗してしまう可能性があります!

では、そうならない為には、、

■無理のない予算立てを考える

■住宅会社(メーカー、ビルダー、工務店)の違いを知る

■家づくりの要望をまとめる

■これからの家づくり時流を知る、、etc

 

上記のようなことは当たり前のように知った上で、考えていかなければなりません。家づくり学校では皆様に後悔して欲しくないと思っておりますので、お時間をかけて精一杯、家づくりの基本的な当たり前の事をお伝えさせていただいております。住宅会社訪問前にぜひ一度、家づくり学校にお越しくださいませ。皆様にとって目からウロコの情報をお伝えいたします。

ぜひ家づくり学校セミナーにお越しくださいませ。

家づくりは百人百様。百家族あれば百通りの家づくりがあります。自然素材をつかった家づくりがしたい!エアコン1台で快適に暮らせる家が良いな!スタイリッシュな雰囲気のある外観にしたい!色々なご要望がご家族にはあるかと思います。今回は先日、ご相談に来られたあるお客様のお話。

 

こんにちは。
家づくり学校の村尾でございます。いやー、世界卓球で日本人が大活躍!特に10代パワーがものすごい!!中学のときに卓球をしていた事もあり、興味があってみていたのですが、13歳の張本選手良いですね。

技術力、精神力も世界トップクラスと遜色のないレベルでしたが、その中でもよく注目されていたのが、点をとった時に叫ぶ「チョレイ!」。調子の良さを表す自分へのアピールみたいですが、この「チョレイ!」、流行りそうですね(笑)私も友人と卓球したときは使ってみます!

 

今回は先日、お越しいただいたお客様のお話。まだまだお若いのにしっかり勉強したい!とご相談に来られたご夫婦でした。

ご訪問した際には既に数社見学されており、なんとなく住宅会社に行ってみたけど、よく分からなかったとの事。このケース、ご相談内容でよくある状況です。ご家族ご自身の中で適正な予算が見えておらず、またどういった家づくりがしたいのかの基準もなく、また住宅会社の特徴や価格の違いを知らないまま、闇雲に見学しているとこういった状況になってしまいがちです。

 

■ご家族で無理のない住宅計画を立てる事が大事

失敗・後悔しない家づくりをするためにはまずはご家族で無理のない計画を立てていく事が大切です。無理なく返済していける金額はいくらなのか。どういった家づくりがしたいのか。また、ハウスメーカーやビルダー、工務店の家づくりはどう違うのか。まずはご家族の家づくりに必要な情報を集めていきましょう。

 

■これからの家づくり時流を知る

3年後の2020年、省エネ基準が義務化されます。しかし、こういった今後の家づくり時流を知らないといった方もいらっしゃいます。知らずして旧基準の家を建てて、3年後には不適合既存住宅になる…。そうなってしまうと家の価値が無くなってしまいます。今できる家づくりではなくて、2020年、2030年といった数十年先を見据えた家づくりをしていく事も大切です。

数時間かけて家づくりのあれこれをお伝えさせていただいた後、お客様のご要望をお伺いしてみると「自然素材を使った家が良いな」、「暖かみのある空間を作りたい」、「家のテイストはシンプルかつナチュラルテイストが良いかな」との事。良いですね~、夢が膨らんできます☆その夢を実現するためにも、まだまだ知識を見につけつつ、見極めていく目を培っていきましょう!今後もサポートさせていただきます!!

 

ご相談にお越しいただいたご家族にはまずは家づくりの知識を見につけてもらう為に、お時間をかけてしっかりとお伝えさせていただきます。それは難しい話ではなく、どれも知っておかなければならない内容。そして、ご家族で本当に無理がない住宅計画を立ててもらう。家づくり学校は皆様の後悔・失敗しない家づくりの為に精一杯ご対応させていただきます。

いつでもお気軽にご相談にお越しくださいませ。

 

ハウスメーカーや工務店・ビルダーの違いや住宅価格、無理のない借入金額の出し方や失敗しない住宅ローン選びなど、家づくりを検討している方向けの無料相談会とセミナーを開催。失敗・後悔しない家づくりをする為にもしっかりと勉強してまいりましょう。

 

こんにちは。家づくりアドバイザーの村尾です。
今月も「ぴったんこ6月号」を皆様にお届けします。今月号も素敵なご家族に表紙を飾っていただきました♪ご協力ありがとうございます。

(自分たちのぴったりの暮らしが見つかります)

「ぴったんこ」は家づくり学校が地域限定で配布している冊子です。毎月開催しております家づくりに関するセミナー情報も掲載しており、家づくりを検討されているご家族に役立てていただける内容となっています。

「ぴったんこ」が配布されていない、定期的に送って欲しい!という方はぜひ、コチラからお問い合わせくださいませ☆毎月、お送りさせていただきます。

 

6月度開催セミナー情報

住宅会社の見極め方 違いと価格ズバリ分かります

(詳細は画像をクリック)

開催日:6/3(土),4(日),10(土),18(日),25(日)
開催時間:13:00-16:00

【主な内容】
・何から始めるの?無理のない予算とは?
・どんな会社があり、どれくらいで建てられる?
・ハウスメーカーと工務店の違いは?

 

建て替えか?リフォームか?迷わない判断術

(詳細は画像をクリック)

開催日:6/17(土)、24(土)
開催時間:10:00-12:00

【主な内容】
・どこまで直せるの?リフォーム工事価格を知る
・建替えか?リフォームか?その判断基準とは
・リフォーム会社の見極めポイントとは?

 

百人百様、それぞれの家計から導く住宅ローンの賢い借り方・返し方

(詳細は画像をクリック)

開催日:6/18(日)
開催時間:10:00-12:00

【主な内容】
・マイホーム実現のタイミングはいつ?
・住宅にいくらまでお金をかけて良いの?
・家族の「未来予想図」を一緒に作って学ぼう!

 

マイナス金利で失敗しない 賢い住宅ローン選び借入術

(詳細は画像をクリック)

開催日:6/25(日)
開催時間:10:00-12:00

【主な内容】
・超低金利時代の賢いローン選択術とは?
・らくらく返済を実現する家計見直し術
・自分たちにぴったりの住宅ローン選び!

 

家づくり学校ではセミナーや個別相談を通して、家づくりに大切な事をお伝えしております。
それはご自身の予算や必要な建築費、土地探しなど。

失敗・後悔しない家づくりのする為に家づくり学校で勉強してみませんか?

皆様のご来校をお待ちしております。

梅雨から真夏にかけては高温多湿でカビにとっては最適な環境となります。温度28℃以上、湿度80%になると、どんなに掃除が行き届いていたとしても、カビが発生してしまいます。そのカビがもたらす住宅・健康への影響を今回はレポートいたします。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。昨日、ズームインサタデーうまいもの博に行ってきました。最終日という事で人もすごく多かったです。お目当てはクレームブリュレドーナツとフルーツサンド。しかし、残念な事に12時過ぎにいった時点で二つとも完売しておりました。。

(インパクトの強かったジャンボメロンパン)

よくテレビで見かける叙々苑のお弁当もありましたが、なんと価格は約3000円…。食べてみたかったですが、さすがの値段に手も足も出せず、断念!メロンパンやあまおうソフト、角煮まんじゅうに焼小籠包などを食べてどれも美味しく満足な一日でした。

 

さて、ここ香川県のある四国も梅雨入りがもうすぐといわれております。雨が続いて、じめじめするこの時季。洗濯に悩まされる奥様も多いと思いますが、梅雨などによってもたらされる多湿は住宅に大きく影響を与えます。

 

快適な温度と湿度の目安

■温度26℃以上、湿度80%以上でダニ・カビの発生

■温度20℃以下、湿度40%以下はウイルスが活動活発に

 

カビがもたらす住宅・健康被害

家の壁の中がカビてきてしまうと、壁の中にある断熱材や木材が腐ってきてしまいます。でも壁の中は壁を剥ぐいてやらないと見えてこないもの。知らずしてそういう状況になっている家がほとんどです。

(断熱材がカビて腐ってしまっている状況)

■カビがアトピーや喘息を引き起こす原因に…

このカビがダニを育てます。ダニの主食はカビみたいです。その結果、ダニの糞や死骸がハウスダストになって住んでいるご家族の健康状態に影響をもたらしているともいえます。

 

生活をしていく上での対策は

カビを吸い込む原因となるのは高温多湿な環境、またエアコンからのカビ感染。エアコンはこまめに掃除をするように心掛け、エアコンをつけた最初の10分はしっかり換気をするなどをしエアコンからの感染を防ぎましょう。冬場に必須アイテムの加湿器も過剰な使用をするとカビの原因となりますので、換気を忘れずに部屋の空気を循環させる事も大切です。一方梅雨時期などの湿気の多い時期には除湿機が大活躍ですが、除湿機自体にもカビが繁殖しますので、こまめな清掃して繁殖を防ぐことが大切です。また、晴れた日には必ず換気をし家の中の空気を循環させ、カビの大好きな湿気を解消するのも一つの手です。

 

目にみえない部分が大事

生活していく上で上記のような掃除や換気は必要ですが、最初の家づくりの段階でカビを防ぐ方法もあります。それは例えば、カビを発生させる原因でもある結露を防ぐ方法。家づくりはデザインや間取りなどの目に見える部分に注目しがちですが、実際は「目にみえない部分」のほうが大切です!

家づくり学校では家づくりに必要な知識を皆様に見につけていただきたいと思っております。まずはお気軽に家づくり学校にご相談くださいませ。皆様にとって本当に役立つ情報をお伝えさせていただきます。

住宅の断熱性や気密性とはよく聞くものの、いまいちよく分からない…。どこの住宅会社にいっても当たり前のように出てくるワードですが、会社によってその内容は全く違います。まずはご家族の中でどこまでの断熱性と気密性を求めていくのかをまとめていく必要があります。

 

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾でございます。先日、娘のお食い初め祝いを遊食房屋で行ってきました。

(お食い初め御膳)

鯛も立派なものをご用意していただきました!またお店の方からサプライズプレゼントもいただき、食べ物に困らない子になってね☆と願掛けしながら、祖母から順番に食べさせるフリをして、とても楽しい会となりました。

 

さて本日は、これからの家づくりに考えるべき「断熱性」と「気密性」について、レポートをお届けします。皆さん夏場の熱中症や冬場の心筋梗塞・脳梗塞といった症状が、家の温度差による事故であるということはご存知でしょうか?最近では住宅の温度差を無くすために、様々な工夫が為された家づくりが行なわれています。LDKだけでなく、寒くなりがちな浴室やトイレにも注意しながら計画していくことが求められております。特に冬場は温暖な気候であっても、暖房を使用する割合が高い地域では熱を逃がさない断熱性と機密性が重要になってきます。

(ヒートショックの死亡数は香川県が全国でワースト1位…)

 

そこでこれらの断熱性と気密性を数値で知ることのできる指標があります。

〇C値(隙間相当面積)

家の中で隙間がどの程度あるかを表す指標。家全体の隙間面積÷延床面積で、数字が小さいほど気密性が高くなる。

(気密測定器で測定します)

〇UA値(外皮平均熱貫流率)

断熱性能を表す数値。家の内外の温度差を1度としたとき、建物の内部から外部へ逃げる熱量の合計を外皮(外壁・床・天井・屋根・窓等)の面積で割ったもの。数字が小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高くなる。

 

但し、数字の低さだけで性能の良さが決まるわけではありません。その数字の根拠がもっとも重要になります。
家づくり学校では家づくりの性能の事はもちろん、予算の考え方や住宅会社(ハウスメーカー、ビルダー、工務店)の違いや特徴、土地探しのポイントなど家づくりに関する全般についてご相談する事が可能です。まずはご自身の知識を見つけてから、家づくりを進めてみませんか。

皆様のご来校をお待ちしております。

 

 

 

家づくりアドバイザー

家づくり学校 高松

家づくり学校:高松 - 大日南 俊介

大日南 俊介
オオヒナ シュンスケ

一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくりは楽しむものです。苦しみながら頑張るものではありません。楽しくなくなったときは、一旦ひと休みしましょう!そんな時は、お気軽に家づくり学校を覗いてみてください。これまで10年、住宅情報誌を作ってきましたが、その中では伝えきれない、大切で家づくりが楽しくなる情報をお伝えします!一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくり学校:高松 - 村尾 茂樹

村尾 茂樹
ムラオ シゲキ

納得の家づくりを
全力でサポートします!

家づくりって何から始めればいいのか分かりづらいもの。生涯最大の買い物だからこそ皆さんの納得のいく、思い描く理想の家を建てて欲しい!!その夢を実現するために全力でサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。

家づくり学校:高松 - 木内 恭子

木内 恭子
キウチ キョウコ

家は家族が集う大切な場所です

何から始めたらいいのか、不安や悩みを抱えている方は多いと思います。そんな時には家づくり学校にお越しください。ひとつひとつ悩みを楽しみに変えていきませんか?夢への第一歩のお手伝いをさせていただきます。

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地や戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン

■本サイトに関するお知らせ■
ネットワーク回線工事の実施に伴い、下記日程でサービスが停止します。
【サービス停止時間帯】
平成29年7月19日(水) 0:00 ~ 05:00
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。