その他

家づくりを考える時に夏は涼しく冬暖かい家に住みたいと思いますよね。快適に過ごせる空間づくりには熱の伝わり方にあったんです。温熱環境についてご紹介したいと思います。

 

こんにちは、家づくり学校アドバイザーの木内です。暑いのは苦手、寒いのは大嫌いな私ですが、自分が家を建てるなら夏は涼しく冬は暖かく冷暖房が削減できるような家が欲しいなと思っています。今回は、快適に過ごせる家づくりをするために知っておいて欲しい温熱環境についてレポートします。

 

 

 

 

快適の鍵は熱の伝わり方にあり

人間が暑い、寒いと感じるのは実は体感温度にあります。これは対流熱と輻射熱によってもたらされます。

対流熱・・・空気が伝える温度、例えばエアコンの設定温度のことです。

輻射熱・・・その物から感じる熱(冷気)のこと。例えばストーブや焚き火から感じる熱、床の冷たさのことです。

人間は常に37度の輻射熱を発しており、近くに冷たい空間があると、この熱はどんどん奪われていきます。熱は暖かいところから冷たい所に移動するというわけなんです。

 

 

例えば、冬に「床・壁・天井・窓の表面温度が低くて室温が高い」場合と「床・壁・天井・窓の表面温度が高くて室温と変わらない」場合とでは後者のほうがより快適に感じるのです。実は対流よりも輻射のほうが快適さを感じるのです。

 

快適に過ごすための鍵は、冬に壁や床・天井・窓の表面温度を高めに保つためにそれらの部位の熱が逃げないように断熱材をしっかり入れること、そして隙間風が入らないように気密を高めることが大切なんです。

 

快適なお家づくりに大切なことはまだまだたくさんあります。家づくり学校では、皆さんに知って頂きたいことがたくさんあります。家づくりで迷ったらぜひ、家づくり学校へお越しください。お待ちしております。

 

セミナーも開催しております!詳しい日程・日時はこちらからご覧ください。

リフォームを考えた時に「何から始めればいいのか」「どこまでなおさないといけないのか」分かりにくいことがたくさんあります。後悔しないリフォームを進めるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

こんにちは。
家づくり学校アドバイザーの木内です。昼と夜の寒暖さがあるせいか娘が体調を崩してしまいました。熱があるのにはしゃぎまわる娘。はらはらドキドキの日々でした。今はすっかり元気になって今日もはしゃいでいました。

 

 

リフォームの上手な進め方

 

 

進め方1.無理のない予算を考えよう

新築の場合と同じく、自分たちにとって無理のない予算を考えることが一番大切です。ライフプラン(生涯設計)を踏まえ、何年住むためのリフォームなのか? を想定し、かけられる予算を把握しましょう。ローンを利用する場合は、新築と同じく、どのくらいなら借入、無理なく返済できるかを確認しましょう。また、リフォーム工事は住みながら進めるのが一般的ですが、大規模な工事や内容によっては、仮住まいを用意しなければならない場合もあります。工事費以外にもお金がかかることをふまえて、ゆとりを持った資金計画を立てましょう。また、国や自治体ではリフォーム工事向けの助成や税制優遇などの支援策を設けている場合があるので、確認しましょう。

 

 

進め方2.リフォームで実現したいことを決めよう

現在の家に対して日ごろから感じている不満や不具合、要望を話し合い、リフォームしなければならない箇所やリフォームで叶えたいことを整理し、スクラップするなどしてイメージを具体化しておきましょう。要望をまとめることが大切になってきます。ただし、やりたくても、建物の状態や間取り、技術的・法律的な制約から実現できないこともあります。リフォームの前には専門家による建物診断(インスペクション)を行い、建物の状態を把握しておきましょう。全面的なリフォームが必要な状態なら、建て替えた方がよい場合もあります。予算的に厳しい場合もあるので、要望を書き出して、優先順位を付けておくといいでしょう。また、新築時の図面や建築に関する資料を用意しておきましょう。マンションの場合は、管理規約などでリフォームに関して取り決めがないかどうか確認してください。

 

 

進め方3.信頼できる会社を選ぼう

ハウスメーカー、工務店、リフォーム専門業者など業態も様々あります。それぞれの特徴を知り、会社を見極め依頼先を決めましょう。

 

 

 

進め方4.内容を確認して契約&現場を確認しよう

どんなに小さな工事でも必ず書面で契約しましょう。契約書(工事請負契約書)には一般的に金額や工期、支払い方法など基本的な事項の他、リフォーム後の間取りが分かる「設計図書」や設備や使用する材料等の「仕様書」、金額の内訳を示す「見積内訳書」、契約に関する約束事を明記した「請負契約約款」などが添付されます。のちのちのトラブルを防ぐためにも、わからないことは必ず契約前に確認し、十分納得してから進めましょう。また、工事中はできるだけ現場に足を運び、契約通りに工事が進んでいるかを確認しましょう。特に、断熱改修や耐震補強など、完成したら壁などで隠れてしまうところはしっかり見ておこう。工事中に内容を変更・追加する場合は、再度見積もりをもらい、書面や図面を出してもらって契約変更を行いましょう。工事完了後は、仕上がりを確認し、設備の使い方等の説明を受けます。契約書等の書類は保管し、保証の取り決めがあれば保証書も交付してもらいましょう。

 

家づくりと同様、リフォームも分からないことがたくさんあると思います。まずは、後悔しないようにリフォームで大切なことを知りませんか?家づくり学校では「リフォームか」「建て替えか」それぞれのメリット・デメリットを知っていただきリフォーム会社の見極めポイントをお伝えしております。リフォームで迷ったらぜひ家づくり学校へお越しください。お待ちしております。

 

セミナーを開催しております!詳しい日程はこちらからご覧ください。

 

家づくりはまず土地だろうと土地ばかり探している方、結構いらっしゃいます。土地ばっかり探していると「落とし穴」に陥りやすいのです。土地探しの成功のポイントをご紹介します。

 

こんにちは。
家づくり学校アドバイザーの木内です。先日、娘の保育園で保育参加をしてきました。普段、子どもが保育園でどんな様子で遊んでいるのかを体験させてくれるんです。一緒に入園した子どもたちも大きくなったなと思いました。子どもたちと一緒にトランポリンをしたり平均台で遊んだりしました。子どもの成長は早いなと感じました。

 

 

先日、お越しいただいたお客様とお話しているとここの土地で家づくりを考えていますと・・・。土地ばかり探していると土地と家のバランスが悪くなります。どんなところに住むかももちろん大切なことですが土地ばかり探していると失敗しやすいんです。なので今回は、土地探しのポイントを見ていきたいと思います。

 

 

 

住まいのイメージを固めておこう

土地探しの前に、「住宅計画」をしっかり立てておくことが大切です。無理のない予算を立て、建物費用をふまえて土地予算を考えましょう。建物基準で考えてください。でないと土地ばかりにお金をかけて家にお金をかけられない方が結構多いんです。バランスを考えて家づくりを考えることが大切なんです。そして希望をリストアップしましょう。判断もしやすくなるし、不動産会社や住宅会社から情報提供してもらう際にも、希望を明確に伝えるのに役立ちます。

 

 

 

 

現地見学は情報を絞り込んでから

闇雲に見すぎると予算と条件が上がるばかりでなかなか決められないものです。また、エリアを絞って情報収集しないと相場が見えてきません。情報の段階で十分に候補を絞ってから、よいと思える土地を見学に行きましょう。希望が100%叶うまで探したいと思いますが、そんな場所は相当な予算が必要になる可能性が高いのです。希望の7割を満たせば決断のタイミングだと思ってください。

 

 

同時進行で住宅会社を決めよう

住宅ローンの本申込には住宅会社との工事請負契約書が必要です。土地が見つかってから「急いで住宅会社を決めない
と!」と慌てないよう、土地探しと同時に住宅会社の検討も進めていきましょう。

土地探しと住宅会社を同時に始めるメリット

①気になる土地が見つかったら、依頼先の建築のプロに土地をチェックしてもらえます。(土地には法規制をはじめとする、家を建てるためのチェック項目が山のようにあります)

②土地と建物の予算バランスがよくなります。

③住宅会社から土地情報が入手できます。

 

家づくりには知っておかないといけないポイントがたくさんあります。家を建てた方の約6割が何かしらの後悔をしています。知らないから後悔するものだと思います。家づくりに大切なポイントを知って後悔しない家づくりをしませんか?家づくり学校では、無理のない予算や会社別の特徴・価格をお伝えした後、賢く家を建てるためのポイントをお伝えしております。「何から始めたらいいのかわからない」「土地はどうやって探すの」などいろんなお悩みをお聞かせください。ひとつひとつ一緒に解決していきませんか?家づくり学校でお待ちしております。

セミナーを開催しております!詳しい日程・内容はこちらからご覧ください。

皆さんはどんな家に住みたいですか?省エネな家、過ごしやすい快適な家といろいろあります。私は、娘や将来のことを考えて健康で快適な家に住みたいと思います。健康な家づくりに大切なことを少しご紹介したいと思います。

 

こんにちは。
家づくり学校アドバイザーの木内です。最近、暑くなりましたね。2~3日前には急に激しい雨が降ってきてびっくりしました。そうそろそろ梅雨の時期になりますね。暑くてジメジメこんな時期は、子どもも大人も病気にかかりやすいですよね。健康で快適に過ごすにはどうしたらいいのか少し見ていきましょう。

 

 

健全・健康な家とは?

快適性・・・夏涼しくて、冬暖かい

省エネ性・・・冷暖房費がかからない

耐久性・・・結露やカビが発生しない

基本性能の高い家を建てることが必要になってきます。基本性能が高い家は、熱帯夜でもぐっすり眠れ、冬は裸足でも過ごせ、省エネで結露しない家になります。

 

 

基本性能の高い家は、高気密・高断熱の家になります。高気密・高断熱の家にすると実は、健康になっていくんです。冷え性やアトピー、喘息などの病気が改善されていきます。

 

 

ただ、気をつけないといけないのが結露です。結露は非常にやっかいなんです。結露がカビを育てカビがダニを育てます。ダニの糞や死骸がアトピーや喘息の原因になっています。結露は、家を劣化させるだけではなく病気の原因になってしまうんです。では、結露にならない家を作るにはどうすればいいのか?家づくり学校でお伝えしておます。ぜひ、お越しください。

 

家づくり学校では家づくりに必要な知識を皆様に見につけていただきたいと思っております。まずはお気軽にご相談くださいませ。皆様にとって本当に役立つ情報をお伝えさせていただきます。

 

セミナーを開催しております!詳しい日時・内容はこちらからご覧ください。

今、ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)の普及が加速しています。国は2020年までに標準的な新築住宅をZEHとし、さらに10年後の2030年には新築住宅の過半数をZEHにすることを目標として掲げています。今回はZEHのメリットをご紹介します。

 

 

こんにちは。
家づくり学校アドバイザーの木内です。最近、娘が寝る前に本を読んでいます。好きな本は覚えて私にお話してくれます。一生懸命な姿に癒されます。

 

 

 

ZEHのメリットとして最初に挙げられるのが「光熱費の削減」です。快適性の向上、健康面の効果も挙げられます。また、災害時にはエネルギーを自給自足できる点では減災につながります。また、国としても国土交通省、経済産業省が補助金事業を実施し、ZEH普及を後押ししています。現状では建物自体の性能向上や省エネ設備の導入などにより建築費用は一般住宅と比較すれば高くなる傾向ですが、将来的な資産価値もふまえてしっかり検討してください。

 

 

エネルギーを自給自足する住まい ZEHを建てる4つのメリット

1.健康な暮らし環境への貢献

高断熱化により、一年を通して快適な室温になる。温度差によるヒートショックなども防げる。省エネルギーなので環境にも優しい

 

2.ランニングコスト削減で長期的にみてお得

建築費用はかかるが、光熱費の削減、税制優遇、健康や防災面での利点などトータルで見ればお得です。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

 

3.災害時の自立、防災・減災

再生可能エネルギー導入は、災害時のエネルギー自立を実現しています。災害時の生活への影響への抑制することができます。

 

4.補助金が利用できる

高性能化するためにかかる費用を申請して許可されれば補助金を受けられます。詳しくは住宅会社に聞いてみましょう。

 

これからの家づくりには、省エネ・ゼロエネが求められる時代になってきます。知っておかないといけないポイントを家づくり学校ではお伝えしております。家づくりに迷ったらぜひ家づくり学校にお越しください。お待ちしております。

セミナーを開催しております!詳しい内容・日時はこちらからご覧ください。

 

いよいよ3年後の2020年、すべての新築住宅に対して省エネ基準が義務化になります。これからどんな家を建てる必要性があるのかをご紹介します。

 

こんにちは。
家づくり学校アドバイザーの木内です。
先日、娘と近くの公園にストライダーをしに行きました。庭が狭いのでなかなか思う存分走れないのですが、広い公園で思いっきり楽しんだみたいです。

 

 

 

 

 

 

省エネ基準、義務化まであと3年。

2020年に省エネ基準が義務化されます。今は基準をクリアしなくても家は建てられますが、省エネ基準は義務化以降、最低限クリアすべき条件となります。適合していない家は「既存不適格」な住宅とみなされ、資産価格を大きく落としてしますいます。これからは省エネ基準の家を建てる事が必須になってきます。同じく2020年には、省エネ基準を大きく上回る省エネ住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)が日本のスタンダードな住いになってきます。

 

 

 

なぜ省エネ基準の義務化が必要なのか?

日本人の生活の向上により、日本の家庭におけるエネルギー消費量は、初めて省エネ基準が制定された40年前に比べて約1.9倍になりました。COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)において、日本は2030年までに温室効果ガス排出量の26%の削減を公約。家庭においては約39%削減が求められています。住宅の省エネ化は日本にとって急務なのです。

 

 

これから家づくりを考えるにあたって自分たちがどんな家を建てたいのかどんな家に住みたいのかの要望をまとめることが大切です。家づくりで迷ったり悩んだりしたらぜひ家づくり学校へお越しください。悩み解決の手助けが出来ればと思っております。

 

セミナーを開催しております!詳しい内容はこちらからご覧ください。

 

家づくり学校アドバイザーの木内です。本日、来られたお客様で何社か見学訪問をされていて「一体どこで建てたらいのか分からなくなりました」と言うことでご来校されました。どこの会社に行ってもうちが一番、何でも出来ます。果たして本当に出来るのか不安になりましたと言うことでした。では、迷わないためには何から始めればいいのかをお話します。

 

 

無理のない予算を考える

無理のない予算を考えるのは大切なことです。家づくりが人生のすべてではありません。建てた後は生活していかなければいけないのです。無理をして借入してしまうと旅行に行けなくなったり、ローンを返すために働きづめになったりしないといけなくなるかも知れません。そうなってしまったら後悔してしまうかもしれませんね。まずは、無理のない予算を考えましょう。

 

 

要望をまとめましょう

どこの会社か迷ってしまうのは、自分たちに家づくりの基準がないからなんです。自分たちに要望があると迷いにくくなります。しっかり要望をまとめることが大切になってきます。

 

 

信頼できる会社に頼みましょう

家を建てるのに大切なのは「人」です。安心して任せられるプロとの家づくりを考えましょう。

 

家づくり学校では、無理のない予算をはじめ会社の特徴や価格、会社の見極め方など後悔しないための大切なポイントを伝授しています。

家づくりに迷ったらぜひ家づくり学校にお越しください。お待ちしております。

セミナーも開催しております!詳しい内容や日程はこちらからご覧ください。

個別相談の方はこちらからご応募くださいませ。

 

今は、史上空前の低金利時代といわれていますが、身の丈に合わない住宅購入をしてしまうとその後の人生が台無しになる可能性もあります。家族の将来にどんな影響を与えるのかきちんと考えてマイホーム計画を立てる必要があります。

 

こんにちは。
家づくり学校アドバーザーの木内です。
先日、シャボン玉で娘と遊びました。きれいなシャボン玉が出来て大喜びですが、途中から自分で作ったシャボン玉を捕まえに行こうと走り回る娘。最後には、私にシャボン玉を作らせてシャボン玉を追い掛け回していました。

 

 

今回は、子育て世代の住宅ローン選びで気をつけたいポイントを4つの失敗をご紹介します。

 

 

 

住宅ローンの失敗①

ローン返済額を今の家賃並みにすれば大丈夫と思っていた

返済するにあたって気をつけないといけないのが「現在の家賃と同じ額なら払っていける」という誤解です。子育て世帯の中でも、現在は共働きで家づくり後に出産の予定がある場合は特に注意が必要です。産後も今の働き方を続けられるのかどうかを考える必要があります。

 

 

 

住宅ローンの失敗②

繰り上げ返済をすれば大丈夫!と思っていた

返済期間をとりあえず35年で勧められる事が多いですが、出来るだけ短期間で借りるのがベストです。繰り上げ返済すれば借入期間は短縮できますが、その資金が準備できる家計収支になっているかが問題です。

 

 

 

住宅ローンの失敗③

低金利なので借してもらえるだけ借りた方がお得だと思っていた

低金利の今、借りられるだけ借りた方が得と言われる場合もありますが、借入金額は金利に関係なく、無理なく返済できる範囲に留めるのが鉄則です。毎月の支払額を減らそうとボーナス払いを多くするのも非常に危険です。今のご時勢、現在のボーナス額が続く保証はありません。ボーナスに頼らない返済計画を作りましょう。

 

 

住宅ローンの失敗④

住宅ローンを金利の安さで選んだ

確かに今は史上空前の低金利です。しかし、その金利がいつまで続くのかは誰もわかりませんし。銀行も保証してはくれません。「低金利だから毎月の返済はこんなにお安くなります!」というセールストークを鵜呑みにして安易に変動金利で借りてしまうと、金利が上がった時に返済額が膨らんでしまいます。

 

 

子育て世代では、転職や支出が増えたりということが重なって、家計の収支バランスが崩れてしまうこともあると思います。家は生活を楽しむために建てるものです。ゆとりある資金計画を立てて、理想のマイホームを実現しましょう!

家づくり学校では、無理のない予算を考え、会社別の特徴・価格をお伝えした後、会社の選び方を伝授しています。

家づくりに迷ったらぜひ家づくり学校へお越しください。

セミナーも開催しております!詳しい日程や内容はこちらからご覧ください。

 

地震大国といわれる日本。ここ数年の地震の多発により、住宅の耐震性への関心がいっそう高まっています。大切な家族の命を守るためにも将来を見据えた計画が大切になってきます。

 

こんにちは。
家づくり学校の木内です。最近、パズルがお気に入りの娘。特にアルファベットパズルがお気に入り♪私のところにパズルを持ってきて当たると“ピンポーン”はずれると“ブッブー”とはしゃぎながら遊んでいます。子どもは無邪気ですね。

 

 

 

“大切な家族を守れる強い家”がキーワードに

家を建てる上で重視したいこととして常に上位に上がっているのが「耐震性」です。今後30年以内に70%の確立で南海トラフ地震の発生が予測されていて、香川県でも被害が想定されています。安心して暮らせる自然災害に強い家づくりをするための対策を考えてかないといけませんね。

 

 

 

 

耐震等級3が標準の時代に

建物の耐震性能は等級1,2,3の3段階です。長期優良住宅では基準が等級2以上ですが、想定外の地震が多発する今、より強い地震にも倒壊しない最高等級の耐震等級3を標準仕様の住宅会社も増えてきています。家は家族を守る“シェルター”にもなり得るのでより大きな安心が今、求められているのかも知れないです。

 

 

耐震性を決めるのは地盤・基礎・構造

住宅の耐震性を高める上で重要なのは、「地盤」「基礎」「構造」の3つ。構造強度への関心が高いですが、地盤や基礎については意外と知られていません。しかし、いくら強い建物を建てても、それを支える地盤や基礎が弱ければ、耐震性を確保することはできないのです。大切なのは、地盤調査を行い、適切な地盤補強を施し、きちんと基礎工事が施工されているかどうかです。そして、その丈夫な基礎の上に、土台と柱がきちんと組まれているかどうかなのです。安心の家づくりのためには、きちんと施工してあるかどうかが大切です。

 

 

家づくりの後悔は「知らずして建てた」ことに原因があると言われています。まずは「大切なこと」を知ることから始めませんか?後悔しない理想の家づくりへの出発点として、どうぞ「家づくり学校」をご利用ください。

 

セミナーを開催しております!詳しい日程や内容はこちらからご覧ください。

家づくりを始めるにあたって知っておかなければならない知識がたくさんあります。「なにげなく・・・」で住宅展示場に見に行っても、何をどうしたらいいのか分からないので結局迷うことになってしまいます。迷わないための秘訣をお伝えします。

 

こんにちは。
家づくり学校の木内です。
先日、サンポートの噴水で水遊びしてきました。お天気も良くて他の子供と一緒にはしゃぐ娘でした。子供が無邪気にはしゃいでいると何だかほっこりします。

 

 

 

住宅展示場やモデルハウスを見に行ったがどの会社に頼んでいいかわからなくなったという方が最近、多くなってきたような気がします。家は人生で大きな買い物。やみくもに行動してしまうと後悔してしまうかもしれません。その前に少し家づくりの知識を持って始めてみませんか。家づくりの進め方をご紹介します。

 

 

 

 

基本知識を身に付けよう

家づくりの予算の考え方から家づくりにかかるお金のことや住宅会社ごとの違いや特徴、価格の目安、要望のまとめ方、土地探しのポイント、これから建てるなら必ず押さえておきたい住宅性能や建てた後のアフターメンテナンスのことなど、知っておかなければならない知識がたくさんあります。「なんとなく・・・」でモデルハウスを見に行ったり資料請求したりしてみても、基本知識がなければ、自分たちがどんな家を建てたいのか、何をどう見ればいいのか、どう選択していけばいいのかわからず、結局迷うことになります。まずはしっかり学んで、賢く選択できる目を養いましょう。

 

 

無理のない予算を考えよう

家づくりには建物・土地代に加え、付帯工事費や諸費用が必要となります。ゆとりのある生活をしていくには無理な返済計画は禁物です。子どもの教育資金や老後などの将来の人生設計もふまえた上で、毎月無理なく返済できる金額を慎重に判断しましょう。

 

コストの配分を考えよう

限られた予算の中で理想の家を実現するには、 優先順位の高い項目にバランス良くコストを割り振ることが大切です。やり直しのきかない構造部分にはより多く、後々交換する設備や内装などは抑えて、など予算の配分を考えることが大切です。

 

 

要望をまとめましょう

家族でどんな家に住みたいのかを話し合い、間取りや必要な広さな何で必要なのかを箇条書きにしましょう。また、ライフスタイルや住み心地、住宅性能や健康面への配慮など、家づくりにおいて重視したいこともまとめておきましょう。要望が具体的になれば、自分たちがどんな住宅会社を選んでいけばいいのかも見えてきます。

 

 

住宅会社を見極める

住宅会社選びは家づくりにおいて大切なことです。条件や価格、デザインなども大事だが、何よりも信じて思いを託せる会社かどうかが鍵です。数多くの会社からそんな1社を見つけるためには、やみくもに行動するのではなく、自分たちの要望や予算をしっかり把握した上で、要望を叶えてくれる会社かどうか判断しないといけません。そして建物見学するのはもちろん、家づくりに携わる人に会い、じっくりと話をすることで、知識と経験を持ち、思いを形にしてくれる建築のプロかどうか、安心して任せられる会社かどうかを見極めていきましょう。

 

 

「何から始めればいのか」「自分たちの家づくりは出来るのか」「どこの会社がいいのか分からなくなった」など不安や悩みはひとそれぞれだと思います。家づくりに行き詰ったら家づくり学校にお越しください。皆様の不安や悩みを解決する手助けが出来ればと思っております。

 

定期的にセミナーを開催しております!詳しい日程や内容はこちらからご覧ください。

 

家づくりアドバイザー

家づくり学校 高松

家づくり学校:高松 - 大日南 俊介

大日南 俊介
オオヒナ シュンスケ

一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくりは楽しむものです。苦しみながら頑張るものではありません。楽しくなくなったときは、一旦ひと休みしましょう!そんな時は、お気軽に家づくり学校を覗いてみてください。これまで10年、住宅情報誌を作ってきましたが、その中では伝えきれない、大切で家づくりが楽しくなる情報をお伝えします!一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくり学校:高松 - 村尾 茂樹

村尾 茂樹
ムラオ シゲキ

納得の家づくりを
全力でサポートします!

家づくりって何から始めればいいのか分かりづらいもの。生涯最大の買い物だからこそ皆さんの納得のいく、思い描く理想の家を建てて欲しい!!その夢を実現するために全力でサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。

家づくり学校:高松 - 木内 恭子

木内 恭子
キウチ キョウコ

家は家族が集う大切な場所です

何から始めたらいいのか、不安や悩みを抱えている方は多いと思います。そんな時には家づくり学校にお越しください。ひとつひとつ悩みを楽しみに変えていきませんか?夢への第一歩のお手伝いをさせていただきます。

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地や戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン

■本サイトに関するお知らせ■
ネットワーク回線工事の実施に伴い、下記日程でサービスが停止します。
【サービス停止時間帯】
平成29年7月19日(水) 0:00 ~ 05:00
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。