謹賀新年!2017年から始める家づくり

新年、明けましておめでとうございます。
家づくりアドバイザーの村尾です。
お正月は皆様いかがお過ごしになられましたでしょうか。お正月といえば、お雑煮ですよね。

お雑煮

香川県では白味噌にあん餅が普通なのですが、これは他県から見ると特殊みたいですね(笑)マツコデラックスが出ている番組でも特集されておりました。お餅はあまり好きではありませんが、お雑煮のお餅は大丈夫なんですよね。ぜひ、試してみてください。

 

さて、家づくり学校高松校は昨日1/5から開校しております。お正月にゆっくりとご家族とお話する事ができて、今年こそは家づくりを始めようかなと思われたご家族もあるかと思います。それで、明日からの3連休で展示場を見てみようかなと思っているご家族はちょっとお待ちください!!

もちろん、建物を見にいく事はとても大切ですが、なんとなくで見にいっても余計に分からなくなる事もありますよ。まずはご自身の家づくり知識を身につけていただいてから、建物を見学しにいきませんか?

 

家づくりの進め方が分かるセミナーを開催

3連休中の1/7(土)、1/9(日)に家づくり学校の基礎セミナー

後悔しない・失敗しない・大満足な家づくり

108つのポイント、極みセミナー!

を開催いたします。

開催時間:13:00 - 16:00

1月家づくりセミナー

家づくりにおいて後悔の原因は「知らなかった」です。だからこそ、家づくりを成功させるためには数多くのポイント「知る」ことが肝心です。まずは無理のない予算を考え、会社別の特徴・価格をお伝えした後、選び方を伝授いたします。賢く建てるための極意が、ぎっしり詰まったセミナーとなっております。

 

3年後の2020年には家づくりの基準が変わり、住宅革命がおきます。それは一体、どのように変わってくるのか?また、2020年だけではなく、2030年にはどうなっていくのか、数年先だけではなくて、これから何十年も暮らしていくお家だからこそ、失敗や後悔しないようにしっかりと学んでいただいてから、家づくりを進めていただきたいと思います。

 

まずはお気軽に家づくり学校にお越しくださいませ。

目からウロコの情報をお伝えさせていただきます。

 

 

2017年01月06日(金)

2017年住宅トレンド大予測!!省エネ住宅編

皆様、明けましておめでとうございます。家づくりアドバイザーの大日南です。本日より高松校も営業しておりますので、本年もどうぞよろしくお願いします。

2017年正月

さて、新春第一弾のお題は・・・

香川で建てるなら知っておきたい最新動向をチェック!

2017年住宅トレンド大予測!!省エネ住宅編

イメージ1

家づくりにおいては、いよいよ省エネ基準が義務化される2020年まで残り3年となりました。これから香川で建てるべきはどんな家なのか?国が求める住まいのカタチから、消費税や中古市場の動向まで、2017年の住宅トレンドを徹底予測します。

今回は、省エネ住宅編をお届けします!

義務化まであと3年。省エネ基準、知らないではすまされない

国の進める低炭素社会へ向けてのロードマップ

省エネ基準の適合が義務化されるのは2020年。今は基準をクリアしていなくても家を建てることは可能です。しかし、省エネ基準は義務化以降、最低限クリアすべき条件となり、適合していない家は「既存不適格」な住宅とみなされ、資産価値を大きく落としてしまいます。

同じく2020年には、省エネ基準を大きく上回る省エネ住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)が日本のスタンダードな住まいとなろうとしています。すでに多くの住宅会社がZEHへの取り組みを加速させています。

Q.なぜ省エネ基準の義務化が必要なの?

エネルギー消費推移

A.これからの地球環境を考えると避けては通れない

日本人の生活の向上により、日本の家庭部門におけるエネルギー消費量は、初めて省エネ基準が制定された40年前に比べて約1.9倍になっています。COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)において、日本は2030年度までに温室効果ガス排出量の26%の削減(2013年度比)を公約としています。家庭部門においては約39%の削減が求められています。住宅の省エネ化は日本にっとって急務なのです。

イメージ2

Q.省エネ基準、気になる中身は?

A.「一次エネルギー消費量」で家の燃費がわかる時代に

瀬旧や天然ガス、水力、原子力などから得られるエネルギー、これらを加工して得られる電気や灯油、ガスなどを二次エネルギーと呼びます。住宅では様々なエネルギー源が使われており、それぞれ単位が異なる為、どのくらいのエネルギーが使われているのかを評価するのは難しい状況でした。

そこで、各エネルギーを一次エネルギーなで遡り「一次エネルギー消費量」として評価することで、車と同じく家も燃費がわかるようにしたのです。さらに、2016年4月からラベル等で建物の燃費性能を「見える化」し、家を建てる人がわかりやすく比較できるようになりました。

BELS

※住宅性能表示制度の第三者認証のひとつ「BELS(ベルス)」。一次エネルギー消費量を算定し、建物の省エネ性能を★の数(最大5段階)で表示。★★が省エネ基準適合レベル。(資料:一般社団法人住宅性能評価・表示協会)

A.高い断熱性能+省エネ設備の導入が必須に

省エネ基準では断熱性能の新たな基準を定め、これまで努力義務止まりだった基準の適合が義務化されます。断熱性能を向上させることで、より少ないエネルギーで冷暖房ができて省エネになる他、家全体の室温差が少なくなることでヒートショックなどの健康被害が軽減され、結露やカビによる建物劣化を防ぎ、住宅の資産価値維持につながるという複数のメリットがあります。

2020年からは一定の断熱性能の基準をクリアした上で、設置する冷暖房、換気、給湯、照明などの設備機器のエネルギー消費量、つまりは住宅全体のエネルギー消費量を計算し、それが基準値以下でなければ家を建てることができなくなるということです。

日射取得

Q.香川県で建てるなら、クリアすべき基準値は?

A.UA値0.87 nA値2.8

日本は地域によって気候に差があるため、クリアすべき基準値も一律というわけにはいきません。そこで全国を8地域に分け、地域ごとにUA値(外皮平均熱貫流率)とnA値(冷房期の平均日射熱取得率)、一次エネルギー消費量の基準を定めています。

外皮基準値

※UA値(外皮平均熱貫流率)・・・建物内部から外部へ熱が損失する熱量を外皮(外壁・床・天井・屋根・窓・ドア)等積で割った数値。但し、換気による熱損失は含まない

※nA値(冷房期の平均日射熱取得率)・・・日射により建物内部で取得する熱量を外皮等面積で割り、100を掛けた数値

寒冷地ほどUA値の基準値が厳しく、温暖地ほどnA値の基準値が厳しくなります。香川県は6地域に分類されるため、UA値は0.87、nA値は2.8以下であることが求められます。

次回はトレンド予測第2弾として、「ZEHの普及が加速」と題して、今後のスタンダードな住まいの形について解説レポートをお届けする予定です!

2017年度も初日からパワー前回で、皆様の大満足な家づくりの為にサポートいたします。

家づくりに迷ったり悩んだりされたら、まずは家づくり学校高松校へお気軽にお越しくださいませ。皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております。

 

2017年01月05日(木)

先輩ママに聞こう!理想のダイニングキッチンプラン

こんにちは、家づくりアドバイザーの大日南です。今年もあと残りわずかとなりました。やり残したことがないように、最後まで走りきって、また新たな気持ちで新年を迎えたいものですね。

除夜の鐘

さて、今年最後のお題は・・・

先輩ママに聞こう!理想のダイニングキッチンプラン

様々な実例をご紹介するので、「こんな空間をカタチにしたい!」と思ったら、是非参考にしてみてください。

広々としたスッキリ感にこだわって

広々としたスッキリ感にこだわって

キッチン背面の収納を鏡張りにすることで、空間を広く見せられる。天板の広いキッチンはダイニング代わりにも使え、空間の有効活用が可能

毎日過ごす場所だから こだわりの素材を

毎日過ごす場所だからこだわり素材を

アンティーク仕上げの栗無垢材のフローリング、味わいのある珪藻土の壁など、和モダンで素材感のある空間を演出

高級感あふれるお気に入りの空間

高級感あふれるお気に入り空間

トーヨーキッチンの高級感溢れるキッチンが印象的。オリジナルのアートガラスドアで、お気に入りのイメージを演出

ガレージへの動線が便利

ガレージへの動線が便利

キッチン脇の勝手口から直接ガレージへ。たくさんの買い物もスムースに室内へ運び入れられ、ラクラク

こだわりのシックなデザイン

こだわりのシックなデザイン

シックな色合いで演出した、大人の感性漂うキッチン。お気に入りのテイストに囲まれて、毎日の家事の時間が楽しくなる

リビングが見えるキッチン

リビングが見えるキッチン

リビングとは別にしたキッチン。扉はなくし、リビングが見える小窓も作って、ゆるやかに繋がる空間へ

トータルにコーディネートした空間

トータルコーディネートされた空間

オーダーメイドのキッチンが映えるDK。ブラックチェリーの床に合わせて、同じ素材のダイニングテーブルやチェアで揃えた

一体感とスペースの区切りを両立

一体感とスペースの区切りを両立

キッチンの床材を他スペースと変えることで、仕切らなくてもちょっとした独立した空間に。ダイニングとの一体感も保てる

「お気に入りの場所だから、前より料理が楽しい♪」、「自分なりのデザインの中に、毎日の生活がある」、「家族との繋がりも大切なポイント」、「カタチにも素材にもこだわり抜いた」などなど・・・

大満足で家づくりを終えられた先輩ママの声がたくさん聞こえてきます!

年末年始は、家族が揃ってゆっくり過ごされる方も多いと思います。家づくり計画を話し合うには、ちょうど良い時間(タイミング)ではないでしょうか。

後悔や失敗をせず、大満足な家づくりにする為にも、じっくりと時間をかけて「どんな暮らしを実現したいのか?」、「いくらくらいの費用をかけるのか?」、「こだわりたいポイントは何なのか?」・・・

取り上げるときりがないかもしれませんが、それぞれのご家族ごとに要望は違うはずですので、自分たちオリジナルの家づくり計画を立ててみてください!

困ったり、悩んだりしたときは、私たち家づくり学校が全力でサポートをさせていただきます。

本年も多くのご家族に、家づくり学校高松校をご利用いただきました。大満足で家づくりを終えられた方もいらっしゃれば、まだまだ家づくり奮闘中の方、ゆっくり時間をかけてこれから本格化させていく方など、様々です。

来年も引き続き、「後悔しない・失敗しない・大満足な家づくり」の為に、スタッフ一同、しっかりとサポートを勤めさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

※年末年始休暇のお知らせ

12/29~1/4 【年始は1/5から開校いたします!!】

 

2016年12月28日(水)

年末年始は家づくりの要望をまとめてみましょう

こんにちは。
家づくりアドバイザーの村尾です。
昨日、クリスマスケーキにと高松の有名店「かにわしタルト」でケーキを買って帰りました☆

かにわしタルト

(いちごとホワイトチョコのタルト)

いちごの甘酸っぱさとホワイトチョコの甘さがマッチして、とても美味しかったです。いちごとチョコのペアはマストですね♪

 

さて、今年も残り1週間。家づくりが順調に進んでいる方、全く進んでいない方、進め方も分からない方などいらっしゃるかと思いますが、年末年始はご家族でゆったりと過ごす時間だからこそ、家づくりのお話を真剣にされてみてはいかがでしょうか。

こたつとみかん

(正月はこたつとみかんがマストですね笑)

 

家づくりの要望をまとめよう

生涯にわたって必要な住宅要望を出してみる

まずはご家族で何でも良いので、家づくりの要望を書き出してみてください。デザインや素材、設備など気になる要望を思いつく限り、意見を出し合ってください。そうして出てきた意見を箇条書きで良いので、まとめておくことで住宅会社の方とスムーズに打ち合わせが出来たりします。

家づくり要望

(どんな家づくりがしたいのかをまとめておきましょう)

スクラップブックをつくってみよう

家づくり学校がおすすめしているのは好きな外観や内装などの写真を切り取って貼り付けていただくスクラップブックの作成です。ご家族の好きな写真を集めていくうちに似たような写真ばかりが集まってきますので、ご家族にとってどういった家づくりがしたいのかが見えてきたりします。

家づくり要望

(家づくり学校ノートで簡単にまとめる事ができます)

 

また、年末年始は実家に帰省するなどご両親ともゆっくりお話できるチャンスです!援助資金をお願いする場合は具体的な家づくりのプランをもってご相談してみてください。なんとなくのお話よりかは具体的なお話をされた方がご両親もイメージがしやすいものです。

 

家づくり学校では家づくりの要望のまとめ方もお手伝いさせていただきます。年末年始でご家族で話あったものの、この後どう進めていけば良いか分からない方はぜひ、家づくり学校にお越しくださいませ。

年末は12/28(水)まで営業。年始は1/5(木)からの営業になります。

来年こそは理想の家づくりに向かって、進めてみませんか。

2016年12月26日(月)

家づくり学校から最新住宅情報をお届け☆

メリークリスマス☆
家づくりアドバイザーの村尾です。
昨日、我が家は久しぶりにケンタッキーのフライドチキンを食べました。このクリスマスにフライドチキンを食べるという文化は日本発みたいですね。その風潮を広めていったのが、かのKFCつまりケンタッキーフライドチキンだそうです。

ケンタッキー

久しぶりに食べたフライドチキンは美味でした!昨日の夜にサンタは残念な事にきませんでしたので、今日はケーキでも買って帰ります(笑)

さて、今日から毎月配布しております「ぴったんこ1月号」を皆様にお届けします。今月号も素敵なご家族に表紙を飾っていただきました☆

ぴったんこ1月号

(自分たちにピッタリの暮らしが見つかります)

「ぴったんこ」は家づくり学校が地域限定で配布している冊子です。家づくりに関する事はもちろん、地域のお仕事情報やグルメ情報も掲載しています。更に毎月開催する家づくりに関するセミナー情報も掲載しており、家づくりを検討されているご家族に役立てていただける内容となっています。

「ぴったんこ」が配布されていない、定期的に送って欲しい!という方はぜひ、コチラからお問い合わせくださいませ☆毎月、お送りさせていただきます。

 

1月度開催セミナー情報

後悔しない・失敗しない・大満足な家づくり

108つのポイント、極みセミナー!

1月家づくりセミナー

(詳細はクリック)

開催日:1/9(月),14(土),15(日),22(日),29(日)

開催時間:13:00-16:00

【主な内容】

・何から始めるの?無理のない予算とは?

・どんな会社があり、どれくらいで建てられる?

・ハウスメーカーと工務店の違いは?

 

マイナス金利で失敗しない賢い住宅ローン選び借入術

1月大熊FPセミナー

(詳細はクリック)

開催日:1/22(日)

開催時間:10:00-12:00

【主な内容】

・超低金利時代の賢いローン選択術とは?

・らくらく返済を実現する家計見直し術

・自分たちにぴったりの住宅ローン選び!

 

適正な住宅購入時期と借入金額をらくらく発見術

1月遠藤LPセミナー

(詳細はクリック)

開催日:1/14(土),28(土)

開催時間:10:00-12:00

【主な内容】

・マイホーム実現のタミングはいつ?

・住宅にいくらまでお金をかけて良いの?

・家族の「未来予想図」を一緒に作って学ぼう!

 

家づくり学校ではセミナーや個別相談を通して、家づくりに大切な事をお伝えしております。

それはご自身の予算や必要な建築費、土地探しなど。

失敗・後悔しない家づくりのする為に家づくり学校で勉強してみませんか?

皆様のご来校をお待ちしております。

2016年12月25日(日)

家づくりアドバイザー

家づくり学校 高松

家づくり学校:高松 - 大日南 俊介

大日南 俊介
オオヒナ シュンスケ

一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくりは楽しむものです。苦しみながら頑張るものではありません。楽しくなくなったときは、一旦ひと休みしましょう!そんな時は、お気軽に家づくり学校を覗いてみてください。これまで10年、住宅情報誌を作ってきましたが、その中では伝えきれない、大切で家づくりが楽しくなる情報をお伝えします!一緒に楽しくて後悔をしない家づくりをしましょう!

家づくり学校:高松 - 村尾 茂樹

村尾 茂樹
ムラオ シゲキ

納得の家づくりを
全力でサポートします!

家づくりって何から始めればいいのか分かりづらいもの。生涯最大の買い物だからこそ皆さんの納得のいく、思い描く理想の家を建てて欲しい!!その夢を実現するために全力でサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。

 

アドバイザーに相談したい

家づくり学校

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識を身につけ、 実際に建物を体感することにより、 自分にぴったりの家づくりパートナーを 見つけていただくサービスです。

家づくり学校

家づくり学校について知りたい
家づくり学校のご案内
相談実例、Q&A
問い合わせ・来校予約

セミナー&見学ツアー

家づくり学校では、テーマ別のセミナーや最新分譲地や戸建て、 マンションを巡る見学ツアーを開催しています。 日時など詳細は、 以下のリンクをクリックしてください。

家づくりセミナー&イベント

セミナー・見学ツアーのご紹介
セミナー・見学ツアーに参加する

お読みください

ご利用にあたっては以下の弊社コミュニティガイドラインを必ずご確認ください。
コミュニティガイドライン