自然の力で快適をつくるパッシブ設計とは

アドバイザーの山根です。家づくりをご検討の方であれば”パッシブ”という言葉を聞かれたことがある方も少なくないのではないでしょうか?パッシブという考え方は、省エネ住宅を考える上では基本となるもの。太陽光や風などの自然エネルギーを活用する考え方です。

ZEHの要件となっている断熱性能や高効率設備、再生可能エネルギーの導入だけでは本当の意味での省エネ住宅は実現できません。これらとあわせて、太陽光や風、水、地熱といった自然エネルギーを上手に活用することで冷暖房エネルギーを削減し、室内環境を快適にする「パッシブデザイン」が欠かせません。地域の特性や立地条件をふまえた上で、断熱、日射遮蔽、通風、昼光利用、日射熱利用暖房の5つの要素をバランスよく建物に組み込む設計技術、パッシブデザインをご紹介します。

 

通風

家全体に風を行き渡らせ、室内に溜まった熱を排出させるために欠かせない「通風」。その地域に吹く風の向きをふまえて建物内での風の動きを予測し、窓の配置や大きさを計画します。

 

昼光利用

昼間に太陽光だけで明るい室内を実現することで、照明エネルギーを削減できます。リビングなど昼間に長く過ごす場所には2面以上に窓を設けたり、自然採光のため建物の中心に庭を設けるなどの工夫があります。

 

日射遮蔽

「夏涼しく」を実現するためには日射を窓から室内に入れないことが重要です。日射熱をカットできれば、冷房に
使うエネルギーを減らすことができます。備後エリアは日照時間が長く、日射量も多いエリア。いかに夏の日射
を遮れるかが快適性を左右するポイントとなります。

 

日射熱利用暖房

冬に窓から日射熱を取り込み、その熱を蓄えて、主に夜間、暖房として利用する考え方です。日射熱を取り入れる「集熱」、逃がさないための「断熱」、蓄える「蓄熱」の3つが実現できれば、室温の変動が小さくなり、快適性が向上、暖房エネルギーの削減につながります。

 

断熱

パッシブデザインのベースとなるのが「高気密・高断熱」。外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱性能を高め、建物の保温性能を上げます。特に冬の暖房によるエネルギー消費量は多いので、冬暖かい家にすることは省エネにつながります。

 

家づくりと言っても、ただ箱をつくるわけではありません。住む人が快適に暮らせるように、省エネを考え、環境に優しい住まいになるように、様々な工夫が施されています。そういう事をきちんと考えてくれる住宅会社で家を建てたいと思いませんか?

家づくり学校は、箱をつくるだけ、利益目的の住宅会社ではなく、住む人のことを考えた家づくりができる住宅会社を知っています。お気軽にお問い合わせくださいね!