デザインと性能の相乗効果~吹き抜け設計の考え方~

吹き抜け

吹き抜けのリビング・・・天井が高く開放感のある空間に憧れがある方も多いのではないでしょうか?でも「吹き抜けのある家は冬寒い」という理由で、吹き抜けを嫌がる方がいるのも事実。本当にそうなのでしょうか?

ご存知の通り、冬場に1階でつけているエアコン(暖房)の暖かい空気は、吹き抜けを通って自然と上にあがっていきます。だから1階、特に足元が寒いと思われている方が多いんですね。おそらくそういう家に住んだり、知人の家にお邪魔したりしたことしかないのでしょう。

吹き抜けリビング

その原因は天井部分の断熱・気密性。粗悪な隙間だらけの断熱施工をしている家であれば、暖かい空気は煙突から煙が出ていくようにドンドン外へ逃げていきます。ということは・・・、外に温度が逃げない施工ができていれば問題解決。足元まで暖かい吹き抜けリビングの出来上がり。1階のエアコンだけで家中が暖かくなるというオマケ付きの家が完成します。

もちろん極端なデザイン性には求められる性能にも限界がありますが、デザイン性を求めるならば性能を高くする必要があります。大開口の窓などもそうですね。

みなさんはどんな家が理想ですか?デザインのことばかり考えていませんか?