条件付き土地の良し悪し

ここ最近、会長、会長と騒がれ、身内でもないのに何か気分が優れないアドバイザーの山根です。家づくり学校をご利用されるお客さまの中に、「既に良い土地候補が見つかってるんです。でも条件付き土地なんです・・・。」というお客さまが結構いらっしゃいます。”条件付き土地”良い面も悪い面もありそうですね。

条件付き土地を一言でご説明すると「指定の住宅会社が決まっている土地」であるということ。つまり、その土地を購入すると自動的に家を建てる住宅会社が決まるということ。土地の所有者と住宅会社が同一会社であったり、同系列会社であったりします。

だからこそのメリットはあります。土地と住宅会社がそれぞれ異なる会社の場合、当然土地と建物それぞれで利益を得る必要が出てきますが、条件付き土地の場合は同一または同系列会社のケースが多いため「建物で利益を得るための土地」と割り切っているケースもあり、結果的に土地が割安で手に入るということもあります。

しかし、家づくり学校をご利用されるお客さまからは「土地はいいけど、この住宅会社はどおなの?」という声が多数。どこの住宅会社が良いとか悪いという話はする必要もありませんし、私達はそんな話をする立場ではございません。但し、土地は良くても、その会社は本当にあなたが望む家を建ててくれる会社ですか?という部分を解決するお手伝いができます。

最終的に土地の場所が良すぎて「家はどこで建てても一緒だから・・・」と条件付き土地を購入される方もいらっしゃいます。家づくり学校で学んだ結果「どこで建てても一緒」という結論を出したのであれば後悔はないはずです。本当に一緒かどおかは、家づくり学校で学べば解決できます!