「省エネ住宅の基本」自然の力を使って光熱費を抑える

パッシブデザインは省エネ住宅の基本

自然エネルギーを活用するパッシブデザインは省エネ住宅の基本です。ZEHの要件となっている断熱性能や高効率設備、再生可能エネルギーの導入だけでは本当の意味での省エネ住宅は実現できません。合わせて太陽光や風、水といった自然エネルギーを上手に活用することで冷暖房エネルギーを削減し、室内を快適にする「パッシブデザイン」が欠かせません。

パッシブデザインの5つのポイント

地域の特性や立地条件をふまえ、断熱、日射遮蔽、通風、昼光利用、日射熱利用暖房の5つの要素をバランスよく建物に組み込む設計技術が大事です。

ポイント①断熱

パッシブデザインでベースとなるのが「高気密・高断熱」。外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱性能を高め、建物の保温性能を上げる。特に冬の暖房によるエネルギー消費量は多いので、冬暖かい家にすることは省エネにつながる。

ポイント②日射熱利用暖房

冬に窓から日射熱を取り込み、その熱を蓄えて主に夜間、暖房として利用する。日射熱を取り入れる「集熱」、逃がさない為の「断熱」、蓄える「蓄熱」の3つ実現できれば、室温の変動が小さくなり、快適性が向上、暖房エネルギーの削減につながる

ポイント③日射遮蔽

「夏涼しく」を実現するためには日射を窓から室内に入れないことが重要。日射熱をカットできれば、冷房に使うエネルギーを減らすことができる。いかに夏の日射を遮れるかが快適性を左右するポイントとなる。

ポイント④通風

家全体に風を行き渡らせ、室内に溜まった熱を排出させるために欠かせない「通風」。風の向きをふまえて建物内での風の動きを予測し、窓を配置を計画する。風を呼び込む袖窓や出窓を設置したり、換気により室内の熱を屋外へ排出するために高窓を設けるのも重要です。

ポイント⑤昼光利用

昼間に太陽光だけで明るい室内を実現することで、照明エネルギーを削減する。リビングなど昼間に長く過ごす場所には2面以上に窓を設ける、室内の奥まで明るさを取り込める吹き抜けや天窓、高窓を設けたり、建物の中心に庭をつくるなどの工夫がある。

普通にエアコンや暖房機器、照明等を使うと電力会社が請求書を送って来ます。でも自然の力であればどれだけ使っても請求書は送って来ません、どうせでしたら上手に自然の力を利用していくのも良いのではないでしょうか。

私たち「家づくり学校」は住宅会社ではありません、ですから家は建てられません!でも情報はたくさん持っています。建てた後、6、7割の方が後悔していると言われる家づくりです、後悔のない様に知った上で家づくりを進めていってくださいね。人生で一番高い買い物と言われている家づくりのこと、情報をお届けする立場として、しっかりとお伝えさせていただきます。満足のいく家づくりのお手伝いをさせていただきます。

家づくり学校 福山校について詳しくはこちらから

週末のセミナー情報はこちらから

個別相談のご予約はこちらから

お問い合わせはコチラからどうぞ⇒084-961-3577

リフォームやお金のこと、建物体感バスツアー等々、家づくりに必要な知識を身に付けられる無料セミナーを毎週開催しています。お悩みや不安を解決させていただきます。いずれも無料です。家づくりの最初の第一歩として家づくり学校を上手に使ってくださいね。アドバイザーの宮原でした。