建てるなら消費税アップ前?アップ後?(住宅ローン減税編)

今年の10月から消費税率10%への引上げが予定されていることはご存知だと思います。住宅会社へ行き「消費税が上がる前に建てておいた方がお得ですよ」なんて言葉を聞くと、つい契約を急いでしまいそうになります。本当に消費税率アップ前の方がお得なのでしょうか?

国は、この消費税アップを境に住宅市場が急速に冷え込むことを懸念して、住宅購入に対する支援策を打ち出しています。主に下の4つ。

  1. 住宅ローン減税の控除期間3年延長
  2. すまい給付金が最大50万円に
  3. 新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当の新たなポイント制度創設
  4. 贈与税非課税枠が最大3,000万円に拡大

 

今日は1の「住宅ローン減税の控除期間3年延長」についてご説明します。

先ず住宅ローン減税とは、住宅取得のために住宅ローンを組んだ際、毎年年末の住宅ローン残高の1%が所得税、更に(所得税から控除しきれない場合は)住民税から控除される制度です。

消費税率8%の現在は控除期間が10年ですが、消費税率10%で家を建てた方は控除期間が13年と3年も期間が延長されます。※控除限度額 1~10年目:年末ローン残高上限4,000万円×1% 11~13年目:①年末ローン残高上限4,000万円×1% または ②建物購入価格上限4,000万円×2%÷3 のいずれか小さい額

②の計算式を見てもわかるように、8%から10%へ引き上げた2%分については、概ねここで軽減されるという考え方です。

支援策は上述のように他にもあります。そう考えると、家を建てるのは本当に増税前がお得なんでしょうかね?

 

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577

◆各セミナーのご予約はコチラから

◆個別相談のご予約はコチラから

◆アドバイザー山根の他のブログはコチラから