省エネルギー住宅が当たり前の時代に

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは?

住まいにおいて2020年に全ての新築住宅に省エネルギー基準の適合が義務化される予定でしたが、現在の省エネルギー基準への適合率が低いことや10月に予定されている消費税増税による住宅購入者の負担増、市場への影響などを考慮して戸建て住宅などの小規模住宅・小規模建築物については義務化が見送られることになりました。

省エネルギー基準の適合って、ご存知ですか?

地球温暖化が世界的な問題となり、日本でも省エネルギーへの取り組みが求められています。住宅の省エネルギー化は今後の必須課題。国土交通省は、この省エネルギー基準への適合可否を設計時に建築士が施主に対して説明することを義務化とする精度を創設しました。住宅購入者の省エネルギー基準についての理解を深めてもらい、適合化を推進していく考えだと言えます。義務ではなくなったものの、実質的には今後、省エネルギー基準適合は必須となるでしょう。また2020年には省エネルギー基準を大きく上回る省エネルギー住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が日本のスタンダードな住まいとなり今後は適合住宅はもちろん、ZEHなど、より省エネルギー性の高い住宅が主流となっていきます。

省エネルギー住宅、ZEHのつくり方として

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは?

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは?

断熱性能を高めることでエネルギーを極力、必要としない家にします。エネルギーを使うのであれば省エネ家電等で上手にエネルギーを使うようにして、使うエネルギー分は創り(創エネ)概ねゼロになればZEHになります。

ではどこまで断熱性能を高めればよいのか?

断熱性能の指標としてUa値で計算して出すことができます。各エリアによって断熱性能の基準(Ua値)は福山・備後エリアであれば0.87W/㎡・k以下となっています。ZEH基準であれば0.6W/㎡・k以下となります。先に言った「設計時に建築士が施主に対して説明することを義務化。」設計時に断熱性能の指標としてUa値は計算で出すことが出来るという事なんです。実際に住宅会社に行った時にどの断熱性能基準なのか数字を聞いてみるのも方法ですよね。

建てた後、6、7割の方が後悔していると言われる家づくりです、後悔のない様に知った上で家づくりを進めていってくださいね。私たち「家づくり学校」は住宅会社ではありません。ですから家は建てられません!でも情報はたくさん持っています。人生で一番高い買い物と言われている家づくりのこと、情報をお届けする立場として、しっかりとお伝えさせていただきます。満足のいく家づくりのお手伝いをさせていただきます。

家づくり学校 福山校について詳しくはこちらから

リフォームやお金のこと、建物体感バスツアー等々、家づくりに必要な知識を身に付けられる無料セミナーを毎週開催しています。お悩みや不安を解決させていただきます。いずれも無料です。家づくりの最初の第一歩として家づくり学校を上手に使ってくださいね。アドバイザーの宮原でした。

  インスタ始めました! @iedukurigakkou_fukuyama

LINE@でもお気軽にご相談できます!

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577

◆各セミナーのご予約はコチラから

◆個別相談のご予約はコチラから