「建築条件付き土地」とは?メリットとデメリットを理解して後悔のない家づくりを!

家を建てるために土地を探していると「建築条件付き」という土地に出会う方も多いはず。エリアによってはこの条件付き土地が多くを占める地域もあり、どんな土地なのか知っておかなければ後悔する家づくりをしてしまうことにもなります。今回は「建築条件付き土地」とは何か。そのメリットやデメリット、気をつけておきたいポイントをご紹介します。

 

「建築条件付き土地」とは?

簡単にまとめると、

①土地を販売する業者が指定する建設業者で建築請負契約を交わす

②一定期間内に建築請負契約成立が必要

こんな条件の付いた土地と言えます。

要するに、家を建てる住宅会社が決まっており、一定期間で間取りなどの打ち合わせをして請負契約する必要がある土地ということです。では、①と②の項目に分けて、それぞれのメリット、デメリットをまとめておきます。

 

①土地を販売する業者が指定する建設業者で建築請負契約を交わす

メリット

家にこだわりがあまり無い方や、条件付きの建設業者がたまたま気になっていた建設業者だった場合には、土地の良し悪しで家づくりまで話が進む効率の良い土地となります。

デメリット

こだわりの家づくりを希望しており、土地は気に入っているけど建設業者は他で建てたいという方にとっては、購入することが困難な土地。

 

②一定期間内に建築請負契約成立が必要

メリット

土地が決まっているので、間取りプランは描きやすくイメージし易い。

デメリット

一定期間は3ヶ月の場合が多く、短い期間でのプラン打ち合わせになるため、細かい打ち合わせができなかったり、こだわりが出せないケースが多い。

 

ここまでのメリット、デメリットをご覧になって気づくことはありませんか?

この「建築条件付き土地」、家づくりにこだわりがある方にとってはいろいろと制限があり、満足度は決して高くない土地になってしまいそうですね。その反面、土地をメインに家づくりをスタートしている方にとっては、結構良い場所にあるのがこの建築条件付き土地。「土地は最高なんだけど、この建設業者ではなぁ~」とう方も多くいらっしゃいます。

 

建築条件って外せるの?

そんな時、必ずされるのは「条件って外してもらえないんですか?」という質問。当然考えることですよね。しかし、外せる可能性は低いというのが正直なところです。上述したように建築条件付き土地は結構良い場所にあるため、売主は「条件外してください」と依頼してくるお客様を1組、2組と断っても、次から次へと買い手はやってきます。建物と併せて利益を出せる優良物件を、土地だけで易々と手放してはくれません。

 

外せるケースはないの?

とは言え、絶対に外れないわけではなさそうです。条件付きで売り出した物件がなかなか売れていない場合などは、交渉に乗ってくれることも稀にあるようです。また、どおしても条件を外したい場合は、金額を上乗せする方法が現実的なようです。売り出し価格の1割増しや500万円以上上乗せなどとも言われていますが、利益構造を考えると結構な増額をしないと交渉できないのは理解できます。個人で交渉するより、建てる建設会社が決まっていれば、建設会社に交渉してもらう方が得策でしょう。いずれにしても、土地代が周辺の相場と比較して高くつくのは間違いありませんね。

 

何をご計画中ですか?

ここで冷静に考えていただきたいのは、皆さんは何をご計画しているのでしょうか?ということ。土地探しの計画ですか?家づくりの計画ですか?確かに住むエリアは大切な条件の一つです。人によっては何より優先したい条件なのかもしれません。但し、予算3000万円で2000万円の土地を買ってしまえば、正直まともな家を建てることは不可能です。家づくりの計画を優先し、残った予算で選べる土地を探すという考え方が理想です。

どちらを優先するにしても、土地探しは住宅会社選びの後でいいようです。

 

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577

◆各セミナーのご予約はコチラから

◆個別相談のご予約はコチラから

  インスタ始めました! @iedukurigakkou_fukuyama

LINE@でもお気軽にご相談できます!