住宅ローン選びでよくある失敗。”低金利”で錯覚しない家づくり!

本日は、外部ファイナンシャルプランナーの方による、お金のセミナー「低金利の今こそ判断すべきか?住宅ローンの実態と賢い借入術」を開催しました。目からウロコの情報満載。なるほど!と思うキーワードが盛りだくさんでしたので、冒頭部分のほんの一部ですがご紹介します。

家を建てた10年後、あなたはどうなっていますか?

住宅会社選びや土地探し、住宅ローン選定など、とにかく家づくりには悩むこと、面倒くさいことがたくさん。だからこそ頼りになる住宅営業マンに出会うと、何でもお任せにしてしまう・・・その気持ちもわかります。しかし、その結果、あなたの10年後はこうなる可能性が高いですよって話をしてくださいました。

【準備】楽する、任せる ⇒ 家建つ ⇒ 【10年後】高いローン払えない、不安、苦労

こんな不安を持ち続ける家づくりの進め方が、本当に正しいのでしょうか?

理想は、

【準備】手間をかける、苦労する ⇒ 家建つ ⇒ 【10年後】安心、快適

どおせ苦労するなら家を建てる前、住宅会社や土地を決める前、住宅ローン選定をする際にしっかり手間を掛け悩むことが、10年後に幸せな生活を送ることに繋がるのではないでしょうか?

 

コントロールできないことで悩む無駄

住宅計画において、自分でコントロールできること、できないことが存在します。確かに!

コントロールできないこと:金利、景気、など

コントロールできること:住宅予算、建てる時期、ローン借入額、金利タイプ選定 など

金利が上がるとか下がるとか、そんなことを気にしていても自分ではどうにもなりません。自分で無理のない予算を立て、金利タイプなどもしっかり学び自分に合ったものを選定するなど、自分の足で方向付けできることに注力するべきですね。

 

低金利時代なのに住宅ローン破産が増えている不思議

自己破産をした方の内、住宅ローンが原因で破産した方の割合が増えているそうです。2000年には自己破産全体の7%が住宅ローン破産だったのに対し、2017年には16%もの方が住宅ローンで破産されました。低金利だからと言って、借りすぎには注意!ということですね。「低金利だから沢山借りましょう!」という根拠のない誘いに乗らないでくださいね。

 

住宅ローン選びでよくある失敗

  • ローン返済額を家賃並みで考えている
  • 金利が安いので、借りられるだけ借りた
  • ローン選びを金利の低さだけで決めた
  • 「繰上げ返済すれば大丈夫」に騙された

家づくり失敗あるあるですね。ちょっとした知識で家づくりを進めてしまうと、先ず陥ってしまう失敗例です。客観的視点を持った方に、冷静な意見や判断をしてもらうべきことが沢山あります。言い方はキツイですが、住宅会社は家を建ててもらってナンボ・・・という、利益目的の会社もあることを忘れないでください。もちろん、そうでない住宅会社もあるので、客観的視点を持った方に聞いてみましょう。家づくり学校で!

 

ご紹介したのはほんの一部分。みなさんが心配する予算やローンについて話が聞ける、とてもわかり易いセミナーです。

次回は、9月23日(月・祝)10:00~12:00 ご予約はこちら(予約フォームが開きます)から

家を建てる前にしっかり学んで、10年後、20年後、30年後に不安や苦労をしない、家づくりの進め方をしていきましょう!

 

◆福山校トップページはコチラ

◆福山校のセミナー一覧はコチラ

◆個別相談のご予約はコチラから

◆電話でのお問い合わせはコチラ⇒084-961-3577