【植栽】庭を彩る植栽10種ご紹介【外構】

【政府の緊急事態宣言に伴い、お客様の安全を考慮し4月7日から5月6日まで営業を自粛させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。】

植栽紹介

コロナの影響により、旦那さんが「自宅待機」の日々。おかげ様で、ずっとやりたかったことが実現できたみたいです。
それは竹内邸のお庭作り。外構が理想に近い形で完成しましたので紹介します♪

モミジ

まずは、玄関前は・・・モミジでお出迎え。

<形態>落葉高木
<楽しみ方>秋は紅葉して鑑賞。緑の時はお料理のかざりに使用。

その横には、ジューンベリー。

旦那さんが6月生まれだから植えたいと希望があり、決定。
<形態>落葉高木、低木
<楽しみ方>春は白い花が一瞬咲き、夏に向けて赤い実が育つ。

オリーブの木

その横には、小さな小さなオリーブの木。またまた実がなる木ですが、これは私のリクエスト。
<形態>果樹
<楽しみ方>平和の象徴ということはもちろん、この葉っぱが好きで他のきり花と一緒に花器に飾るのも楽しみ。もしオリーブの実が収穫できたら、お料理にも使ってみたい。

レッドロビン

駐車場の境目にはレッドロビンで生垣。(・・・になる予定)
<形態>常緑高木
<楽しみ方>去年植えましたが、早速この春、新芽の「赤」を見て感動。どんどん成長してしっかり駐車場とお庭の境目ができるのを楽しみにしています。

レモン&シークワーサー

実が好きな竹内家はレモンとシークワサーを並べて植えました。まずはレモン
<形態>果樹
<楽しみ方>4年くらいで果樹が育つとか。お料理にもレモンサワーにも早く使いたい!!
続いてシークワーサー
<形態>果樹
<楽しみ方>5℃を下回ると耐えられないそう・・・。だから沖縄や鹿児島でしか生息しない果樹なのですが・・・。沖縄好きの旦那さんとしてはどうしても植えたかったらしく、自己満足でお庭に一度は植えたという事実をつくりたかったとか。奇跡的に実がついたらシークワーサーサワーを楽しみます。

シマトネリコ

我が家のシンボルツリーとなるであろうシマトネリコ。常緑で、枝が細く涼しげにみえて、繊細であり、葉っぱがつやつやなのも好み。
<形態>常緑高木
<楽しみ方>年中緑を楽しめること。6-7月で花も咲く。

チューリップ

もう終わりかけですが、木と木の間にチューリップ。今年は初なので球根から植えたので、お花が完全に終わったら球根を育てて来年はこの球根で2度目の春を迎えられたらと考えています。

河津桜

毎年河津地方に桜見物に行っていますが、ついに、苗木を購入してきました。さて、見栄えがするまで何年かかるのでしょうか?
<形態>落葉樹
<楽しみ方>2-3月花見ごろ。ソメイヨシノに比べてピンク色が強くてかわいい。

コニファー・エメラルドグリーン

ラストはコニファー。ちょっと2本が近すぎという気もしますが、様子見です。
<形態>針葉樹
<楽しみ方>大きくなったらクリスマスツリーとして活躍してもらいたいです。

成長を楽しみに…

私は応援と完成したものを眺めるだけでしたが、しっかりお庭も成長していくように、お手入れ頑張ります。
外構の相談も家づくり学校でさせていただいていますので、お声かけください。

【お問い合わせはコチラ⇒049-265-7422(受付時間:10:00~19:00)】

この期間中におうち時間を大切にしながら、家づくりの疑問点や分からないことが出てきましたら、家づくり学校にご相談くださいませ。

安全と健康を第一に行動して参りましょう!

家づくり学校 川越校は川越、埼玉県(川越市・日高市・鶴ヶ島市・東松山市・富士見市、坂戸市等)で新築・リフォームを考える皆さんの家づくりをサポートしています!家づくりに関する知識をセミナーや個別講座で身につけていただけます。お気軽にお越しくださいませ(^^)

川越市石原町1-18-7(菓子屋横丁そば)・・・写真入りでわかりやすい!アクセスの詳細はこちらをご覧ください

お電話でのお問い合わせはコチラ⇒049-265-7422

★緊急事態宣言解除以降の個別講座ご予約はコチラ