「吹き抜けって安いの?高いの?」知らずに決めたら損するかも!

高性能住宅で1階と2階の温度、湿度、空気の通り道となる吹き抜け。大きな採光ポイントにもなりますし、頭上の開けた広々としたリビングには憧れてしまいますよね。

でも「床をつくらないんだし、坪数には入らないって聞いたから大きな吹き抜けは安くできる!」なんて思っていませんか?たしかに法律上の建築面積には入りませんが、無料というわけではありません。では予算はどんな風に考えればよいのでしょう。

「吹き抜けはいくらですか?」

やはり、1社1社確認しましょう!家づくりにおいて、こうだろうと想像してしまうのは後悔の元です。建築面積で価格を比較して、実はA社は吹き抜けが坪単価の1/2、B社は1.5倍だった。なんてことになったら価格が逆転する可能性もゼロではありません。

実際の住宅会社の吹き抜け目安価格をみてみましょう
■吹き抜けの場合の価格差目安(床のある部屋と吹き抜けにした場合と、どちらがいくらほどあがるか)という質問をしてみました。

A社…床がある場合に対し、吹抜の面積分が1/3程度安くなる↓
B社…吹抜け坪当たり+30万円↑
C社…吹き抜1坪=0.5坪の床がある部屋と同額計算(価格1/2ということですね)↓
D社…吹抜けも施工床面積として計算=

いかがでしょう。会社により本当に差があることがわかりますね。

もう一歩踏み込むなら、足場のことも

皆さんが住宅会社検討中に同じ質問をするなら「足場代は別にかかりますか?」という質問もしてみましょう。上記質問だけでは、床面積上の計算式としか受け取られない可能性もあります。
家を買ったら払うのは総費用。最終見積りには入ってきますよね。坪当りで多少安くなるくらいなら、足場代で結局同じになるかもしれません。会社によっては、足場代も込みですというところもあるかもしれません。

家の予算では、30万・50万という金額が簡単に加算されていきます。恐ろしいですよね。1ヶ月のお給料、それ以上が1項目でポンとあがるわけです。


こだわりのマイホーム、理想のおうちを建てたいですが、お金は賢く使うことも大切!本当に必要?この価格は妥当?迷ったら、とことん聞きましょう!きっとなんとかなる、は危険です!

家の大切なこと、お伝えしています。

たくさん聞いているうちにわからなくなってしまったら…いつでも、私たち家づくりアドバイザーに聞いてください。第三者の立場から公平な目線でお話させていただきますね。
川越での家づくり本に掲載されている工務店の詳細情報もお話しています。表面的でない、お客様のおうちづくりに寄り添ったアドバイスをしておりますので、家づくりに迷ったら、まず家づくり学校へお越しください。今週末も、見学ツアーにセミナーにたくさんのご予約をいただいております。お問い合わせおまちしております。

お問い合わせはコチラ⇒049-265-7422

★各セミナーご予約はコチラから★

☆個別相談ご予約はコチラから☆