【中古住宅を購入+リノベーション】の進め方 3つのポイント

これから家づくりを検討する中で、中古住宅を購入してリノベーション・リフォームをするという選択肢を選ばれる方も多いのではないでしょうか?新築よりも予算を抑えられたり、エリアを重視する人にとっては土地を購入して新築するよりも検討できる物件が増えるのも大きなメリットです。国も中古住宅流通市場の活性化を後押しする制度の整備を進めるなどしており、さらに今後、「中古住宅+リノベーション」のニーズが高まることが予測されています。

昨日、「YKK AP」さんの「リノベーションフォーラム」に参加して、今後のリフォーム・リノベーションについて勉強してきました!皆様にも今後お伝えできたらと思います。

成功の鍵は中古物件探しと工事会社探しを同時進行で進めること

中古物件は不動産会社で探し、物件購入後にリフォーム・リノベーション会社を探して工事を依頼する、のではなく、中古物件購入とリノベーションを依頼する会社を同時に探しましょう。そうすれば候補物件が見つかった時に、建築のプロに建物診断をしてアドバイスをもらった上で購入すべきかどうかを判断することができます。

さらに同時進行するメリットとして、予算のことがあります。多くの方が中古物件の購入費とリフォーム・リノベーション費用の総額で予算を考えていると思いますが、物件だけ先に買って、「これくらいの金額でリフォームできるだろう」と思って工事を依頼したら、思っていた以上の金額がかかることがわかって予算オーバー・・・なんてことになりかねないからです。

特に中古物件の場合は、建物の状態や要望によってリフォーム工事費は大幅に変わります。物件の状態からリフォーム費用を見積もった上で物件を購入するかどうかを見極める必要があるのです。

また、住宅ローンの申し込みや物件渡し後の工事スタートがスムーズに行えるというメリットもあります。

物件探しから工事までトータルでサポートしてくれる会社もある

物件探しから住宅ローン選定、手続き、リノベーションまでトータルサポートしてくれる会社もあります。不動産工事会社と工事を行う会社、それぞれと金額やスケジュール調整をする必要もなく、希望する予算内で購入し、希望するリノベーション工事ができる物件を探してくれるので、見通しが立てやすいです。

家づくり学校では、ご希望やご予算に合わせて、物件探しからリフォーム・リノベーションまで安心して任せられる住宅会社をご紹介しています。

大切なのは費用と内容のバランス

中古物件のリノベーション・リフォームは、建物の築年数や状態、要望の内容などによってかかる費用が大きく異なります。必ず建築のプロに建物を見てもらった上で自分達の要望を伝え、見積もりをとりましょう。

数社で比較する際は、図面と見比べながら、使用する設備や材料が要望に沿っているかや費用が適切かどうかをチェックしましょう。

大切なのは、費用と内容のバランスが取れていること。長く安心して住むためにも、金額だけでなく中身をしっかり確認するのが大事です。リフォームなどの相場を把握して、納得して進めましょう。

家づくり学校では、家づくりについてのご相談はもちろん、中古物件購入+リノベーションに関するギモンや不安にもお答えしています。「どんなところに注意して探せばいいのか?」「どんな会社に依頼すればいいのか?」など何でもご相談ください。ご利用は何度でも無料です。

埼玉県での家づくり、中古リノベーションのご相談は家づくり学校 川越校へ。

家づくり学校 川越校へのお問い合わせはコチラから⇒049-265-7422

★セミナーのご予約はコチラから★

☆川越校での個別相談のご予約はコチラから☆