固定資産税の軽減期間は?

夢のマイホーム!…と同時にかかってくるのが固定資産税。土地と建物というひとつの資産に対してかかってくる税金です。

ローンの返済も始まるのに税金も持ってかれるとのことで気は重くなってしまいますが、入居してしばらくは税率の軽減措置があります。

「税金のことまで考えてなかった!」と入居して早々苦しい生活になるのを避けるため、事前にある程度の想定はしておくのがベスト。

さて、早速ブログのタイトルにもある「固定資産税の軽減期間は?」という問いの答えから見ていきましょう。

A.入居した年から3年間!税金が半額に!

これは住宅の話です。そして令和4年3月31日までに新築された家に限ります。土地はまた別ですのでお気をつけください!

「長期優良住宅」という一般住宅より少し性能が高い家づくりをすると半額になる期間が5年に延長されます。

ちなみに…土地は住宅用地なら評価額が1/6に!

住宅用の土地と認められた土地であれば、土地の評価額が6分の1になります。これは住宅と違って軽減期間がないので住宅が建っている限りは適応されます。

不動産取得税や登記費用、あるいは家具家電等を揃える費用などなど…。なにかと物入りな入居直後は少しは減らしてくれますが、それでも毎年かかってくる固定費になります。

マンション、戸建てに関わらず家を所有するとなると絶対かかってくるものですのでしっかりと押さえておきましょう!

オンライン個別相談の詳細はコチラから!!(上記のイラストをクリックしてもリンク先に飛べます)

神戸校のホームページをみる
神戸校のセミナースケジュールをみる
個別相談について詳しくはこちらから