【家と土地】”自分たちに最適な広さ”は“体感”して実感しよう!

「愛媛での家づくり」の編集作業も、家づくり学校のアドバイザーのお仕事の一つです。ということで先日、「えひめ住販」の事務所へ取材訪問をしてきました。

ひとしきり取材を進める中で『これからの家づくりの在り方』について伺った際、ふと先方の滝口社長がこのようなことを呟かれました。

「皆さん『◯坪の土地に◯坪位の家を建てたい!』と言われるんですが・・・実際に家と土地を見たら、その考えは必ずしも正しくないってことが、往々にしてあるんですよねぇ~・・・。」

なるほど、一理あると思います。70坪や60坪の豪邸を先に見てしまうと、意図せずそれが家づくりの基準になってしまうということは、残念ながらよくある話です。

「理解してもらえてよかったです。・・・では、それを今から体感しに行きましょうか!!」

・・・え?!

 

Q.このお家の土地面積と延床面積を求めなさい!

・・・ということで社長に連れられ、事務所からほど近くのモデルハウスにやってきました。

 

一番左のお家が、今回見せてもらった物件です。

 

玄関のすぐ横。外構はこれから工事されるとのことでした。普通車も2台はラクラク停められそうです。

 

広々リビング空間!!ニッチの造作が特徴的ですね。

 

リビングの上は吹き抜けになっております。尚、当日は猛暑日でしたが、家の中はエアコン1台で快適な温度がキープされておりましたよ!

※「エアコン1台で真夏も快適な家づくり」については、約1年前に体感したモデルハウスの記事を参考ください。

 

写真左:ランドリールーム、写真右:バスルーム

「で、このお家と土地。どれくらいの広さなのか・・・わかりましたか?」と社長。

うむむ・・・車を2台停めるなら土地の面積は50いや40坪は必要でしょう。家の広さも・・・3LDKでしたが、リビングも畳コーナーがあったりとかなりの広さでしたから・・・33坪はあるんじゃないでしょうか?


キッチン隣のカウンター直上にあるペンダントライト。お洒落です。

「はずれ!正解は・・・土地面積は32.27坪。で、延床面積(家の広さ)は30.33坪ですよ。」

!!・・・なんとまぁ。延床面積が30坪強というのも驚きですが、土地面積が40坪もないというのは衝撃の一言です・・・。


玄関入ってすぐにある、造作の建具。カントリー調で素敵ですね。

「実際の広さ、特に土地なんて家が建っている現場を見に行かないとわからないということですよ」と社長。


「広さは予算に直結する要素です。なので必ず実際に見てから検討することを、家づくり学校さんでも教えてあげてくださいよ!」

なるほど・・・了解しました!!知識の習得はもちろんですが実際に現地を見て、しっかりと体感を重ねることの必要性も説いて参りたいと思います!!お忙しいところ、色々とありがとうございました。

 

お家づくりの基本を学び、体感を重ねましょう!


まずは「家づくりの基本」をしっかり学んでから、住宅会社・工務店選びと体感を進めていきましょう!!

家づくり学校では毎週末のセミナーの他、お客様のご都合の良いお時間に合わせた個別相談も随時ご予約受付中です。個別相談ではセミナーの内容を、マンツーマンでお伝えすることも可能ですし、何回ご利用されても無料です。

キッズコーナー、授乳室&おむつ交換台もご用意していますので、お子様連れの方もお気軽にお越しください。

家づくり学校 松山校について詳しくはこちらから

週末のセミナー情報はこちらから

個別相談のご予約はこちらから

お問い合わせはコチラからどうぞ⇒089-993-7753

※平日限定のナイトセミナー、週一ペースで開催中!コチラもぜひご利用ください!ご予約は下記バナーリンクから承っております。