家づくりパッシブ設計は必須要素

ZEHの要素となっている断熱性能や高効率設備、再生可能エネルギー導入だけでは本当の意味での省エネ住宅は実現できません。これらとあわせて、太陽光や風、水、地熱といった自然エネルギーを上手に活用することで冷暖房エネルギーを削減し、室内環境を快適にする「パッシブデザイン」が欠かせません。地域の特性や立地条件をふまえた上で、断熱、日射遮蔽、通風、昼光利用、日射熱利用暖房の5つの要素をバランスよく建物に組み込む設計技術、パッシブデザインのポイントをお伝えします。

 

通風

家全体に風を行き渡らせ、室内に溜まった熱を排出させるために欠かせない「通風」。その地域に吹く風の向きをふまえて建物内での風の動きを予測し窓の大きさを計画する。

昼光利用

昼間に太陽光だけで明るい室内を実現することで、照明エネルギーを削減する。リビングなど昼間に長く過ごす場所には2面以上の窓を設ける、自然採光のため建物の中心に庭を設けるなど工夫があります。

日射遮蔽

「夏涼しく」を実現する為には日射を窓から室内に入れないことが重要。日射熱をカットできれば、冷房に使うエネルギーを減らすことができる。愛媛県では日照時間が長く、日射量も多いエリア。いかに夏の日射遮れるかが快適性を左右するポイントとなる。

日射熱利用暖房

冬に窓から日射熱を取り込み、その熱を蓄えて、主に夜間、暖房として利用する。日射熱を取り入れる「集熱」、逃さない為の「断熱」、蓄える「蓄熱」の3つが実現すれば、室温の変動が小さくなり、快適性が向上、暖房エネルギーの削減につながる。

断熱

パッシブデザインのベースとなるのが「高気密・高断熱」。外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱性能を高め、建物の保湿性能を上げる。特に冬の暖房によるエネルギー消費量は多いので、暖かい家にすることは省エネにつながります。

高効率設備や太陽光発電などのアクティブ技術とともに、光や風といったパッシブを活用する事は、省エネ住宅の実現においてもはや不可欠です。今後、パッシブデザインによる家づくりが当たり前になってくると思います。

信頼できる会社の選び方

家づくりにおいては省エネ基準が義務化される2020年まであと3年です。これから愛媛で建てるべきはどんな家か?そして信頼できる会社の選び方まで家づくり学校で勉強できます。

お気軽にお越しくださいませ。