好き勝手に家は建てられません!家づくりの「決まりごと」とは?

自分の土地だからと言っても、どんな家でも建てられるわけではありません。それぞれ地域によって法規制があります。しっかり知っておきましょう。もちろん、実際に家を建てる段階では建築士に見てもらい、相談しましょう。

建ぺい率と容積率

家を上から見たときの面積を「建築面積」といいます。「建ぺい率」とは、敷地に対する建築面積の割合のことです。例えば「建ぺい率50%」の場合、敷地面積を100㎡として50㎡以内で建物を建てることになります。

また、すべての階の床面積を合計したものを「延べ面積」といいます。「容積率」とは、敷地面積に対する延べ面積の割合のこと。「容積率150%」の場合、敷地面積を100㎡として150㎡以内の延べ面積でなければなりません。※これは用途地域によって決められます。

 

土地と道路の関係

もしも敷地の前面道路が幅員4m未満ならば道路の中心線から2mの部分までは所有する敷地内であっても、建物をはじめ堀や門扉などを一切つくることはできません。これは将来、道路幅を4mに拡張するための措置で「セットバック」といいます。

また、普段私たちが道路として使用している道でも、役所が道路として認めていない(私道のようなもの)場合は、敷地が道路と接していないことになり、家を建てられないケースもあります。

しっかりプロの人に見てもらおう

気になる土地が見つかったら、依頼先の建築のプロに土地のチェックをしてもらえます。(土地には法規制をはじめとする、家を建てるためのチェック項目が山のようにあります)また、気になる土地が見つかったタイミングで、検討している数社に対し、プラン&見積もりを依頼することで住宅会社を決めることができます。

11月5日(日)第2回土地探そうフェア開催いたします!!※ご好評につき午前中のご予約がほぼ埋まりました。お早めのご予約をお願いいたします。

【家づくり学校 松山校】

電話でのお問い合わせはこちらから⇒089-993-7753

セミナー&個別相談も随時開催中です。お気軽にお問い合わせください。