省エネ住宅のメリットは??

断熱性能や日射遮蔽性能を向上させることは、家庭内のエネルギー消費の約3割を占めている冷暖房のエネルギー消費を抑えられて省エネになります。他にも・・・

【快適性】夏涼しく冬暖かい室内で快適に過ごせる

【経済的】室間温度差が少なく、少ない冷暖房エネルギーで快適な室温を保てる

【健康的】結露やカビ、温度差による健康被害を減らせる

急激な温度変化が体にもたらすヒートショックなど、家庭内事故を抑止できます。また、結露を抑制するので、それが原因のカビやダニの発生を抑えられ、アレルギー症状が緩和されます。

【耐久性】結露による建物の劣化を抑制

結露による建物の腐朽を防止できるので、建物の超寿命化、住宅の資産価値維持につながります。

2016年4月には建物をラベル表記

2016年4月にはラベル等で建物の燃費性能を表示する制度がスタート。国土交通省のガイドラインに基づく第三者認証制度の一つ「BELS(ベルス)」や、ドイツ生まれのエネルギー指標「エネルギーパス」の普及も進んでいます。車や家電と同じく住宅もその省エネ性能を「見える化」し、誰もがわかりやすく比較して選べるようになっています。また、これが一般化することで、将来的な「住宅の資産価値」も見える化できることになります。今後この動きはさらに加速して行くと思われます。

この他にも知っておいて頂きたいことがたくさんあります。

家づくりを考え始めたら、まずは家づくり学校へ!知識をつけることで、満足のいく家づくりが実現できますよ。