家づくりでの「アフターメンテンナンス」について

先日、家づくり学校にいらっしゃったお客様。家づくりについてはアドバイザーの私より勉強をされている方でして、知識レベルは申し分なく、住宅会社を見極めるための目もかなりお持ちのご様子でした。

で、色々とお話を伺っていた際に言われたのが「地場の工務店は会社の規模が小さい所が多いですよね?となると、社長に万が一のことがあった時のことが心配です。建築後の『アフターメンテナンス』とか、受けられなくなりますよね?」という質問。

かなり鋭い質問ですね。ただ、個人的見解を交えて私がお伝えしたのは「そこは心配のポイントじゃないですよ!」ということでした。

 

「アフターメンテナンス」が必要な状況とは!?


※イメージ

といいますのも、十数年前に建売住宅を購入した自分の経験からすると「そもそも、アフターメンテナンスが必要な事態になったことがない」からです(コーキングの緩みだなんだといったところは、DIYで修復したりもしましたが・・・)。

雨漏り、躯体のねじれ、基礎の沈下といったいわゆる「欠陥住宅」の症状は、当然のことながら全くありません。「なるほど・・・」と頷くご主人。


※イメージ

もし、会社の存続云々でアフターメンテナンスのことが心配であるならば、建築後に住宅会社から画像のようなしっかりとした図面・仕様書を入手しておけば良いのではないか?とも思います。図面や仕様書があれば、第三者の住宅会社に修復・修繕を依頼することも出来ます。

もっというと「キッチリと丁寧な施工をされた住宅」は、一般的に数十年~百年は保つともいわれております。

ともなれば、重要なのは「将来的に存続していそうな会社なのか?」ということではなく、「キッチリと丁寧な施工ができる会社なのか?」ということではないでしょうか?

こういうお話も聞いたことがあります。

「新築時の打ち合わせ担当とアフターメンテナンスの担当が別だった⇒メンテナンス担当とはウマが合わず、結果、別の会社にメンテナンスをお願いすることになった」

・・・こうなれば「会社が残っている、残っていない」は関係ありませんね。

※もちろん、お家を建てた後にもその会社が存続していることに越したことはありません。軽微なトラブルでもなんでも、気軽に相談できる連絡先はあった方がよいに決まってますから、ね。

 

実体験を踏まえて、失敗しない家づくりのお手伝いをします!!


家づくり学校には私の他にも、自身で住宅建築を経験したアドバイザーが多数在籍しております。実体験を踏まえた「公開しない家づくり」のためのアドバイスを受けたい方は「家づくり学校」へお気軽にお越しください!

毎週末のセミナーの他、お客様のご都合の良いお時間に合わせた個別相談も随時ご予約受付中です。個別相談ではセミナーの内容を、マンツーマンでお伝えすることも可能ですし、何回ご利用されても無料です。

キッズコーナー、授乳室&おむつ交換台もご用意していますので、お子様連れの方もお気軽にお越しください!

その他、家づくりに関する疑問や質問はどんなことでも「家づくり学校 松山校」へ!皆様のご来校を心よりお待ちしております。

家づくり学校 松山校について詳しくはこちらから

週末のセミナー情報はこちらから

個別相談のご予約はこちらから

お問い合わせはコチラからどうぞ⇒089-993-7753

※追伸
「LINE@」、始めました!!お使いのスマホ・タブレットでコチラのアドレスにアクセスください!!