【お客様からの質問】省エネ・ゼロエネの家づくりには「エアコン」が欠かせない!?

家づくり学校に来場されるお客様は、総じて勉強熱心な方が多いです。我々アドバイザーが思わず唸らされることを聞かれることもしばしば。今回はそういった中でいただいた質問の一つをご紹介していきたいと思います。

お客様の質問:「省エネやゼロエネの家づくりをするために『エアコン』がポイントだと聞きます。その理由は何故でしょうか?」

 

回答:エアコンが「超省エネ機器」だからです。

最新式のトップランナークラスのエアコンだと、「1の電気エネルギーを使って、7の熱エネルギーを得る」ことができるんだとか。

いわゆる「電気ヒーター」が「1の電気エネルギーを使って、1の熱エネルギーを得る」ことしかできないことにくらべると、その性能差は単純に7倍近くにもなります。


※画像はエアコンの室内機。

では、そもそも何故エアコンは「1の電気エネルギーを使って、7の熱エネルギーを得る」ことができるのか・・・疑問ですよね?どこから「6の熱エネルギー」を持ってくるのか?手品か魔法か何かなのか?

実は、その秘密はエアコンに使われている「ヒートポンプ」という技術にあります。

ヒートポンプとは少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のことです。
身の回りにあるエアコンや冷蔵庫、最近ではエコキュートなどにも利用されている省エネ技術です。
引用:一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターのHPより

そうなんです。「熱」を空気中から集めることによって「1の電気エネルギーを使って、7の熱エネルギーを得る」ことを実現しているんですね。

例えば寒い寒い冬。エアコンで「暖房」を運転している時は、外気から「熱」を取りこんでいるんです。


寒い外気の中にも「熱」というものは存在しています。それを室外機から取り込んでいるんですね~。

余談ですがエアコンと言えば、皆さん「室内機」を思い浮かべると思いますが・・・実は本体は「室外機」なんですって。


※エアコンの室外機。これがエアコンの本体です。

一方でこれからやってくるのは・・・灼熱の夏。エアコンで「冷房」を運転している時は、冬とは逆の状態になります。


部屋の空気から「熱」を取り、それを室外機から排出する・・・という流れになっています。

とにかくエアコンというものは「非常に効率が良い機械」なんです。なので、これを上手く使える家づくりをすることが、省エネやゼロエネの家づくりをすることのポイントにもなってくる、ということなんですよね。

もちろん、エアコンを上手く使っていくためには・・・「エアコンがしっかり効く家づくり」をする必要もあります。そのためにも「断熱」や「気密」がキチッと出来ていることも、欠かせない条件となってきます。


断熱と気密は表裏一体です。

ご質問頂いたお客様、いかがだったでしょうか?この記事をご覧になられた方で、もっと詳しく省エネやゼロエネの家づくりについて知りたくなった方は・・・いつでも家づくり学校までお越しください!

 

お家づくりの基本、一緒に学びませんか?


住宅会社・工務店選びを進める前には、まずは「家づくり学校」で「家づくりの基本」をしっかり学んでおきましょう!!

毎週末のセミナーの他、お客様のご都合の良いお時間に合わせた個別相談も随時ご予約受付中です。個別相談ではセミナーの内容を、マンツーマンでお伝えすることも可能ですし、何回ご利用されても無料です。

キッズコーナー、授乳室&おむつ交換台もご用意していますので、お子様連れの方もお気軽にお越しください!

その他、家づくりに関する疑問や質問はどんなことでも「家づくり学校 松山校」へ!皆様のご来校を心よりお待ちしております。

家づくり学校 松山校について詳しくはこちらから

週末のセミナー情報はこちらから

個別相談のご予約はこちらから

お問い合わせはコチラからどうぞ⇒089-993-7753

※「LINE@」、始めました!!お使いのスマホ・タブレットでコチラのアドレスにアクセスください!!お問い合わせ&ご予約も随時受付中!!