アパートを内見していく中で改めて自分の好きなように間取りをつくりたいと思いました。

アパートを見て感じたこと、それは要望通りの物件はない!ということです。ないって言ったら言い過ぎかな…(小心者)。少なくとも私が数件内見した中ではこう感じました。

まっ当たり前だろ!って話ですよね(笑)えっキッチンここに置く?とか、ここに壁があったら最高なのにな~とかとか…内見に行かれたことがある方は共感して頂けるのではないでしょうか。

建売でも言えますが、そこに自分が住むことを考えて造られていません。これも当たり前すぎるほど当たり前の話ですが!!

一方、注文住宅は自由設計、かゆいところにも手が届きます。建てる業者側からみても「住む人の顔が見えた方がやる気でる」とさえ言います。まあ、デメリットを言うと予算があがるかなというところ…。どちらも一長一短です、どちらにしようか迷われている方は、どちらも見たうえで決めてくださいね。

ここで一つポイントと致しまして、注文住宅の完成見学会に行く際は、施主様の要望がどれくらい叶っているかを見てください。一回自分の要望は置いておきましょう。どこがこだわりですか?この家満足してますか?などを聞いて、その住宅会社の力量をはかることが大事です。

とはいえ。まずはどうこう以前に知識を蓄えなければいけないなとも感じました。デザインは正直2年もすれば慣れると言われていますが、機能美というのはずっと生きてきます。例えば収納の場所であったり、洗濯機を置く場所であったり、暮らし方をより良くするためのデザインを指します。

そういった自分にとって暮らしやすい間取り、位置関係というのは生活を重ねる中で見えてきますし、他の物件を見る中で気づくこともあります。ドアが外開きがいいのか内開きがいいのか、はたまたスライドドアがいいのか、そういったところから要望を出していってみてはいかがでしょうか。

家づくり学校では、完成見学会やモデルハウスの案内もしています。

個別相談のお問い合わせはこちらから!