省エネの家を建てるには?

よく「省エネ」という言葉を聞きますが、省エネって具体的に何をすれば良いのでしょうか?

そもそも省エネとは、省エネルギーの略ですよね。消費エネルギーを少なくすること。ムダをなくすこと。家の中で考えてみると、「いかに光熱費を抑えるか」と同じです。では、光熱費を抑えるにはどうすればいいのでしょうか。①冷房、②お湯、③暖房、の3つに分けて考えていこうと思います。

①冷房

実は、冷房に関しては、省エネは完了しています。というのも、エアコンって超省エネ機器なんです。どうしてエアコンが超省エネなのかといいますと・・・秘密があるのです。「秘密って何?」と思った方!ぜひ家づくり学校に聞きに来てください!

②お湯

お湯に関しては、省エネする余地があります。高効率給湯器にすれば良いのです!例えば、エコキュートやエコジョーズなどが挙げられます。

③暖房

圧倒的に省エネしやすいのは、暖房です。というのも、冬、エネルギーを使いすぎている家が多いです。例えば、床暖房+ファンヒーター+コタツ+エアコンのように、複数の暖房機器を使わないと暖かくならない家を建ててしまうと、省エネは難しくなります。逆に、エアコンの暖房だけで過ごせる家にすれば、超省エネの家になります。エアコンは超省エネ機器ですからね。

省エネの家を建てるには・・・

つまり、冬暖かくて夏涼しい家を建てると、省エネができるということです。「省エネができる=光熱費を抑えることができる」ですから、冬暖かくて夏涼しい家を建てると、光熱費を抑えることができるのです!

では、冬暖かくて夏涼しい家ってどこの会社で、いくらで建てられるのでしょうか?後悔しない家づくりのために、まずは「知る」ことから始めませんか?

個別相談は毎日、承っております。詳しくはこちらから

毎週末にはセミナーを開催しております。開催日程はこちらからご確認ください!