【災害対策】停電に備えるお家

「過去最強」という勢力で本州に上陸した台風15号。各地で被害が出てしまいましたね、、、いまだに通行止めや停電が起きている地域もありますので、一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

さて、台風などの災害の際、浸水や強風による窓ガラス等の破損、停電や断水などが起こる可能性があります。家の中にいても絶対安心!というわけではないので、いざという時のために備えておく必要がありますよね。

本日はそんな災害対策として、停電への備えをご紹介しようと思います。

 

備えておきたい防災アイテム

・懐中電灯

・水で光るランタンなど

・手回し式のラジオ

・モバイルバッテリー

・通路に蛍光テープなどを貼っておく

 

このあたりは今すぐ用意ができるものです。いつでも取り出せるところに置いておきましょう☆

※その他、水は1週間分、食料は3日分を目安に備蓄しておいてくださいね!

 

停電でも電気を使える家って?

太陽光パネルが載っているお家であれば、停電時でも発電した電気を使うことが可能です!

ただし、「自立運転モード」に切り替えた上で、「自立運転用コンセント」につなぐ必要があるので要注意。また、夜間は発電されないため、電気が止まってしまいます。

夜間でも使えるようにするためには、別途蓄電池を用意しておくことが必要。蓄電池は高価なので、電気自動車を蓄電池代わりに使っている方もいるようです♪

こちらは高価なので、今すぐに備えることができなくても、少しずつ備えていけると良いですね。

 

これから家づくりを考えられる方は、長く安心・安全に暮らせる工夫を取り入れていってくださいね!

 

湘南校のイベント情報はコチラ

個別相談をご希望の方はコチラからご予約できます

お電話でのお問い合わせはコチラから★ 0466-47-8764

家づくり学校 湘南校へのアクセスを確認する

  インスタ始めました!