家づくり「施主」さんと「お客様」の違いがわかりますか?

お家を建てる時、「施主」「施工主」という言葉が出てきます。

施主(せしゅ)とは、建築会社に仕事を頼んだ側、個人や法人、団体です。
施工主(せこうぬし)とは、施主から注文を請けて、工事を行う中心となる業者です。

 

では、「お客さま」「施主」の違い、わかりますか??

「お客さま」とは?
ハウスメーカーや建築会社、工務店が企画設計した商品住宅を買う人です。

「施主」とは?
自身が欲しい家を自身が決めた予算内で企画設計し注文住宅で建てる人です。

 

あなたが施主となった家づくりには、

設計士さん、インテリアコーディネーターさん、大工さん、建材屋さん、材木屋さん、サッシ屋さん、ガラス屋さん、金物屋さん、鍵屋さん、サイディング屋さん、左官屋さん、タイル屋さん、塗装屋さん、建具屋さん、畳屋さん、クロス屋さん、クリーニング屋さん、外構屋さん、水道屋さん、空調屋さん、電気屋さん、ガス屋さん等々たくさんの人たちがチームを作って働いてもらっています。そうして私たちの家は出来上がっていくのです。

目指すべき共通の目的・目標を持っているのがチームですから、施主さんはしっかりと住宅要望をまとめて目的(どんな暮らしがしたいのか)目標(どんな家にしたいのか)を決めて、チーム作りをしていただく必要があるんですね。

 

施主さんであるあなたは、この「家づくりチーム」のチームリーダーです。

チームにおけるリーダー像として、最近言われているのが「シェアードリーダーシップ」です。

①リーダーは自分がすべての答えを持っていないことを認識している。
②すべてのメンバーの協力がないとチームが成功しないことを確信している。
③チームのリーダーは自分に限界があることを隠さず、何事も率直に話し、メンバーの声をよく聞き、アイデアを共有することを推進している。

このようなやり方によってリーダーシップを発揮します。そうすると、リーダーだけでなく、メンバー全員がチームにおけるリーダーシップを発揮するようになります。

家づくりには、これが大切なのかなと思います。

 

それと、チームビルディングのステップ

タックマンモデル

 

形成期 →住宅会社を決めて、どんな暮らしがしたいかをしっかりと共有してもらう
混乱期 →その暮らしを手に入れるための要望をどんどん出して一緒にプランを考える
統一期 →プランが決定して、段取りを一緒に決めていく
機能期 →いよいよ着工、家づくりが始まりました。
散会期 →家が完成!引き渡される

掲げたビジョンや目標を達成するための強いチームを形成するには、チーム内で常に円滑にコミュニケーションを図ることができる環境を整えておくことが重要です。メンバー同士は性格が異なる人の集まりですが、互いを尊重し合い、同じ目標に向かって進んでいるという感覚を育んでいくのです。

そのためには、チーム内で対話」の機会を持つことを大切にし、互いの違いを認め合える関係性を構築しておくことが欠かせないのです。

 

あれ?・・すみません💦なんだか、小難しいことばかりを書いてしまいました😅😅

要は何が言いたいかというと、

施主さんは、家づくりの主役家づくりチームのチームリーダーだという自覚を持っていただきたいなということです。←最近、私はお客様みんなにこれを言っています😅

家づくりは住宅会社に任せておけば・・・なんて考えを捨てて、しっかりとチームリーダーの役目を果たしていただきたいなと思います!

 

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識と情報を手に入れて、後悔しない家づくりをしていただきたいと思います!!

  インスタ始めました! @iedukurigakkou_takamatsu
ぜひぜひフォローよろしくお願いします🙈💛ストーリーには、普段の様子などもアップしています♪

LINE@でもお気軽にご相談できます!

◆各種セミナーの詳細はこちらからチェック!

◆個別相談を申し込む

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834

ここまで読んでいただきありがとうございました😄