災害に強い家づくりを!

香川にも台風接近中!「さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松」開催できるのか…( TДT)楽しみにしている人も多いと思いますが…どうなるでしょうか。

災害大国にっぽん、家づくりを考えるとなると、やっぱり「災害に強い家づくりを!」と思っていただきたいです。長く安心して暮らすために~家族と財産を守る家づくりということを絶対に忘れないでくださいね!

家づくりは災害への備えが大事。記憶に新しいのは西日本豪雨・・・各地に甚大な被害をもたらしました。地震でいうと阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震・・・そして、いつ来るのかわからない「南海トラフ地震」。

地震や水害、土砂崩れといった自然災害が多い日本に暮らすうえでは、災害に強い家づくりは欠かせません。それらを想定して家づくりをすることが重要になってきます。

地震に対する備え、地震対策はどんな工法がある?

建物に施す地震対策には、大きく分けて「耐震」「免震」「制震」の3つの構造があります。建物の倒壊や被害を防ぐためのもので、仕組みには違いがあります。
●耐震構造
強度の高い構造体、補強材を入れることで建物自体を頑丈にして振動に対抗する。
●制震構造
ダンパーと呼ばれる振動軽減装置を建物内に設置、地震の揺れを吸収。振動を吸収、地震の揺れを抑える。
●免震構造
建物と地面の間に免震装置を設置。建物を地面から切り離し、振動を伝えない。※ビル等の建築物によく使われるもの

地震のほかにも、台風、火災、色々な災害に対して、家づくりの段階から備えておくことが大切です。土地選びの際にはハザードマップを参考にしたり、土地の地盤調査を依頼したり・・・できることをしっかりやること!火・水に強い外壁、素材選びだったり・・・万が一に備えましょう。今から家づくりを始める方は、しっかりと「もしも」の時の備えをお願いします★

家づくり学校は家づくりの学び舎です。色々な知識を持って家づくりを始めてください。

  インスタ始めました!

@iedukurigakkou_takamatsu
ぜひぜひフォローよろしくお願いします🙈💛ストーリーには、普段の様子などもアップしています♪

LINE@でもお気軽にご相談できます!友だち追加はこちらをクリック

◆各種セミナーの詳細はこちらからチェック!

◆個別相談を申し込む

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834