家づくり、契約日を選ぶにもいろいろ考えます・・・

普段は気にしなくても、何か「特別なこと」をする時って「縁起が良い日」かどうかを気にすることってありますよね?

「大安」は、みんなが知っている縁起のいい日の代表格です。
でも、大安より更に縁起が良いとされている日が「天赦日」です。新しい何かをスタートさせるのに適した日とされています。

天赦日は、二十四節気による春夏秋冬の四季のそれぞれに割り当てられた縁起の良い十干十二支の組み合わせの日で、1年に5~6回あります。

2019年で、あと残っている天赦日は、
9月8日(日)
11月7日(木)
11月23日(土)
です。

2019年9月8日(日)は最強開運日

9月8日は、天赦日一粒万倍日大安が重なった最強開運日なのです!

天赦日(てんしゃにち)あるいは(てんしゃび)は、天が万物の罪を赦(ゆる)すという「最上の大吉日」です。
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、一粒の種子をまけば万倍になって実るという吉日で、何事を始めるのにも良い日とされています。

2019年で、この「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる日が、
1月27日(日)
6月26日(水)
9月8日(日)

その上に「大安」までが重なったのが、9月8日(日)です。

昨年(2018年)は、この最強開運日が9月13日でした。その日は、複数のお客様が住宅会社と新築工事の契約を交わされました。

 

ところがです。。カレンダーをチェックしていると・・・9月8日は「不成就日」と書いてあるではありませんか!!!

不成就日(ふじょうじゅび)(ふじょうじゅにち)

あまり楽しい響きではないですよね・・・そこで、調べてみたところ、
不成就日とは、何事も上手くいかない日のことで、何かを始めるには適さない日のようです。不成就日は月と日の組み合わせで算出するので、なんと8日ごとに巡ってくるそうで1年間に50日くらいあるそうです😓😓

 

家づくりにおいて「契約」「地鎮祭」「上棟式」「引っ越し」をする日をカレンダーを見て決められる方は多いと思います。

 

じゃあ、最強開運日と不成就日が重なる9月8日は、どうしたらいいのでしょうか??

「天赦日」と「不成就日」が重なる日、あるいは「不成就日」と「大安」が重なる日が吉日なのか、凶日なのか?については、はっきり答えが出ているものではないそうです。一般的には、素晴らしい吉日といえど、凶日の不成就日が重なってしまっては、その開運の力が半減する、もしくは無くなってしまうとも言われていますので、気持ちの問題ではありますが気になる人はやはり避けた方がいいようです。

「一粒万倍日」と「不成就日」が重なる日は、物事を始めるのは絶対にやめておくのが良いとされています。これは一粒万倍日は良いことも悪いことも、万倍にして返すという日であると考えられているためです。こちらも答えがはっきりあるというわけではありませんが、避けられるのであれば避けた方がいいようですね😅😅

あくまで暦は信じるかどうかという話です。迷信やおまじないの一種だとして気にしないのも自由です。吉日や凶日を気にしすぎて身動きが取れなくなっては意味がありませんので、周りの方とかに相談してみんなが気持ちよく始めることができる良い日を選んでいただきたいなと思います。

 

「家づくり学校」は家づくりを考えるあなたのための学び舎。 家づくりの基本的な知識と情報を手に入れて、後悔しない家づくりをしていただきたいと思います!!

  インスタ始めました! @iedukurigakkou_takamatsu
ぜひぜひフォローよろしくお願いします🙈💛ストーリーには、普段の様子などもアップしています♪

LINE@でもお気軽にご相談できます!友だち追加はこちらをクリック

◆各種セミナーの詳細はこちらからチェック!

◆個別相談を申し込む

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834

ここまで読んでいただきありがとうございました😄