頭金のメリット・デメリット

住宅ローンを組む時に「頭金」をどのくらい入れるのか?そもそも入れた方がいいの?入れない方がいいの?
皆さんが悩まれるポイントです😃

頭金を多く入れるメリットは、
・借入額が少なくなるので、支払利息が減ること

一方でデメリットはというと
・教育費や車の購入など、住宅以外の出費に対する余力が少なくなること
・返済中に減収となった(奥様が育休に入るなど)場合の対応が厳しくなること

例えば・・・住宅購入後に、車を購入することになった時に、頭金を入れ過ぎて貯蓄が不足しマイカーローンを組んでしまった・・・場合

借入額:300万円
マイカーローンの金利が1.95%(保証料込)
月々の返済額を考えると、返済期間は最長の10年間としたら

月々の返済額:  27,537円
支払う利息額:304,374円

これが教育ローンの場合なら・・

借入額:300万円
教育ローン金利:2.1%(保証料込)
返済期間:10年

支払う利息額は、328,579円となります。
教育ローンにありがちな、在学期間中は元金を据え置いて利息のみを支払う(元金据置)を利用すると、支払う利息額はさらに多くなります。

 

 

借入額300万円の場合、
住宅ローン金利で考えれば
1.28%→10年間の利息:197,630円
0.69%→10年間の利息:105,488円

もし頭金の支払い過ぎで貯蓄が不足して、マイカーローンや教育ローンを利用することになり、せっかく住宅ローンの借り入れを抑えて利息を節約したのに、それ以上の負担が生じてしまっては元も子もありません。

住宅購入後、いつ、どのような費用が、いくら必要になるのか?

ライフプランを考えて頭金を決めていただきたいと思います。

「家づくり学校」は、これから家づくりを始めたい方の学び舎。

やみくもに行動するのではなく、後悔しない理想の家づくりへの出発点として「家づくり学校」をご利用ください。そして、少しだけ前知識を持って始めていただきたいと思います。

LINE公式アカウントでも相談できます!

◆各種セミナーの詳細はこちらからチェック!

個別相談の詳細はこちらからチェック!

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834