吹き抜けで光と風を取り入れるには

快適なマイホームには、日中の明るさや風通しの良さが必要不可欠ですよね。建てた後になかなか変更できるものではないから、事前によく考えなないと後悔のもとになるかもしれません。今回は、吹き抜けの効果についてご紹介します。自分たちの家づくりの参考にしてみてください。

吹き抜けの効果

吹き抜けやリビング階段は風の流れや明るさを感じるには効果的な方法です。空調に関しての工夫は必要だと思いますが、広々とした空間は広がりやゆとり、明るさを実感できます。

吹き抜けとリビング階段で広がりと明るさを確保

吹き抜けで気をつけないといけないのが、性能を高くすることです。性能の悪い家に吹き抜けは最悪です。冷たい空気は床下にたまり暖かい空気は上に逃げるので年中足元が寒いお家になります。高気密・高断熱をしっかりすることで計画換気が出来るようになるので空気が循環しエアコンも実は1台稼動ですみます。夏は2階でエアコンをつけて冷まし、冬は1階のエアコンをつけて温めます。これって省エネじゃないですか?高性能のお家ではこういったことが実現できるんです。

家づくりには見えないところの情報も実は大切なんです。壁の中のお話を聞いたことがありますか?家づくり学校では、見えないところの情報をお伝えしております。これからの家づくりに大切なことをたくさん知っていただいて後悔のない家づくりをお手伝いしております。

家づくりに迷ったらぜひ、家づくり学校にお越しください。
皆様のお越しをお待ちしております。

セミナー&見学ツアーを開催しております!セミナーの日程・内容はこちらからご覧ください☆