長期固定金利「フラット35」が10月から大幅リニューアル!その内容は?

2017年10月1日のお申込から「フラット35」と「団信」が一つになってリニューアルしました。今回はその変更点についてレポートいたします。

※健康上の理由その他の事情で新機構団信にご加入されない方も「フラット35」は利用可能。

 

①団信特約料を別払い→別払い不要

今までは月々の「フラット35」の支払いとは別に、機構団信の特約料を年1回支払う必要がありましたが、2017年10月の申込分からは月々の支払いに団信加入に必要な費用が含まれ、特約料の支払いが不要になります。

②保障内容が充実

従来、高度障害と死亡が条件でしたが、今後は身体障害(身体障害福祉法1級or2級)についても保証の範囲に含まれます。

※身体障害保障は「身体障害者手帳」を交付されることが支払要件となるため、現在の機構団信が保障する高度障害状態の一部については新機構団信では保障対象ではなくなるものがあります。

【保障内容についてはフラット35サイトをご覧ください。】

 

フラット35の総支払額の比較

新制度では、団信の保障内容の充実に加え、団信加入に必要な費用も軽減されるようです。

※試算の前提条件
・借入額3,000万円、借入期間35年、元利金等返済、ボーナス返済無し、借入金利(「現在:年1.12%」、「新制度:年1.4%」、機構団信に1人で加入

 

数千種類ある住宅ローンの一部ですが、各住宅ローンの特徴を知ることで、自分達にあう住宅ローンはどれなのか選択していくことができますね!銀行や住宅会社から提案される住宅ローンをそのまま受けてしまうのではなく、自分達でも判断していける知識を身に付けていきましょう。住宅会社探しや住宅ローンのご相談はぜひ、家づくり学校にお越しください。