これからの家づくりに大切なこととは?パッシブ設計について

今、家づくりを考えている皆さん。ちゃんと将来のことを考えて家づくりしてますか?
先日、家づくり学校にご相談に来られたI様も「ご主人様がお家づくりだ」と展示場から始まったそうです。
奥様はじっくりと考えたい派で本当にこのままお家づくりを進めて良いのか疑問に思い家づくり学校にお越し頂きました。
お家づくりのことを勉強して何が大切なのかが分かりましたと喜んでおられました。
そんなI様は、パッシブ設計を施した省エネなお家にしたいと夢が膨らんでいるようです。

パッシブ設計でお家の性能を高く!

「パッシブ」とは「自然を活かした」や「受動的」という意味で、太陽や風、水、地熱といった自然エネルギーを活用して、室内環境を快適にする技術や仕組みのことをいいます。パッシブデザインとは、①断熱 ②日射遮蔽 ③通風 ④昼光利用 ⑤日射熱利用暖房の5つを建物に組み込む設計技術のことを言います。建物の断熱性能を高め、太陽の光や風の力を最大限に活用して、明るさや暖かさ、涼しさ、そして常に新鮮な空気が得られるよう建物を設計することで、エネルギーの消費量を減らしながら省エネで心地よく暮らせるようにするのです。

パッシブ設計を用いたお家にすると夏は涼しく、冬暖かいお家になります。どうしてかというと、太陽の入射角度をふまえて軒や庇の長さや角度を設計して、夏の日差しは遮り、冬の暖かい日差しを入れてお家に陽だまりを作り心地いいお家にしていくからです。
そして冷暖房をあまり使わない省エネなお家にもなるのです。

後悔しない賢い家づくりのために、まずは知識を身につけましょう!

 

「後悔しない家づくり」の第一歩は、家づくりで何が大切なのかを「知る」「勉強」することです。家づくり学校では、予算の考え方や要望のまとめ方、住宅会社の見極め方など大切な情報をお伝えしています。
週末、セミナーや個別相談に参加された方の中には「自分達がどういった家づくりをしたらいいのか少し見えた気がします」と嬉しいお言葉を頂くこともあります。

「子供が小さくてセミナーは皆さんに迷惑かけてしまいそうで不安…」という方には個別相談がおすすめです。セミナーでお伝えしているのと同じ内容をアドバイザーがマンツーマンでお話します。相談カウンターのそばにキッズコーナーがあるので、お子様の様子を見ながらお話することも出来ますよ。安心してご利用くださいね。もちろんご利用は無料です。

まずは、はじめの第一歩として家づくり学校にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

家づくり学校 高松校のホームページはこちら

家づくり学校 高松校で開催されるセミナーの詳細はこちらからチェック!

家づくり学校 高松校での個別相談のご予約はこちらから

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834