リフォームで何が大切なのかを知ろう!!

リフォームも家づくりと同様、分からないことがとても多いものです。「いくらぐらいの予算が必要なの?」「どこまで手を入れたらいいの?」「今の家が果たしてリフォームできるのか?建て替えた方がいいんだろうか?」・・・と、いろんなお悩みがあると思います。リフォームで迷わないためにはどうすればいいのでしょうか?

住み心地を考える

リフォームを考える際には、プランやデザインにばかり目が向きがちですが、一戸建ての場合、まずは老朽化した建物の修繕や補強など、基本性能をとり戻すことが最優先です。

その上でデザインするという手順を踏まないと、せっかくリフォームしても、結局10年しかもたない・・・ということになりかねません。そして、住み心地を考えていないと、冬は寒く夏は暑い、住みづらいお家になってしまいます。

リフォームはどこまですればいいのか?

リフォームも、あれもこれもと全部しようとすると費用が上がるばかりです。今、自分達がどこを優先的に改善すればいいのかを考えましょう。
部分リフォームの場合、リフォームする場所としない場所の区切り方がポイントになります。たとえばLDKのオープンキッチンのみをリフォームする際、リフォームした部分としていない部分の床や壁がつながっていると、手をつけていない部分の古びた感じばかりが目につきます。扉を境にするなど、視覚的にスペースが分割できるところで区切りをつけると、完成後の満足度も格段に上がります。

家づくり学校では、リフォーム、新築、土地探しのポイントなど、家づくりに必要な情報をセミナーや個別相談を通してお伝えしております。

家づくりに迷ったらまずは、家づくり学校にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

家づくり学校 高松校のホームページはこちら

家づくり学校 高松校で開催されるセミナーの詳細はこちらからチェック!

家づくり学校 高松校での個別相談のご予約はこちらから

電話でのお問い合わせ・ご予約もお待ちしています⇒TEL 087-834-3834