自然素材を使った家を体感!

家族の健康って気になりますよね。家づくり学校に家づくりのご相談に来られるお客様の中には、ご主人様やお子様が「アレルギーで悩んでいます」という方もいらっしゃいます。そんな方からは、家を建てるなら「自然素材を使った家を」との声も多く聞かれます。

自然素材を使った住まいの秘密を探しに、先日お家を体感してきましたのでリポートします。

漆喰塗りの壁

漆喰は呼吸する素材とも言われています。断面が呼吸し続けているので、外壁に使用した場合、真夏の温度が高い時は壁面に受けた熱を放出してくれます。 また、逆に真冬の温度が低いときは蓄熱をしてくれる優れた素材です。

室内壁に使用する場合には、冬場の室内温度を暖かく保ってくれ、吸放湿性能が非常に高いので、室内の湿気を吸収してくれます。

成分は炭化カルシウムで人に最も親和性があり、とても安全なんだそうですよ。そして、漆喰の主成分である消石灰はアルカリ性のため、殺菌効果が望めるそうですよ。

無垢の床

無垢材の特徴は、湿度が多い日は空気中の水分を吸収し、冬などの乾燥時は水分を放湿するので、一年を通してサラサラで、心地良い床になるということ。素足で歩くと、足裏からぬくもりが伝わり、心も和みます。

また、無垢の床は集成材のフローリングに比べると傷が付きやすいのがデメリットと言われますが、人間の体と同じように自然の治癒力もあるそうで、少々のキズは日々目立たなくなり、元通りに近づくそうです。

エコな暮らし

今回体感したお家は、パッシブデザインを施しているので、風通しも良く心地いいお家でした。「パッシブ」は自然を活かしたや受動的という意味。「パッシブデザイン」とは、自然エネルギーを上手に取り込み、自然と協和する設計なのです。

私達は今、機械設備に頼る生活が習慣化しています。本来、日本人が大切にしてきた自然と共にある暮らしは失われつつあります。そして、世界的な問題となっているエネルギー問題や地球温暖化などで自然がどんどん失われています。私達が便利なものを開発してきた結果、起こってきたことです。パッシブデザインで作る快適な住まいは、地球の環境を守ることにもつながるんです。

せっかく大金を費やして建てるお家。家族のこれからの健康を考えるのであれば、なるべく自然素材のものを使いたいですよね。素材選びひとつにしても奥の深い家づくり。大切なことを知らないで何となく建ててもいいものでしょうか?

自分達の住む家のことをどこまで知っていますか?お家を建てた方の約6割が何かしらの後悔をしているそうです。それは、知らずして建てたからではないのでしょうか?

賢く家を建てるためには、家づくりをする前に知識を身につけることが第一。私達、家づくり学校では「後悔しない家づくり」をしていただくために、無料のセミナーや体感ツアー、個別相談を通じて基本知識をお伝えしています。

お家づくりに迷ったら、ぜひ家づくり学校にお越しください。皆様のお越しをお待ちしております。

セミナー&見学ツアーを開催しております。詳しい日程や内容はこちらからご覧下さい。