香川の工務店自慢の家づくりを体感!「かがわ家博2018」構造見学会に参加してきました♪

「構造見学会」はまだ完成していない住宅を見学できるイベントです。それぞれの住宅会社のデザインやセンスはまだ見えてこないかもしれませんが、施工の技術や職人の仕事ぶり、現場の様子などが見られるのはこのタイミング。雑でいい加減な施工をしていないか、ゴミや機材が散乱していないか…などをチェックできる絶好の機会です。先日、高松市多肥上町で開催された「かがわ家博2018」の構造見学会に出かけてきたので、今回はその様子をご紹介。

「かがわ家博2018」は、香川県内の工務店でつくるかがわ家博実行委員会が主催しているもので、一昨年に続き2回目の開催。地域に密着した工務店だからこそできる、きめ細やかでハイレベルの住宅をユーザーに広くアピールし、大手ハウスメーカーとは異なる住宅に対する考え方を理解してもらうことを目的としています。高松市多肥上町の会場には参加工務店18社が手がける家がずらり集結しています。

各社の家は自由に見学することができ、柱や梁、壁内部の断熱材など、なかなかお目にかかれない施工途中の現場をじっくり見ることができました。こういうふうに家はつくられていくんですね。勉強になりました。

それぞれの会社は展示パネルで工法や素材の特徴を紹介したり、VRを使って完成予想図を見せるなどの趣向をこらし、自社の家づくりを大いにアピール。この日訪れた家族連れらはスタッフの説明に熱心に耳を傾けながら、家づくりについての知識を深めていました。

当日の動画はインスタでチェックしてね!↓

「かがわ家博2018」に出展している家は6月30日(土)に竣工予定。12月24日(月)までの約半年間にわたって開催されます。各工務店の家は期間中モデルハウスとして一般公開され、見学が可能(土日祝のみ)。地元工務店の家づくりを体感できるチャンスですので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。詳細は「かがわ家博2018」の公式ホームページをチェックしてみてください。

家づくり学校 高松校では、「かがわ家博2018」に出展している企業はもちろん、地元優良工務店の情報がいっぱい!各社が開催する完成・構造見学会の情報もお教えします。これから家づくりをお考えの方はぜひ、家づくり学校 高松校へお越しくださいね!

鎌Dでした。☆Let’s Study♪☆