構造見学に行って来ました!

家づくりで気になるのはどんなところですか?デザインや価格など気になるところは沢山あると思います。でも一番大切なのは、目に見えない基礎や床下そして壁の中です。本日、ハウスプロジェクトさんの構造見学に行ってきましたのでご紹介します。

断熱材にはどんなものがあるの?

【無機質繊維系】

■グラスウール
極細のガラス繊維でできていて、コストを抑えて施工できます。防音効果もあります。もそもの素材がガラス繊維なので、シロアリなどの虫害を受けることがありませんし、火災にも強いのがメリットです。

■ロックウール
鉄炉スラグや玄武岩などを高温で加工することで作る石綿の一種です。耐火性・吸音性に優れる点は、グラスウールに近い位置づけです。素材そのものが水分を抱えることがなく、撥水性が高いことから、形状の保持が容易であるとされています。

【木質繊維系】

■セルロースファイバー
木質の繊維を利用して作られるのが、このセルローズファイバーです。綿や新聞紙、段ボールが原料となっています。コストとしては比較的高価な部類に入り、施工に手間がかかります。調湿性・吸音性があります。

【プラスチック系】

■硬質ウレタンフォーム
特殊な機械を使用し、外壁と内壁の間にムラなく施工する技術が発達してきたため、施工が難しい筋交いなどにも簡単に施工ができます。プラスチック内部に熱を伝えにくいガスを泡状に抱き込ませることで、外気温の影響を室内に与えないという特徴があります。比較的高価な部類にはいりますが、透湿への抵抗力や耐久性に優れるとされているので、長期的に見た時に安心な断熱材と言われています。

■フェノールフォーム
難燃性・防火性・耐薬品性などに優れ、不燃・準不燃材料の認定を受けている商品も多いのが一番の特徴です。近年では壁に使用する釘やビスが錆びないよう、pH値を調整した製品もあるそうです。カッターナイフなどで加工しやすいというメリットがあります。熱を加えると炭化する性質を持ち、その炭化した面は炭化膜となることでさらなる延焼を招くことがありません。

断熱材もいろいろありますが、どんな特徴があるのか知っておいた方がいいと思います。自分達が住むお家の壁の中の素材を知らないでいいんでしょうか?

今回、構造見学に行ったハウスプロジェクトさんはグラスウールを使っています。袋詰めではなく直接グラスウールを壁に入れることで隙間をなくしているそうです。防湿シートや気密テープでしっかり覆うことでさらに隙間をなくしています。

お風呂場の天井です。しっかりと断熱材が入っています。お風呂場もきちんと施工しないと冬寒くなってしまいます。しっかりと施工することで冬寒くならないお風呂になります。ヒートショックも気にしなくてすみます。

 

目に見えないところが一番大切なのです。見た目だけに惑わされてはいけません。どんな素材を使っていてどんな施工をしているのかを知った方がいいのです。

自分達が造るお家は隙間だらけのお家でいいんでしょうか?隙間があるお家は冬寒くて、夏は暑いのです。そして冷暖房費用がかかってしまいますし、建てた後のコストがかかってしまいます。性能の高いお家は、最初のコストはかかるかも知れませんが長持ちするのでメンテナンス費用を抑えることが出来ます。お家づくりには、デザイン性や価格だけではなく大切なことがたくさんあります。

家づくり学校では、目に見えない大切な情報を皆様にお伝えして賢い家づくりの方法を学んでいただいております。

お家づくりに迷う前にぜひ、家づくり学校にお越しください。お待ちしております。