「自然素材」ってどんなもの?家づくりを考えるならその特徴も知っておこう!【床材編】

自然素材といってもたくさんの種類があり、使う木材によって特徴が違います。雰囲気や色合いなどの見た目だけで判断するのではなくて、強度や経年変化の事も知っておくことも大切です。今回は床材に主に使用される主な素材について、ほんのちょっぴりご紹介。

〇ウォールナット(くるみ)

ウォールナットとは「クルミの木」のこと。なめらかで美しい木目や深みのある色合いが高級感を漂わせます。木材の多くは日が当たると色が濃くなる傾向がありますが、逆にウォールナットは色が薄くなる特徴があります。また、強度や粘りもあり、加工もしやすいのが特徴です。主に高級家具や楽器に使用されています。

ウォールナット

 

〇オーク(ブナ・カシ)

日本で最も利用されている樹種。堅いので、床材にも最適な材料で、合板フローリングにも多用されるなど、日本ではよく利用されている木材です。特にトラの模様のような木目が珍重されています。堅く重厚な特性から、野球のバットにも使用されています。

オーク

 

〇サクラ(カバザクラ)

強い耐久性と堅さのある広葉樹です。耐久性が高い樹種なので、床材として使われるほか、高級家具材としても人気があります。広葉樹なので堅く、年輪模様はやや不明瞭。年輪模様がお好みだという人にはおすすめです。

カバザクラ

 

〇スギ

日本の固有種で、全国に分布し、豊富に栽培されています。木目が美しく、軽くて軟らかいので、長時間裸足で歩いても足に優しいです。また、他の樹種に比べて安価なので、将来破損などで部分的に取替えが必要になった場合でも、代替のための材料を調達しやすいという利点もあります。

スギ

 

〇ナラ

ブナ科コナラ属の広葉樹のうち、ミズナラやコナラの総称。硬質で強度に優れる加工しやすいミズナラが中心。木目が複雑で美しい模様を描き、化粧材や建具、家具などにも使われます。洋酒の樽にも使われています。

ナラ

 

〇マツ(パイン)

等間隔に並ぶ節や柔らかな木目が、ナチュラルな雰囲気をかもし出します。スギやヒノキと比べ、比重が重く強度に優れているのが特徴。樹脂分が多いので、経年変化で美しい味わいを出してくれるのも嬉しいですね。

パイン

 

〇ヒノキ

スギに次いで日本ではメジャーな木材。防腐・抗菌効果が高く、香りが強いのが特徴。柱や土台、浴槽、浴室壁、建具、フローリングなどに使用されることが多いです。トイレの床・腰壁など、匂いの気になる場所や、押入れなど環境が悪化しやすい場所にもおすすめの素材です。

ヒノキ

 

〇クリ

オークと並び一般的、床に最適な広葉樹。昔は線路の枕木に使われていたほど、耐久性のある樹種です。木目が出やすく、好き嫌いの好みが分かれますが、堅く、腐りにくいのが魅力の素材です。

クリ

 

〇チーク

クマツヅラ科チーク属の落葉高木の総称。マカボニーと並ぶ優良高級材。耐久性、耐水性に優れ、堅く水に強い性質を持っているため、家具や建築材として使用されています。天然の油成分を含むため、オイルなどで手入れしなくても耐久性に優れています。船の甲板にも使われる強い木です。

チーク

いかがでしたか?床材を選ぶだけでも、本当にいろいろあるでしょ?自然素材に包まれたぬくもりのある家づくりをしたいなら、そこに使われる木のこともしっかりお勉強しておくことをオススメします。家づくり学校 高松校では、そんな自然素材の魅力や知識を体感できるツアーを今週末、5月27日(日)に開催します!