二世帯住宅のメリット・デメリットとは?!

家族は人数が多ければ多いほど大変なこともあると思いますが、一方で楽しいことも多いと思います。新米パパ・ママはご両親の助けを得て子育てがしやすくなったり、ご両親も自身の体に不安を覚えたとき手助けを得やすくなります。
もちろんお子さんがいないご家庭でも、お互い大人として親世帯・子世帯で適度に寄り添いあい、支えあいながら暮らしていけると思います。
最近、増えつつある二世帯住宅についてどういったメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

1.完全同居型の間取り

それぞれに必要な寝室を設け、それ以外は全て共用するのが「完全同居形」間取りの二世帯住宅です。親世帯・子世帯内で生活の時間帯に大きな開きがないときには、この完全同居型間取りにすれば交流の時間も増えますので、大家族の醍醐味を味わえる家ができます。
誰かがリビングにいて、夜もどこかに明かりがついている生活は、心も豊かに家族の生活を楽しむことができるとおもいます。
ただ、生活の時間帯が大きく異なるときや、家事を担う方(親世帯ならお姑さん、子世帯ならお嫁さん)との関係性によっては、気を遣い合わなければならないのでちょっと窮屈な家になるかもしれません。

2.部分共用型の間取り

玄関や浴室などの設備の一部を共用しながらも、親世帯・子世帯が生活するゾーンを分けるのが「部分共用型」間取りの二世帯住宅です。
親世帯と子世帯の生活時間帯が異なる場合や、適度にプライバシーを保ちたいときにこの部分共用型の間取りを選ぶと良いでしょう。共用する部分が増えれば、その分、建築にかかるコストを抑えることができます。
2階建てなら1階に親世帯を、2階に子世帯を配置する間取りが、平屋建てならキッチンや浴室を中心として親世帯と子世帯を左右に振り分ける間取りが考えられます。
もしも生活時間帯が異なるという理由で部分共用型の間取りにするときは、浴室を使用する際の水音、室内を歩くときの足音が相互世帯ゾーンに響かないよう配慮する必要があります。

3.完全分離型の間取り

「完全分離型」は、その名の通り、全く別の世帯として暮らす間取りです。同じマンションの隣同士で生活をするイメージを思い描いていただければよいでしょう。暮らしの全てが完全に分かれますので、すぐそばにいながらも干渉しあわない、いわゆる「スープの冷めない距離」の暮らしが実現できます。
親世帯・子世帯相互に意識して関わりを持たなければその暮らしぶりがわからないことと、建設のコストがほぼ2軒分かかることがデメリットといえます。
2階建てならば家の内側にも階段を設けて行き来できる場所をつくったり、平屋建てならば窓越しにでも気配を感じ取れる部屋の配置の工夫を凝らせば、相互の暮らしを干渉せずとも、見守りができる家になると思います。

二世帯住宅にもいろんなパターンがあってそれぞれ特徴もあると思います。どのスタイルが自分達家族に向いているのかを考えていかないといけません。
「自分達で考えても分からなくなった」や「何から始めたらいいのか分からない」と言う方は家づくり学校にお越しください。そのお悩み一緒に解決しませんか?家づくり学校のスタッフがサポートさせていただきます。

個別相談のお問い合わせはこちらから

セミナー&見学会の日程・内容はこちらから